鉄道ホビダス

2015年4月 6日アーカイブ

天本義彦(福岡県)
20150406160816-90073fd32e1cfde073fc2e95ee16c8275dcb7047.jpg
〈かもめ〉のイラストマークを掲出して、曇り空の下颯爽と走り抜ける485系Do-32編成。
'15.4.5 鹿児島本線 原田
 JR九州長崎支社は、4月5日に長崎駅開業110周年を迎えることを記念し、大分車両センター所属485系Do-32編成を1日1往復限定で〈かもめ〉のイラストマークを掲出し、記念の特急〈かもめ〉として運行した。行程は、博多9時59分発~長崎13時16分着、長崎15時05分発~博多18時31分着であった。
石井大智(山梨県)
20150406155226-b34e76b5d7cc81d283a47a16c0610290ba18c15b.jpg
記念ヘッドマークを掲出し、武蔵五日市駅に入線するE233系青668編成。
'15.4.4 五日市線 武蔵五日市
 拝島と武蔵五日市を結ぶ五日市線は、1925年(大正14年)4月21日に、五日市鉄道として拝島~五日市(現在の武蔵五日市)間が開業して今年で90周年を迎えた。これを記念して、4月1日~5月10日の期間、豊田車両センター所属のE233系青668編成に記念ヘッドマークを掲出して運転している。また、記念ヘッドマークは前後で違うものが掲出されている。
宮島昌之(石川県)
20150406153112-9da3dcc1ceb1c42c7d8f9f6f75001f1b1034d67a.jpg
スノーラビット色6輌入線は、在来線特急〈はくたか〉運行当時には無かった光景。(陸橋上公道より撮影)
'15.4.4 七尾線 中津幡―本津幡
 3月のダイヤ改正より運行が始まった、七尾線の特急〈能登かがり火〉であるが、4月4日の5号と折り返しの10号に、元北越急行車でスノーラビット色を纏う、683系8000番代N03編成が使用された。
 在来線での特急〈はくたか〉運行当時、七尾線には所定で付属編成3輌が入線していたことから、スノーラビット色の基本編成6輌が入線するのは珍しく、さらに今後外装を〈しらさぎ〉あるいは〈サンダーバード〉の色へ変更するものと思われ、北越急行より車輌を譲り受けて間もない過渡期らしい光景となった。
 なお、特急〈能登かがり火〉に使用される車輌は、特急〈ダイナスター〉や特急〈しらさぎ〉と共通運用を組んでいる模様で、同日のN03編成は朝から特急〈ダイナスター3号〉や、特急〈しらさぎ56号〉および〈しらさぎ53号〉に使用されていた。この他にも特急〈サンダーバード〉と共通運用を組むこともある模様である。
児玉尚久(三重県)
20150406152011-56e351a34a9bba9a29d9d4e905e1ce3b44448d5f.jpg
プレート類は外され一部の機器も撤去されている。
'15.4.3 北陸本線 松任
 3月のダイヤ改正にて定期運用が消滅し余剰車輌が発生しているJR西日本敦賀地域鉄道部敦賀運転センター所属のEF81"トワイライト色"について、ダイヤ改正直後、113号機を除き敦賀→松任まで配給輸送されている。JR西日本松任工場の留置線に留置されており、プレート類は外されて外観も一部機器が取り外されている。同車はダイヤ改正にて余剰となり廃車となった他の車輌たちと同様に順次解体されるものと思われる。
加藤弘樹(神奈川県)
20150406151459-91627c83c6b2a1e3fc846480a250cb99b6d82f3c.jpg
ストライプ塗装となって再び〈踊り子〉として快走する185系OM08編成。
'15.3.29 東海道本線 川崎―横浜
 157系国鉄特急色風塗装であった185系OM08編成が、ストライプ塗装となって検査出場し、3月28日の我孫子始発伊豆急下田行き〈踊り子161号〉より運用復帰した。同編成のストライプ塗装は初となる。また最近では、7連のOM04編成、5連のC5編成もストライプ塗装となって検査出場している。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2015年4月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.