鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【のと鉄道】能登鹿島で「冬桜」イルミネーション

【のと鉄道】能登鹿島で「冬桜」イルミネーション

宮島昌之(石川県)
20161221140405-644bcc76411a77992a657b953b4ffab3b918aeaa.jpg
LEDで飾られた桜並木がホームと車輌を淡く照らしている。
'16.12.20 のと鉄道七尾線 能登鹿島
20161221142332-39110361eb2dfad3cd21188bb839cd40eef63e6b.jpg
洋風の趣きある駅舎にもLEDが飾られた。
'16.12.20 のと鉄道七尾線 能登鹿島
 のと鉄道七尾線能登鹿島駅では、今年もLEDイルミネーションを活用したライトアップが行われている。
 これは「能登鹿島駅さくら保存会」をはじめ、のと鉄道、穴水町が共同で企画したもので、桜の開花時期に「桜のトンネル」をつくることで知られる同駅構内のソメイヨシノや駅舎などに、LEDの装飾が施される。初開催となった昨冬は青色LEDのみであったが、今回は桜の木々を白やピンクのLEDの帯で繋ぎ、点滅等の変化を楽しむ演出も加わっている。
 このイルミネーションは12月19日より行われており、来年2月末(予定)までの期間、17時頃から22時40分頃まで楽しむことができる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2016年12月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.