鉄道ホビダス

【名鉄】チキ10形 舞木検査場へ入場

橋本 淳(滋賀県)
20170519151621-f3bcc4a72177c5f44b27704b6a65a2d7f886417d.jpg
生憎の曇り空の中、舞木検査場を目指して走行する9004レ。
'17.5.14 名古屋鉄道名古屋本線 新安城―宇頭
 名古屋鉄道が所有するレール輸送用のチキ10形(4輌)だが、このたび常駐先の大江から舞木検査場に回送され、5月14日に同所へ入場した。検査を受けるものと思われる。
 なお、舞木検査場へチキ10形が入場するのは、2014(平成26)年5月25日から行われた検査入場以来およそ3年ぶりのことと思われる。
 回送列車の編成はEL121+チキ11+チキ12+チキ13+チキ14+EL122で、大江~豊明間の走行は深夜時間帯であった。豊明~舞木検査場間は日曜日の朝方に走行したため、駅や沿線には多くのレイル・ファンが集まった。
レイル・マガジン

2017年5月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.