鉄道ホビダス

2017年4月12日アーカイブ

三瓶嶺良(東京都)
20170412160826-687c58cff65f6af0b75cb9bf9c6c4b3d284b8ce2.jpg
満開の桜を横目にゆく305F。
'17.4.12 東急電鉄世田谷線 山下―松原
 東急電鉄では、世田谷線の前身である玉川電気鉄道(玉電)が開業してから今年で110周年になることを記念して、4月10日よりデハ300形305Fに開業当時の狭軌車輌をイメージしたラッピングを施している。
 なお、玉電は1907(明治40)年3月6日に道玄坂上~三軒茶屋間が開通し、同年4月1日には三軒茶屋~玉川(現:二子玉川)間、同年8月11日に渋谷~道玄坂上間が開通した。世田谷線は1925(大正14)年開業で、1969(昭和44)年5月10日に旧 玉電線区が廃止された後も存続し、その名残をとどめている。
橋本 淳(滋賀県)
20170412141603-453d8a407bde4b3930433d685f7842ad4fec2ca2.jpg
日根野支所の287系が団体臨時列車で琵琶湖線を走行するのは珍しい。
'17.4.9 東海道本線 稲枝―河瀬
 4月9日、吹田総合車両所日根野支所に所属する287系HC634編成による団体臨時列車が、日根野~和歌山~米原~和歌山~日根野(客扱いは和歌山→米原、彦根→和歌山)の経路で運転された。
 なお同編成は増結編成のため、単独で走行する姿は珍しいと思われる。また、普段は特急〈くろしお〉として運用されており、団体列車で琵琶湖線を走行するのも珍しいことと思われる。
武田雄太(北海道)
20170412140251-e606e296b0cbc82584db8a476157df5d060b9ba5.jpg
週末限定の運行ながら専用のサボが用意されている。
'17.4.9 函館本線 旭川
 JR北海道では、4月1日から9月30日までの毎週金・土・日曜日に旭川~北見間で臨時快速列車(8585D)を運転している。車輌はキハ54が充当され、全車自由席のワンマン運転である。
 この列車は旭川を20時ちょうどに出発し、途中当麻、上川、丸瀬布、遠軽、留辺蘂、東相内、西北見に停車して終着北見には23:04に到着する。また、旭川では札幌方面からの特急〈ライラック35号〉(札幌18:30発→旭川19:55着)と接続しており、定期列車の〈オホーツク3号〉を利用した場合と比較して遠軽・北見方面からの札幌滞在時間が1時間拡大するため、ビジネスや観光での利用が期待される。
大下秀幸(山口県)
20170412135547-14fa5d2398e9417294b8d71f2f39ebd3be388fe8.jpg
DD51 1043が代走でSL〈やまぐち〉号の12系レトロ調客車を牽引。
'17.4.9 山口線 宮野―仁保
 4月9日に運転された山口線のSL〈やまぐち〉号は、牽引機C57 1に不具合が生じたため、下関総合車両所運用検修センター所属のDD51 1043が代走した。
 なお、同列車は9月から12月にかけて展開される大型観光キャンペーン「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」に合わせて新造客車が導入される予定で、DD51 1043と12系レトロ調客車の組み合わせは貴重なワンシーンになるものと思われる。
レイル・マガジン

2017年4月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.