鉄道ホビダス

2016年5月12日アーカイブ

山岸理士(東京都)
20160512182853-4c0aa59e5e1d7a1e9ef1beab3db0366c185a907a.jpg
朝の篠ノ井線をゆっくりと走る配給列車。
'16.5.12 篠ノ井線 坂北―西条
20160512182911-e9edbf85b9ccfb363e84c638f071d37222d955b4.jpg
八ヶ岳の麓を走る配給列車。
'16.5.12 中央本線 長坂―日野春
 5月12日、松戸車両センター所属のE233系2000番代マト13編成が長野総合車両センターを出場し、松戸車両センターまで配給輸送された。
 常磐緩行線に導入される無線式列車制御システム(CBTC)の改造を受けたものと思われる。
 なお、牽引機は全区間、長岡車両センター所属のEF64 1032であった。
加藤孝英(埼玉県)
20160512132833-76684c196c56b70281bcfa9b46745bae4fe1ded3.jpg
大宮総合車両センター東大宮センターで進行方向を変え、出発の時を待つ。
'16.5.10 大宮総合車両センター東大宮センター
 大宮総合車両センターに入場していたE26系2輌(カハフE26-1、スロネE27-1)が5月10日に出場し、所属先の尾久車両センターへ輸送された。
 北海道新幹線との共用区間を走行するための対応改造が施行されたものと思われる。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2016年5月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.