鉄道ホビダス

2016年8月 5日アーカイブ

松原政明(神奈川県)
20160805110603-782de9e70be677e335d37d0a47198e2c98dc440a.jpg
日本海に面した広戸駅に到着した〈五能線全線開通80周年記念号〉。
'16.7.30 五能線 広戸
20160805110618-d820ba86dede4d3f983914065dc9f1d59d5d845b.jpg
深浦駅では、沿線名物の「なまはげ」が乗客を出迎えた。
'16.7.30 五能線 深浦
 さる7月30日、五能線全線開通80周年を記念して、通常の定期列車2826D、326Dを〈五能線全線開通80周年記念号〉として、弘前9:39発→深浦12:14着、深浦13:36発→東能代15:23着の片道で運転された。車輌は昔懐かしいキハ48形の首都圏色(朱5号)の2輌編成で、ヘッドマークも掲出されていた。また、能代駅では駅前を中心にイベントが開催され、普段より多くの方々で賑わっていた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2016年8月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.