鉄道ホビダス

2017年7月11日アーカイブ

廣島一貴(東京都)
20170711183710-2812c300b242d038fda642a26501207e514c7f96.jpg
都営新宿線で唯一スカートが取り付けられていない10-240編成。引退へ向けて貫通扉中央のプレートが緑のものに戻された。
'17.7.9 京王電鉄京王線 笹塚
 東京都交通局では、7月中旬に運行を終了することが発表された新宿線10-000形10-240編成(6次車)のナンバープレートが、6月下旬頃より登場時の仕様である緑色のものに戻されている。
 同編成は10-000形の中で唯一、登場時に緑ナンバープレートが取り付けられた状態で出場した編成であり、同時に現役の10-000形のうちスカートが取り付けられていない編成としては最後まで残っていた。
 なお、同編成の引退に伴い、開業当時の前面形状が残る10-000形は、10-250編成の1本のみとなる。
中司純一(兵庫県)
20170711182151-c41ee7274a755dedc539a23d8330893f2701d577.jpg
DD51 1193の牽引による工臨9389レ。
'17.7.8 東海道本線 茨木
 7月8日、向日町(操)~糸崎間でロングレール輸送のための工事臨時列車(9389レ)が運転された。
 牽引機は、網干総合車両所宮原支所のDD51 1193であった。
レイル・マガジン

2017年7月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.