鉄道ホビダス

2016年5月30日アーカイブ

大森岳人(東京都)
20160530203028-854f5c88e9f2c2a3ecba1dfa70b6da26e41255ec.jpg
写真左からEF65 1115〔田〕、EF65 2139〔新〕、EF81 81〔田〕。
'16.5.28 大宮総合車両センター P:大森岳人
20160530203059-cf4fd4066ee620757a0bbbadd0e6a159fcc9b2b1.jpg
D51 498〔高〕(右)と、構内線試乗列車に使用された東武鉄道の"日光詣スペーシア"。
'16.5.28 大宮総合車両センター P:玉木裕一
20160530203118-bdc4a644bde967ab11151d9d9058dbf2b87f9fca.jpg
車体移動実演ではEF64 1010〔愛〕が使用された。
'16.5.28 大宮総合車両センター P:玉木裕一
20160530203133-797d368db97b230e68ccb6440c9e4896545e7b69.jpg
車掌体験ではクハ204-612が使用された。
'16.5.28 大宮総合車両センター P:玉木裕一
20160530203238-1788c6918ae49a6fe2aa2e72a5d965db0f79e682.jpg
2015年の「ローレル賞」を受賞したEV-E301系"ACCUM"。車内の見学もできた。
'16.5.28 大宮総合車両センター P:天本 翼
20160530203307-d336df35b8783f9aabe333b22e0d5ecc3d18760c.jpg
検査が終わったと思われるDE11 2003〔新〕の姿も見られた。
'16.5.28 大宮総合車両センター P:玉木裕一
 5月28日、大宮総合車両センターで、恒例の「鉄道のまち大宮『鉄道ふれあいフェア』」が開催された。
 当日は、JR東日本とJR貨物で人気の電気機関車(EF81 81、EF65 1115、EF65 2139、EF64 1010、EF65 2117)のほか、蒸気機関車のD51 498、EV-E301系"ACCUM"などが展示された。特に、国鉄色に塗り替えられたばかりのEF65 2139には、「EF65 2139 国鉄色復活 大宮車両所 新鶴見機関区」ヘッドマークが取り付けられた。また展示中の同車のそばに置かれた看板には「祝 EF65 2139 栄光のラストナンバー 国鉄特急色復活記念 平成28年4月28日 大宮車両所」と書かれていた。
 また、恒例の構内線試乗列車は、2016年で東武鉄道とJR東日本の特急〈日光〉・〈きぬがわ〉・〈スペーシアきぬがわ〉が相互乗り入れを開始して10周年を記念して、東武鉄道の100系"日光詣スペーシア"が用いられた。
 このほか、小山車両センターのクハ204-612による車掌体験、高所作業車試乗や、大宮警察署、大宮消防署の公用車やバイクの展示などが敷地内で行われた。
 さらに、大宮駅東口と西口周辺においても、さいたま市を始め、北海道、東日本、甲信越、北陸地区の各自治体のPRコーナーやミニライブ、ミニ鉄道列車の乗車会等が開かれ、多くの来場者で賑わった。
近藤規夫(東京都)
20160530194750-8998ba0cdabe85f7f282e15936588af489c5cb2d.jpg
ヘッドマークを誇らしげに国鉄特急色485系最後の東海道を往く。
'16.5.28 東海道本線 根府川―早川 P:廣島一貴
20160530194958-d7a4af9155e7f9a78f8f1cdc5856e16a7a46ee1b.jpg
首都圏を走る、仙セン485系A1+A2編成。
'16.5.29 中央本線 国立 P:山岸理士
20160530195235-bc834c39354be2b974e9f1877b8ed95591dccf30.jpg
みなとみらいのビル群を背に高島線を行く485系。
'16.5.29 高島貨物線 桜木町―東高島 P:鶴井雅人
 神奈川県横浜市内の山下公園とその周辺で催されている「横浜セントラルタウンフェスティバル『Y157』」に合わせ、仙台総合車両センターに所属し国鉄特急色の485系A1+A2編成を用いたツアー「横浜セントラルタウンフェスティバルY157記念列車の旅」が5月28日と29日に実施された。
