鉄道ホビダス

2016年6月27日アーカイブ

廣村典彦(兵庫県)
20160627183036-91e61c631c5f4d2a1f347ef2b4d262223542739b.jpg
5022号編成には「半夏生」と書かれたヘッドマーク。
'16.6.25 山陽電気鉄道本線 大塩―山陽曽根
20160627183052-ddbac02648d52579b1c73a903b81bd2436a38307.jpg
「Let's go AKASHI」と書かれた5630号編成のヘッドマーク。
'16.6.25 山陽電気鉄道本線 大塩―山陽曽根
 山陽電気鉄道では6月24日から、5000系5022号編成と5030系5630号編成の一部に、「半夏生(はんげしょう)」をPRするヘッドマークを取り付けて運転している。ヘッドマークのデザインも2種類あり、5022号編成が漢字で「半夏生」と書かれ、5630号編成は「Let's go AKASHI」と書かれ、いずれもタコのイラストが描かれている。また側面中央ドア横には「半夏生」の大型ステッカーが貼られ、車内の吊り広告でもPRされている。
 半夏生とは、1年を24の節で区切った節季の一つで、夏至の日から数えて11日目から5日間のことである。関西では半夏生にタコ料理を食べる習慣があるが、山陽電車沿線の明石はタコの名産地で、「明石半夏生たこまつり」も行われる。
山岸理士(東京都)
20160627180227-27eef4e17db1c88a854e0165755b615365af9302.jpg
梅雨晴れの空のもとを疾走する"びゅうコースター風っこ"の回送列車。
'16.6.27 仙山線 陸前白沢―愛子
 小牛田運輸区所属のキハ48 547+キハ48 1541"びゅうコースター風っこ"を使用した臨時列車の運用が続いている。
 6月には、11・12日に日光線宇都宮~日光間にて〈風っこ日光号〉が、18・19日と25・26日は左沢線山形~寒河江間で〈さくらんぼ風っこ号〉が臨時列車として運転されており、その人気振りが伺える。
 7月には長野支社管内でも同編成を使用した臨時列車の運行が予定されており、7月2日に大糸線松本~南小谷間で〈北アルプス風っこ〉が、7月3日に中央本線辰野支線経由松本~富士見間で〈風っこ善知鳥〉が運転される予定となっている。
 出張先により長距離の回送になる場合があり、時として機関車牽引の配給輸送となるため、注目される。6月27日は〈さくらんぼ風っこ〉として運用した"びゅうコースター風っこ"編成を山形駅から小牛田運輸区に返却する際、仙台車両センター所属のED75 758が牽引した。
中司朔良(兵庫県)
20160627174803-610f2b1716f994ef18944a964d80a13b01130fd4.jpg
ピカピカな姿で運用に入る5004編成。
'16.6.25 阪急電鉄今津線 小林―仁川
 阪急電鉄神戸本線にて活躍していた、5000系5004編成が6連化され、6月24日から今津線での運用に入った。元は8連であったが、中間車の5584と5585が抜かれて、5004+5504+5554+5525+5505+5055の6連になった。今津線の5000系6連は5010編成に次いで2本目となった。
廣島一貴(東京都)
20160627161005-091668122ac3a66d6be8000fc697803884a8f991.jpg
都庁前駅に進入する12-000形1次車。
'16.6.25 東京都交通局大江戸線 都庁前
20160627161026-06d42cc3ff176a132ffa22187e8311a231ebb84b.jpg
掲出されたステッカー。
'16.6.25 東京都交通局大江戸線 都庁前
 白い車体が特徴的な東京都交通局大江戸線12-000形1次車の引退に伴い、6月25日頃より12-041編成に引退記念ステッカーが車体や車内に貼り付けられた。12-000形1次車は、1991年12月の同線開業時から約25年間活躍してきたが、東京都交通局によれば6月末をもって引退することが予定されている。
福田智志(埼玉県)
20160627152447-602d015273908a4bacd32080ee063a8fa83660d9.jpg
開業から33年間活躍した1000系が全車引退した。
'16.6.25 埼玉新都市交通伊奈線 東宮原
 埼玉新都市交通(ニューシャトル)の開業当時から活躍を続けていた1000系が6月26日の1017編成運転終了をもって全車が引退した。引退を記念して、6月18日から25日までは臨時列車として丸山~大宮間および大宮~内宿間で運転され、乗車券のみで誰でも乗れる臨時列車として走行した。最終日の6月26日は、抽選で招待された100名が乗車できる団体列車として内宿~大宮間を1往復運転した。
 また、6月18日から26日までは引退記念ヘッドマークが掲出されていた。なお、1000系の代替車輌である2020系は第23編成が6月14日から営業運転を開始しており、同編成のラインカラーは赤色となった。
松原政明(神奈川県)
20160627151304-7a6a7db056de47ba3ab1dbef164188052a20c411.jpg
最終日の朝、運用につく551編成。
'16.6.26 湘南モノレール 湘南町屋―富士見町 P:松原政明
20160627151322-01e167d81a6fae1e00c39e3d999664600fe27161.jpg
大船12:37発湘南深沢行きが最終運用になった。多くの「ありがとう」と「さようなら」に包まれながら、最後の出発。
'16.6.26 湘南モノレール 大船 P:松原政明
20160627151342-c86a47d57eecef3d8344a6bf5aa2061a1e0c36d0.jpg
引退を記念して、営業運転終了後に湘南深沢車両基地で撮影会が開催された。
'16.6.26 湘南モノレール 湘南深沢車両基地 P:福田智志
 1988年から続々とデビューした500形の中で最後まで残っていた551編成が、6月26日の運転を最後に、28年間の活躍にピリオドを打った。
 当日は大船で記念セレモニーも開催され、社長挨拶のコメントによれば、今回の551編成についてはカットモデルとして、一部保存される模様である。
 
大谷真弘(静岡県)
20160627144609-8ee620a064e9b33ce43ad50063f2e0a4813dfee9.jpg
3071レを牽引して東海道を下る。
'16.6.25 東海道本線 菊川―掛川
 新鶴見機関区所属のEF65 2139が、新鶴見信号場発6月25日の3071レに充当され、新鶴見信号場→西浜松間で同列車を牽引した。同機が定期コンテナ列車を牽引するのは、2016年に国鉄特急色に塗装が変更されてから初めてとなった。
レイル・マガジン

2016年6月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.