鉄道ホビダス

【鹿児島市】7500形 営業運転開始

冨吉郷太(鹿児島県)
20170331150011-2a24d03ec80baa1ce903a226d52f7519b257d0f6.jpg
春霞の空の下、7501号を前に行われたテープカット。
'17.3.30 鹿児島市交通局 神田車庫
 3月30日、鹿児島市交通局の7500形2輌が営業運転を開始した。この車輌は7000形以来9年ぶりの新製車で、同局の低床電車としては3代目となる。
 この車輌には世界最小クラスのモーターを搭載した平行ガルダン駆動の超低床台車が採用されており、座席レイアウトを改めることによって初代低床車1000形から13名の定員拡大(68名)を実現したとのことである。
 なお、営業運転開始当日の午前は、神田車庫にて「新型電車運行開始式」が開催され、テープカットののち7501号による試乗会が実施された。
 7501号は2系統鹿児島駅前13:05発(郡元行き)から、7502号は1系統谷山13:00発(鹿児島駅前行き:ともに特別運用)から営業運転に就き、4月1日以降は7500形固定の運用が設定された上で運行される予定である。
レイル・マガジン

2017年3月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.