 列車は石川町発着で、3コースが設定された。
 28日は、東海道貨物線を経由して根府川、新鶴見信号場を経由するルートで運行され、石川町→大船→(東海道貨物線経由)→根府川(折返し・東海道貨物線経由)→新鶴見信号場(折返し)→石川町の経路で運転された。
 29日は、東海道貨物線および山手貨物線を経由して八王子や横須賀へ向かうルートで、全行程乗車するコースと途中駅から乗車するコースが設定され、石川町→鶴見(武蔵野貨物線)→八王子(折返し)→新宿→横須賀(折返し)→石川町の経路で運転された。
 485系電車では最後の国鉄特急色編成となった同編成も、6月中旬の引退が発表されているため、関東各地を走るのも今回が最後と思われる。
佐野 徹(京都府)
20160530192123-31597dbd13c7f55a51b855ff03bdfa5358a91120.jpg
復元工事が完了し、お披露目された旧駅名標。
'16.5.29 大阪環状線 寺田町
 大阪環状線寺田町駅の旧駅名標の復元工事が完了し、5月29日にお披露目された。JR西日本のリリースによれば、これは2015年8月に発見されたもので、一部欠損した部分を復元したうえ、現地(発見場所)にて保存されている。
宮島昌之(石川県)
20160530184552-f10813af3d3718b45bf86bb4ef107fbf3c582825.jpg
貨物機となった銀色のEF510の重連が早くも実現。
'16.5.30 北陸本線 小舞子―美川
 JR東日本からJR貨物へ譲渡され、富山機関区に配置されたEF510-510が、5月30日の日本海縦貫線の配6551レにて、空のコキ4輌とともに吹田貨物ターミナルから富山貨物ターミナルへ輸送された。同機は、吹田機関区にてJR貨物機仕様に合わせた外装や保安装置変更など改修を受けたものと思われる。
 なお、配6551レの牽引機は、既報の通り先般貨物機仕様になって間もない、同区のEF510-509であった。
福田智志(埼玉県)
20160530181733-f5c1a444d9742e76c1ab8b688a0ef58b9c29f7b1.jpg
初めて西武秩父駅に入線した"SLパレオエクスプレス"。出発式が開催された。
'16.5.28 西武鉄道西武秩父線 西武秩父
 秩父鉄道のC58 363と12系客車4輌で構成される"SLパレオエクスプレス"だが、5月28日と29日の2日間は西武鉄道の西武秩父に初めて入線した。これは西武鉄道と秩父鉄道の共同企画で実現したものである。このイベントは、「臨時SL列車イベント 参加チケット」を持った乗客のみが利用できたもので、池袋・保谷→西武秩父間で運転されたイベント用臨時電車(10000系10105編成"レッドアロークラシック"が充当)と"SLパレオエクスプレス"が西武秩父駅でならんだ。その後、"SLパレオエクスプレス"は〈臨時SL列車〉として西武秩父を出発、三峰口でしばらく停車ののち折り返し、秩父鉄道の秩父まで運転された。
 なお、初めて入線した5月28日は、西武秩父で出発式が開催された。また、西武鉄道の本線系統の駅に蒸機が入線するのは約60年ぶりの出来事である。
益子 徹(宮城県)
20160530172622-01b753d405e6d33fc88d8e19d4ffa606cd3a065f.jpg 初夏の日差しの中、快走するA417系。先頭の福島方より、AM417-1+AM417-2+AT418。
'16.5.28 阿武隈急行 兜―富野
 5月28日、阿武隈急行のA417系が最終運行を行った。当日は、梁川→槻木間、槻木→福島間、福島→梁川間の合計3本の臨時列車として運転され、好天に恵まれたこの日は、多くのレイル・ファンが乗車や撮影を楽しみ、別れを惜しんでいた。
 同車は、国鉄およびJR東日本の417系K-1編成であったが、2008年6月に阿武隈急行に譲渡され、同年10月より、朝夕限定で福島~富野間で運行されていた。なお、定期運用からは2016年3月のダイヤ改正より外れていた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2016年5月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.