鉄道ホビダス

2017年7月31日アーカイブ

福田智志(埼玉県)
20170731130033-4b94fa2106d39944c3167de5908fb6745b2d6138.jpg
湘南モノレール初のラッピング車輌"OJICOトレイン"が登場。
'17.7.30 湘南モノレール 富士見町―湘南町屋
 湘南モノレールは、7月26日から"OJICOトレイン"の運転を開始した。"OJICOトレイン"は湘南モノレール沿線の鎌倉市、藤沢市の風景や観光名所などをデザインしたラッピング車輌で、湘南モノレールでラッピング車輌の運転は初めてのことである。7月30日、大船駅で出発式が行われた。"OJICOトレイン"は約1年間運転する予定である。
勝浦帆玖斗(静岡県)
20170731143737-a817dfdd26a771b68b9cc222cf377997d8facc10.jpg
姨捨を駆け上がる485系"彩"。
'17.7.30 篠ノ井線 姨捨
 7月29日・30日に、信州デスティネーションキャンペーンの一環として、快速〈いろどり木曽路〉号が長野~中津川間で各日1往復運転された。使用車輌は長野総合車両センター所属485系5000番代N201編成(6輌)であった。車内にて、塩尻~中津川間では木曽地区の観光PRや南木曽~中津川間では車内販売が行われたほか、乗務員によるおもてなしが行われた。また南木曽・中津川駅では木曽地区の住民によるお出迎え・お見送りが行われた。ヘッドマークは昨年9月の運転と同じく木曽の山々をイメージした〈いろどり木曽路〉号ヘッドマークが表示された。
宮島昌之(石川県)
20170731124837-a8969996509957248f36f901aeb6f4499934cf08.jpg
今年で運行10年目を迎えた〈妖怪電車〉。
'17.7.30 北陸鉄道石川線 井口―小柳
 北陸鉄道石川線では、7月30日(日)に恒例となった夏季向け臨時列車〈妖怪電車〉を、野町→鶴来間(片道のみ)計3便が運転された。
 車輌は7700系のモハ7701+クハ7711が使用され、オリジナルヘッドマークを掲出したほか、普段使用しない「識別灯」を特別に点灯させるなど、怪しい姿に見える演出もなされた。車内には、地元白山市の有志が自ら妖怪に変装して乗り込み、参加した親子連れらを驚かせたりしたほか、中には自ら妖怪風の仮装をして乗車する客の姿もみられた。
 同列車が2008(平成20)年の夏に〈親子妖怪きもだめし電車〉として運行してから10年目を迎えた今年は、妖怪の一部が同日新西金沢駅周辺で開催された「西金プリンスロードまつり」に出没し交流を深めたほか、同駅から第2便に乗り込む光景もみられた。
松田重彦(大阪府)
20170731143002-618398186a7ac1b09a4149fc301c542df4476ed3.jpg
薄曇りのなか輝きながら東京へ向かう。
'17.7.29 篠ノ井線 平田―村井
 7月29日、「ハイグレード車輌E655系"和(なごみ)"で行く信州・松本を訪ねる日帰り旅」としてE655系を使用した団体臨時列車が、上野~松本(常磐線・馬橋支線・武蔵野線・国立支線・中央本線経由)間にて運転された。
大谷真弘(静岡県)
20170731142217-bf5804344ada61ce8ff89a0bacd3df6394bbea90.jpg
S字カーブを〈TOYOTA LONGPASS EXPRESS〉が行く。
'17.7.28 東海道本線 菊川―掛川
 7月28日、笠寺発盛岡貨物ターミナル行〈TOYOTA LONGPASS EXPRESS〉(東海道本線2052レ・東北本線4053レ)の笠寺~新鶴見信号場間を、吹田機関区所属EF66 27が代走して運行された。
奥地賢一(大阪府)
20170731140458-7681ae782aacf00b2eb86960e021b7d087b43856.jpg
弘南鉄道仕様と東急電鉄仕様が水間の地で並ぶ。
'17.7.30 水間鉄道 水間車庫
 7月30日、水間鉄道水間観音駅に隣接する水間車庫において、弘南鉄道とのコラボ企画で弘南鉄道色になった1000形車輌の撮影会が実施された。撮影会では、水間鉄道の7000系車輌が東急電鉄時代を彷彿とする姿で弘南鉄道色の車輌の横に並べられた。
松田信彦(大阪府)
20170731130931-b0922539381f8f64d71c3b5b21859bc1ce773d02.jpg
早朝の尾張一宮を通過する〈ムーンライトながら〉。
'17.7.29 東海道本線 尾張一宮
  東京~大垣間で運転される臨時快速〈ムーンライトながら〉号が、7月21日東京発の下り列車より運転開始した。今季の運転は7月21日(金)~8月19日(土)が東京(23:10発)~大垣(翌5:50着)、7月22日(土)~8月20日(日)が大垣(22:49発)~東京(翌5:05着)の予定となっており、大宮総合車両センター所属の185系10輌編成で運転されている。
長谷川智紀(東京都)
20170731141535-32678bcc24d52bd5b585709f45c7568d9177eaba.jpg
旗と看板が追加され開業への準備が整いつつある試運転。
'17.7.27 東武鉄道鬼怒川線 新高徳―小佐越
 営業開始まであと2週間を切り、試運転が続く東武の〈SL「大樹」〉のC11の前面に装飾が追加されている。これまでヘッドマークが取り付けられた状態で試運転が行われてきたが、28日の段階で、旗棒と紺色の旗が交差して2本と、ヘッドマーク下にヘッドマークの直径よりやや大きい長方形で青いカバーで保護された看板状ものが追加されている。詳細は不明だが、開業時に使用される装飾の確認ではないかと思われる。
 また沿線住民などへの試乗会も頻繁に行われており、試乗会が行われる運行では下今市駅での案内表示が「団体」となっている(14系の側面表示は「試運転」のまま)。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2017年7月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.