鉄道ホビダス

2017年3月14日アーカイブ

西本篤司(香川県)
20170314185634-3ffba869463a9013df95ff77539ac430a69bb775.jpg
専用の幕を表示して運行。
'17.3.12 予土線 江川崎
20170314194412-adfe0afa209f2b5a66405446452ecb3053e47e9f.jpg
江川崎へ向う〈しまんとおきゃく〉号。
'17.3.12 予土線 土佐大正―土佐昭和
 3月12日、2017年度の運行に先駆けて"しまんトロッコ"号が臨時で運転された。列車は往路の宇和島発が窪川まで〈臨時 しまんトロッコ〉号として運行し、折り返しの窪川発は江川崎までの往復運転となり、専用の〈しまんとおきゃく〉の幕を付けて運転された。
 この列車は四万十市のPRも兼ねており、江川崎に到着後に「道の駅 西土佐」での観光も行われ、キハ54の車内では茣蓙をひき列車内で宴会も開かれた。その後、同列車は返却回送され復路の営業運転は行われなかった模様である。
樋口将也(東京都)
20170314184759-e869b76e963915e8f0379f0a935555b3b885d9bb.jpg
既にパンタグラフが外されている。
'17.3.13 上越線 越後中里―土樽 P:磯谷俊博
 先日のダイヤ改正にて定期運用を終えた新潟車両センター所属の485系R26編成(6輌)が、長野総合車両センターへと配給された。廃車になるものと思われる。経路は上越線~高崎線~武蔵野線~中央本線~篠ノ井線で、全区間を長岡車両センター所属のEF64 1032が牽引した。
 また同編成は、中央本線の狭小トンネルに対応するためか、パンタグラフが外されていた。
宮島昌之(石川県)
20170314182656-58b8472cc235c68b47dc019fcfa1869b92a27c54.jpg
ラッセル翼を装着し、北陸本線を北上するキヤ143-8。(隣接の公園より撮影)
'17.3.13 北陸本線 美川
20170314183341-471df98bfd36b355391f3a25c6d26625f7fb0f90.jpg
小雨舞う中、金沢駅構内上り本線へ進入するキヤ143形甲種輸送列車。
'17.3.6 北陸本線 金沢
 新潟トランシスで新製されたのち金沢総合車両所松任本所に入場しているキヤ143形2輌のうち、キヤ143-8が3月13日に北陸本線を走行した。ラッセル翼を装着した状態での走行で、試運転を行ったものと思われる。同車は運転終了後、松任へ戻った。
 なお、今回新製されたのはキヤ143-8とキヤ143-9で、5日から6日にかけて黒山~松任間で甲種輸送が行われた。車体の所属標記によるとキヤ143-8が後藤総合車両所、キヤ143-9が敦賀地域鉄道部敦賀運転センターにそれぞれ配属となる模様である。
レイル・マガジン

2017年3月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.