鉄道ホビダス

2016年6月 6日アーカイブ

【JR貨】シキ180形が西浜へ

大谷真弘(静岡県)
20160606200749-78b4dcc7df589ae1c12dd4c17ad38267fb9ce912.jpg
久しぶりとなったシキ180形の輸送。
'16.6.6 東海道本線 菊川―掛川
 6月5日から8日の予定で、宇都宮貨物ターミナル駅常備車のシキ180形が宇都宮貨物ターミナル→西浜間で輸送されている。牽引機には、宇都宮貨物ターミナルから梅小路まで、吹田機関区に所属するEF210-141が充当された。
玉木裕一(埼玉県)
20160606193953-7075dd950ff0e98b9dd492f869dd06bc431daeaa.jpg
朝の東北貨物線を行く〈ELレトロ福島号〉。
'16.6.4 東北貨物線 赤羽―浦和
 6月4日、高崎車両センター高崎支所の旧型客車6輌を使用した団体臨時列車〈ELレトロ福島号〉が横浜→郡山間で運転された。牽引機は、横浜→黒磯間が高崎車両センター高崎支所のEF64 1052、黒磯→郡山間が仙台車両センターのED75 758であった。
上田 稔(茨城県)
20160606184854-dbdc024390197ffc53cf063c281e4ed57ed465aa.jpg
久慈川第一橋梁を渡る〈懐かしの水郡レトロ号〉。
'16.6.4 水郡線 西金―下小川
 6月4日と5日、水郡線にて臨時快速〈懐かしの水郡レトロ号〉が運転された。運転区間は両日とも水戸→郡山間の片道運転であり、新津運輸区のキハ47 515+キハ47 514(いずれも首都圏色)が充当された。
宮川政樹(都道府県)
20160606183927-5211d6aec26682ecf262d9ca63ff9beda08ba937.jpg
営業一番電車として保谷に向かう9101編成"SEIBU KPP TRAIN"。
'16.6.4 西武鉄道池袋線 富士見台 P:宮川政樹
20160606184446-f71347400329065964068abf040a64b660d82a1b.jpg
撮影会で展示された"SEIBU KPP TRAIN"と"L-train"。
'16.6.4 西武鉄道 武蔵丘車両検修場 P:福田智志
 西武鉄道では6月4日より、ラッピング電車"SEIBU KPP TRAIN"の運行を開始した。これはタレント・歌手の「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんが沿線の西東京市出身であり、彼女のデビュー5周年と、西武鉄道の「開業100周年アニバーサリー」の最終年度ということで、両者のコラボレーションが実現したものである。
 運行初日の4日は、池袋駅で出発式が行われ、西武ホールディングスの後藤会長と「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんによるテープカットの後、池袋~保谷間を1往復する臨時電車が運転された。
 また、翌5日に武蔵丘車両検修場で開催された「西武電車フェスタ2016」では"SEIBU KPP TRAIN"と"L-train"が並べて展示されていた。
宮島昌之(石川県)
20160606183136-f02955895af16eff3f226c95de9ecf7a837e0fc4.jpg
屋外展示の機関車。写真右手よりEF510-510、EF81 729、EF510-10。
'16.6.4 富山機関区
20160606183230-4c2c7529e8a786da4a3938f3e916976a01aad34e.jpg
「機関車運転室見学」に使用されたEF510-501。「50周年記念」ヘッドマークが掲出された。
'16.6.4 富山機関区
20160606183245-853fc8a267e84d75c3438228da78da54a4ae05d1.jpg
リフティングジャッキに持ち上げられたEF510-23。「EF510営業運転開始」ヘッドマークが掲出された。
'16.6.4 富山機関区
 JR貨物の富山機関区は、国鉄時代の富山第二機関区より数え、今年2016年で発足50周年を迎えた。これを記念した一般向け公開イベントが、6月4日に開催され、多くの家族連れやレイル・ファンで賑わった。
 当日は汽笛一斉の合図で公開が始まり、屋外ではEF510-510、EF81 729、EF510-10が展示されたほか、EF510-501を使用した「機関車運転室見学」および「記念写真撮影会」が行われた。このうち、JR貨物仕様に改修されたばかりのEF510-510には近隣の園児や児童がデザインしたオリジナルヘッドマークを時間帯別で掲出したほか、午後にはサプライズとして、EF510-10、EF81 725、EF510-9による連結構内移動作業が来場者の目の前で行われ、注目を浴びていた。また、屋内では、リフティングジャッキで持ち上げられ点検中とみられるEF510-23が公開されたほか、ミニ機関車の乗車会、グッズや部品販売などが行われた。
 なお、前回の同様のイベントは、発足40周年を記念した2006年に開催されており、今回は10年ぶりとなった。
鶴井雅人(岩手県)
20160606181847-29d0642bdff975155fb0858b3092debd8e34309c.jpg
入梅前の晴れ間を行く、「カシオペアクルーズ」。
'16.6.4 上越線 井野―新前橋 P:山岸理士
20160606181908-185ec0669daab1ac05c4b5fc91c4bfe47beefc0c.jpg
笹川流れを後に、一路北上する「カシオペアクルーズ」。
'16.6.4 羽越本線 勝木―府屋 P:鶴井雅人
20160606181924-45086adf91b8e0c082adecbbed5c498ac34fd5ea.jpg
EH800形による旅客営業列車の牽引は今回が初めてとなった。
'16.6.4 道南いさりび鉄道 釜谷―渡島 P:松田信彦
20160606181942-873b0a8b181a7bbf22cc15978b5c61318d83666e.jpg
北海道内を牽引したDF200-116。
'16.6.4 室蘭本線 有珠―長和 P:松田信彦
 6月4日から7日にかけて、尾久車両センター所属のE26系客車〈カシオペア〉編成12輌を使用した団体臨時列車「カシオペアクルーズ 北海道・東北周遊3泊4日間の旅」が実施されている。往路は日本海側経由、復路は太平洋側経由で上野~札幌間の往復運行となっている。
 往路の牽引機は、上野→長岡間が長岡車両センター所属のEF64 1030と田端車両センター所属のEF81 95の重連、長岡→青森間がEF81 95、青森→五稜郭間が五稜郭機関区のEH800-1、五稜郭→札幌間が同じく五稜郭機関区のDF200-116であった。
レイル・マガジン

2016年6月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.