鉄道ホビダス

2016年10月11日アーカイブ

宮島昌之(石川県)
20161011190232-c0c8e3a8091a945e276934c4d584c507f1656418.jpg
加越能鉄道から万葉線へ、時代の変遷が感じられる車輌展示。
'16.10.8 万葉線 本社車庫
20161011190250-c2b10c2103981fc0349220e622c61ec9f6c97b74.jpg
懐かしい縦型広告看板も再現された。
'16.10.8 万葉線 本社車庫
 10月8日、万葉線本社と隣接の車庫で「鉄道の日」を記念した「万葉線・電車まつり」が開催され、多くの家族連れやレイル・ファンで賑わった。車輌展示ではアイトラムのMLRV1006や、デ7071、6000型除雪車のほか、改装後初めて加越能鉄道色のデ7073も並び、写真撮影コーナーや車内公開が行われた。
 そのうち、デ7073の前面には「みかん電車 万葉線」や「みんなの電車 万葉線」と書かれた、懐かしい縦型広告看板も再現された。このほか、ミニ"ドラえもんトラム"の乗車体験や、万葉線運転シミュレーターの体験、テント村では万葉線の部品やグッズ、ドラえもんグッズなどの販売、似顔絵コーナーなどが並んだ。
前川昌廣(奈良県)
20161011185325-4d128fa1c63171da6f3811edb43867952db543fc.jpg
特製"サロンカーなにわ"のヘッドマークを取り付け。
'16.10.8 山陽本線 備後赤坂―松永
 10月8日、大阪~尾道間(回送で本郷)で、"サロンカーなにわ"による団体臨時列車が運転された。今回は5号車・6号車が減車された5輌編成で、牽引機は下関総合車両センター運用検修センター所属のEF65 1135であった。往路は、桃色の特製の"サロンカーなにわ"ヘッドマークが取付られ、復路は"サロンカーなにわ"純正マークが取付られた。
重山正行(東京都)
20161011184405-227de8d8d19153e0b473e94f2627d146eacdbd58.jpg
新"銀河鉄道999デザイン電車"の20000系20158編成。
'16.10.8 西武鉄道池袋線 秋津─所沢 P:重山正行
20161011184425-71a02a1936b8de06a9649fc1567564e2855e3dec.jpg
池袋寄り先頭車はメーテルをデザイン。黄色がベースとなっている。
'16.10.8 西武鉄道狭山線 西武球場前 P:福田智志
20161011184549-207fa423f7ef27f0c24950e57627da1908c39057.jpg
豊島園駅で出発式が開催され、松本零士さんも出席した。
'16.10.8 西武鉄道豊島線 豊島園 P:福田智志
 10月8日、西武鉄道20000系20158編成8輌が新"銀河鉄道999デザイン電車"として「銀河鉄道999」のキャラクターをデザインしたラッピングで登場し、運行を開始した。
 これは、2014年12月に惜しまれつつ引退した初代"銀河鉄道999デザイン電車"(3000系)を、20000系車輌8輌をキャンパスに漫画家の松本零士氏による新たな描き下ろしデザインで生まれ変わった新"銀河鉄道999デザイン電車"として漫画家の松本零士氏とアニメによる地域活性化を目指す練馬区、沿線地域の活性化と共生を目指す西武鉄道の意向が合致し、沿線地域の協力により復活運行が実現したものである。
 また、当日には豊島園駅で出発式が行われ、式典終了後に豊島園~池袋~西武球場前間を臨時列車として運行し、西武球場前駅では車輌展示イベントが開催された。
橋本 淳(滋賀県)
20161011183233-7676bfbb203b62a458e15abb219766db84466d97.jpg
昨年の半田線開業40周年記念HMを掲出し半田埠頭駅に到着する550列車。
'16.10.8 衣浦臨海鉄道半田線 半田埠頭 P:田上健司
20161011183322-ba4cf4e66bb89be6e9c8789745b7f9532fb8104d.jpg
積み込み設備を背景に撮影できるのも撮影会ならでは。5570列車(撮影会)の編成は、DD51 853+KE65 3+ホキ1000(16輌)であった。
'16.10.9 衣浦臨海鉄道碧南線 碧南市 P:橋本 淳
20161011183339-c7afd8ada3755f2408aaecc80654fa39163a49ba.jpg
「FA・炭カル輸送25周年」ヘッドマークを掲出し、乗務員訓練を行うDD51 853。
'16.10.9 衣浦臨海鉄道碧南線 東浦―碧南市 P:橋本 淳
20161011183258-b6e9eff40a4388c89fd2ffd3ff710d2ff912213e.jpg
5571列車をKE65にかわって牽引するDD51 853。
'16.10.9 武豊線 緒川―尾張森岡 P:橋本 淳
 10月8日と9日の2日間、愛知機関区に所属し、国鉄色のDD51 853が、武豊線と衣浦臨海鉄道(碧南線、半田線)に入線した。
 これに伴い、8日と9日は、普段はKE65が重連で牽引する5570列車(大府→碧南市間)をDD51 853とKE65 3の重連で牽引したほか、普段はKE65が牽引する5571列車(碧南市→大府間)をDD51 853が牽引した。加えて8日は、普段はKE65が牽引する550列車(大府→半田埠頭間)と551列車(半田埠頭→大府間)をDD51 853が牽引した。
 なお、両日は貨物列車のほか、DD51 853単機による乗務員訓練が、碧南線の碧南市と衣浦湾鉄橋の間で3往復実施された。この乗務員訓練は、JR貨物愛知機関区に所属するDD51を借り受けることを想定して実施されたもので、ここ近年では年に一度のペースで実施されている。また、DD51 853には「開業40周年」、「FA・炭カル輸送25周年」と書かれたヘッドマークがそれぞれ掲出された。このヘッドマークは、1975年11月15日に開業した半田線(半田埠頭―東成岩)が昨年で40周年を迎え、また1990年11月2日より碧南線の碧南市と三岐鉄道三岐線の東藤原間で運行されている炭酸カルシウム・フライアッシュ輸送が昨年で25周年迎えたことを記念して、昨年の10月に掲出されたものが使用された。
 このほか、碧南市駅と半田埠頭駅では撮影会が実施された。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2016年10月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.