鉄道ホビダス

2017年5月10日アーカイブ

橋本 淳(滋賀県)
20170510182531-898d5fde6deedfde6fab4900b2fe1d11714d76e0.jpg
同機は普段、太平洋セメント藤原工場内の入換え機関車として使用されているため、姿を見ることが難しい。
'17.5.3 三岐鉄道 保々車両区(公道から撮影)
 三岐鉄道が所有する太平洋セメント藤原工場の入換え機関車であるED301が、5月2日に保々車両区に入場した。検査のためと思われる。
 同工場の定期メンテナンスでセメント列車が運休している期間に検査が行われるため、普段は見ることが難しい同機の姿を保々車両区にて見ることができた。
南部縦貫鉄道レールバス愛好会 野平茂雄(千葉県)
20170510180512-a297772ddc205af6addb9dbebe2bbbb2967a59ca.jpg
残雪の八甲田山をバックに旧七戸駅構内を走るレールバスキハ101。
'17.5.4 旧南部縦貫鉄道 七戸 P:鶴井雅人
20170510180608-8727d76a4ab16dec34545e4374fe732ace202eae.jpg
個性的な車両が屋外展示された。
'17.5.4 旧南部縦貫鉄道 七戸 P:鶴井雅人
20170510180727-d01836ffda4d5eed65356d6af5c3cfc81cf12718.jpg
タンクローリーから給油されるレールバスキハ101。
'17.5.4 旧南部縦貫鉄道 七戸 P:鶴井雅人
20170510180934-04821354d4053073d34e83d4961b8200ad4c82d1.jpg
体験乗車にはレールバスのキハ101が使用された。
'17.5.5 旧南部縦貫鉄道 七戸 P:野平茂雄
 七戸町観光協会と南部縦貫鉄道レールバス愛好会では、5月4日~6日の3日間、「レールバスとあそぼう2017」を開催した。
 4日はレールバスのキハ101と102、キハ104、DB11を展示して撮影会を行い、5・6日はキハ101を使用して体験乗車を行った。運転は営業当時の運転士3名が担当した。
 キハ101および102は今や貴重となった2軸の機械式ディーゼルカーであり、クラッチを踏んでギアを変える運転方法と2軸車の独特な乗り心地を多くの人が体験した。
 なお、南部縦貫鉄道の営業休止から今年で20年を数え、節目の年を迎えた。
山田 優(香川県)
20170510154621-552372749fa5d2af9cb91772506fe393b2d30616.jpg
近鉄からの譲渡車である20形23号を先頭に、琴平へ向かうレトロ列車。
'17.5.4 高松琴平電気鉄道 羽間―榎井 P:松田重彦
20170510144847-aa77be44dd877e93cf65dd4eb3b5541b69b8a7b2.jpg
5月4日に行われた特別運行の模様。編成は下り方(写真左)から20形23号+5000形500号+1000形120号+3000形300号であった。
'17.5.4 高松琴平電気鉄道 琴平線 岡田―羽間 P:山田 優
20170510145111-0621b229cb05449a0049082b20e5584b0304703b.jpg
7日には、ことでんオリジナルの旧型車3連が走った。
'17.5.7 高松琴平電気鉄道 琴平線 滝宮―羽床 P:山田 優
20170510152451-23f510519ebc745d930672439d59ac5ca42a9c84.jpg
編成は琴電琴平方(写真右)から300号+120号+500号であった。
'17.5.7 高松琴平電気鉄道 琴平線 羽床―滝宮 P:山田 優
 高松琴平電気鉄道では、5月4日にレトロ電車4連を使用した年一度の特別運行が、琴平線の仏生山~琴電琴平~高松築港~仏生山間で行われた。
 また、5月7日には「近代化産業遺産特別運行」が行われ、経済産業省の近代化産業遺産に認定されている1000形120号、3000形300号、5000形500号(いずれもことでんオリジナルの旧型車)の3連が、仏生山~琴電琴平~高松築港~仏生山間で運転された。また、同日には長尾線でも300号+120号が運転された。
山口八郎(埼玉県)
20170510141748-3ed483694a5318fc40f6541a34ee7f10d310970d.jpg
春の夕陽を浴びて終着駅・上野を目指す"TRAIN SUITE 四季島"。
'17.5.4 東北本線 浦和―赤羽 P:山口八郎
20170510143753-d40ac41544d11f38f1831813963f5ea3e0a79178.jpg
柔らかな春の陽射しを受け信州を目指す"TRAIN SUITE 四季島"。
'17.5.6 東北本線 赤羽―浦和 P:山口八郎
20170510144208-9026ee29722557e266901496337c330d7f66067f.jpg
一路西を目指す。
'17.5.6 中央本線 西八王子―高尾 P:近藤規夫
 5月1日より東北・北海道を周遊していた"TRAIN SUITE 四季島"が、3泊4日の旅程を経て4日に上野へ帰着した。この3泊4日の周遊コースは5月15日、29日にも予定されている。
 また、5月6日には上信越・会津地方を周遊する1泊2日のコースへと出発し、姥捨、新津、喜多方などを経由して7日に上野へ帰着した。この1泊2日コースは5月20日にも運行される予定である。
レイル・マガジン

2017年5月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.