鉄道ホビダス

JR海JR貨】371系7輌 長野へ輸送される

大谷真弘(静岡県)
20150330161457-9bd572e2bc93cb28d75a656cf275253b2b44a8ad.jpg
JR東海371系7輌が第二の人生を送るため静岡を出発。
'15.3.29 東海道本線 菊川―掛川
 3月29日、昨年11月末に営業運転を終了したJR東海の371系7輌X1編成が、第二の人生を送るためJR東海静岡車両区から旅立った。静岡から稲沢、塩尻経由で北長野まで輸送され、JR東日本長野総合車両センターへ入場し、改装後に、富士急行へ輸送されるものと思われる。機関車の次位からモハ371-201、モハ370-1、クモハ371-1、クモハ371-101、モハ370-101、サロハ371-101、サロハ371-1の編成で中間にクモハが見られた。なお、静岡~稲沢間の牽引機は愛知機関区所属のEF64 1033が充当された。
レイル・マガジン

2015年3月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.