鉄道ホビダス

【JR北】小樽経由で臨時特急列車運転

福井幸治(大分県)
20170307183531-6246c62b867add0d4df51f08a55317ebb2d66019.jpg
山線経由で運転された、キハ183系5輌編成の臨時特急列車。
'17.2.24 函館本線 二股―蕨岱
 去る2月24日、函館本線の小樽経由で、臨時特急列車が、札幌~函館にて1往復運転された。これは、2月23日に発生した事故の影響で室蘭本線の一部が不通となったためで、24日夕方には不通区間が復旧したため、1日限りの運転であった。列車編成は、函館寄りからキハ183-210(スラント車)、キハ182-39、キハ182-29、キハ182-40、キハ183-6101(お座敷車輌)の5輌編成であった。全車自由席であったが、このうちキハ183-6101は締め切り扱いであった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2017年3月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.