鉄道ホビダス

2017年5月17日アーカイブ

三原 勉(北海道)
20170517162730-0d9071e2497972d313651496934c863ec4506dda.jpg
DF200-114に牽かれて千歳線を行く。
'17.5.16 千歳線 南千歳―植苗 P:桑原 潤
20170517165653-0337d4c23096a1ea4636ebaeab25046ece90149c.jpg
編成後部から。既に幕は取り外されている。
'17.5.16 千歳線 南千歳―植苗 P:桑原 潤
20170517163215-8a5506a60053104f92f573cf9fcbe11a4913f9c5.jpg
旧 鷲別機関区前を通過する9174レ。
'17.5.16 室蘭本線 幌別―鷲別 P:三原 勉
 5月16日、キハ183系初期車9輌が、苗穂から東室蘭(操)へ向けて甲種輸送された。廃車のためと思われる。
 牽引機は五稜郭機関区のDF200-114で、編成は機関車次位からキハ182-41、キハ182-42、キハ183-209、キハ182-39、キハ182-29、キハ182-23、キハ183-210、キハ182-22、キハ183-211であった。
大谷真弘(静岡県)
20170517160556-a2d90a46e6b3b40bdd9cf18cbe29cf2d06aa801f.jpg
DE10 1165がチキ5500形3輌を牽引して静岡貨物まで運転される。
'17.5.15 東海道本線 菊川―掛川
 5月15日、西浜松~静岡貨物間でDE10 1165(愛知機関区所属)がチキ5500形3輌(チキ5500-13、チキ5500-14、チキ5500-15)を牽引した。
 このレール輸送列車は、前日の14日8090レで北九州貨物ターミナルからチキ21輌編成で運転され、途中の御着で9輌、西浜松で9輌を解放した後、9870レで3輌が静岡貨物まで輸送されたもので、60Kg50mレール28本を積載していた。
 なお、DE10形が同列車を牽引するのは、2016年10月25日以来約6ヶ月半ぶりであった。

【JR九】DE10 1753 全検出場

樋上航一(福岡県)
20170517155608-16b6a2274c8022198ffd7fba3daac321742e3e03.jpg
筑豊路を一路南へ。
'17.5.15 筑豊本線 筑前垣生
 熊本車両センターのDE10 1753が全般検査を終え、5月15日に小倉総合車両センターを出場した。
 同機は、2010年9月の〈BSデジタル号〉の運行に合わせて黒ベースに手すり等を朱色で彩った塗装に変更されていたが、今回の出場で手すりの塗装が金色に塗り替えられた。
服部ひろみ(京都府)
20170517154127-16ff056bd668525e6d71094c0c2a55845c636ae2.jpg
春仕様の黄色のヘッドマークを掲出して走行するC56 160。
'17.5.14 北陸本線 長浜―虎姫 P:服部ひろみ
20170517154150-7131c7c84374df54e2f0468b50666f1d3c325303.jpg
いつものように青い12系5輌を率いて出発。
'17.5.14 北陸本線 長浜―虎姫 P:服部ひろみ
20170517154801-4f3277b521ad012eaecef10b1489824df32a9d7d.jpg
青空と麦畑が一面に広がる中、〈SL北びわこ号〉が初夏の北陸本線を快走。
'17.5.14 北陸本線 長浜―虎姫 P:橋本 淳
20170517161359-af077191b896a09626ed6e72376cd399a3c0a111.jpg
13日から15日までに運転された、〈SL北びわこ号〉に伴う回送列車は、下関総合車両所のEF65 1124が牽引した。このうち13日は宮原(操)~米原間で12系5輌を牽引、14日は梅小路~米原間でC56 160を回送後、米原~木ノ本間を〈SL北びわこ号〉運転に伴い2往復、15日は米原~宮原(操)間で12系5輌を牽引した。
'17.5.15 東海道本線 高槻 P:松田信彦
 D51 200の本線復帰に伴い、牽引機であるC56 160の置き換えが発表されている〈SL北びわこ号〉(米原→木ノ本間:各日下り2本)だが、3月5日の運転に続き、5月14日もC56 160が充当された。
 同列車は28日にも同じくC56 160の牽引で運転が予定されている。
勝浦帆玖斗(静岡県)
20170517145843-3c6116384411aca0e762b0b6ab30d1ebf514b064.jpg
16000系の甲種輸送は今年2月以来となる。
'17.5.13 東海道貨物線 相模貨物―横浜羽沢 P:遠藤 晃
20170517145657-27b603ca108b21f07ca343c822b764127a399770.jpg
小雨の降るなか甲種輸送される東京メトロ16000系。
'17.5.13 東海道本線 由比 P:勝浦帆玖斗
 5月11日~13日にかけて、川崎重工業兵庫工場で落成した東京地下鉄16000系16134編成が、兵庫~綾瀬間で甲種輸送された。
 牽引機は、兵庫~吹田貨物ターミナル(吹貨西)間がDE10 1750(岡山機関区所属)、吹田貨物ターミナル(吹貨西)~横浜羽沢間がEF65 2117(新鶴見機関区所属)、横浜羽沢~綾瀬間がDE10 1662(新鶴見機関区所属)であった。
 なお、川崎重工業兵庫工場~神戸貨物ターミナル間では、11日に6輌、12日に残り4輌が分割して輸送され、神戸貨物ターミナルから先はこれらを連結した10輌での輸送となった。
皆川一茂(千葉県)
20170517141721-93cf5f83d078132b29ae40063e52ed559f31952e.jpg
今回の輸送は、3月のダイヤ改正で高崎へ転属したDE10が牽引した。
'17.5.12 八高線 用土―寄居
 高崎車両センターで交番検査を受けていた秩父鉄道のC58 363が、5月12日に高崎~寄居間を八高線経由で配給輸送された。
 C58 363の輸送にはこれまで同支所のDD51が使用されてきたが、今回はDE10 1685(同支所所属)が牽引した。
 同機は3月4日のダイヤ改正で宇都宮運転所から同支所へ転属しており、C58 363の牽引は初めてのことと思われる。
 今後、DE10が八高線や吾妻線での工臨等へ充当されるのか、気になるところである。
レイル・マガジン

2017年5月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.