鉄道ホビダス

【JR東】「豊田車両センターまつり2016」開催

大森岳人(東京都)
20161107155746-ded9ef5cf1e6c2b0d0eafd2b99d7f4830783371a.jpg
ずらりと並んだE233系や211系。
'16.11.5 豊田車両センター
20161107155806-7d3c7a24bd612f60414f34512548676421ee7edc.jpg
〈スーパーひたち1号〉の表示を掲出する651系K105編成。
'16.11.5 豊田車両センター
20161107155833-483b29a7b1d7659a463e233eccbe50f972fac4bd.jpg
手前からE353系S101、EF64_1052、205系M35編成。
'16.11.5 豊田車両センター
20161107155855-ea6fca5fa56c1da9eaf168af65d6638e5f401b62.jpg
検修庫から顔を出したクハ201-1。
'16.11.5 豊田車両センター
 11月5日、豊田車両センターにおいて、「豊田車両センターまつり2016」が開催され、多くの来場者で賑わった。
 車輌展示として、豊田車両センター所属のE233系、長野車両センターの211系、松本車両センターのE257系M101編成のほか、昨年に引き続き、快速〈ぶらり高尾号〉で日立から高尾まで運転された勝田車両センター651系K105編成が折り返し整備のために入区し、展示された。
 651系K105編成は前面がフルカラーLEDになり、「JR」「スーパーひたち1(号)」「仙台ゆき」などの表示を見ることができた。また豊田車両センター189系M51編成に加え、松本車両センターE353系S101編成9輌、長岡車両センターEF64 1052、京葉車両センター武蔵野線用205系M35編成も並べられ、特急あずさ運行開始50周年と豊田車両センターも開設50周年も相まり、一風変わった車輌展示会に来場者も驚きを隠せない様相であった。
 注目の201系クハ201-1については、昨年までは検車庫から顔だけ出す形で展示されていたが、今年は晴天の中外に出て、青梅特快「高麗川」行き表示で来場者を迎えた。

2016年11月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