鉄道ホビダス

2015年3月 4日アーカイブ

中村 聡(東京都)
20150304170322-357ed3af41fed5281b5db2b740204304d3b0afef.jpg
81号機に続いて95号機も〈カシオペア〉を牽引。
'15.3.3 東北本線 東大宮―蓮田
 3月3日から4日にかけて、上野発札幌行きの 寝台特急〈カシオペア〉に、通常田端運転所のEF510-500番代が牽引するところ、同所のEF81 95が代走した。尾久車両センターのE26系12輌を牽引するもので、ヘッドマークが掲出されての運転となった。
大石直輝(兵庫県)
20150304165204-c625db8241db5a1f4e4aa2f0af86ba62046c5ed0.jpg
今年度2回目となるキハ261系鋼体甲種輸送。
'15.3.3 和田岬線 兵庫 P:大石直輝
20150304165638-e838e1603225d58c70037ce8a0ce81a033941041.jpg 久々のEF81牽引による甲種輸送。
'15.3.3 東海道本線 山科 P:山田剛愛
 3月3日から4日かけて、川崎重工業兵庫工場で製造されていたJR北海道のキハ261系4輌の鋼体(キロ261-1106、キハ260-1318、キハ260-1319、キハ260-1106)が兵庫~神戸(タ)~吹田(タ)~黒山間で甲種輸送された。なお、次位には緩急車としてヨ8794が連結され、兵庫~神戸(タ)~吹田(タ)間は岡山機関区所属のDE10 1733、吹田(タ)~黒山間は富山機関区所属のEF81 715が牽引した。
中村 聡(東京都)
20150304163730-9ce62acf608e9da7ebaa7769b711d43ace510278.jpg
クハ103-1が京都鉄道博物館へ輸送された。
'15.3.2 東海道本線 茨木―摂津富田
 3月2日、元日根野電車区所属で吹田総合車両所に入場中であったクハ103-1が、京都鉄道博物館での保存、展示のため吹田貨物ターミナル~梅小路間で甲種輸送された。全区間で岡山機関区所属のDE10 1733が牽引、吹田総合車両所のクモヤ145-1052とクモヤ145-1009に挟み込まれた状態での甲種輸送となった。
酒井健一郎(静岡県)
20150304163105-db8caf6c7770bf4166f495d670413f6ff470910c.jpg
国鉄急行色のキハ47・48形を使用した〈懐かしの国鉄色DC号〉。
'15.3.1 信越本線 黒姫―古間
 3月1日、新潟~長野間にて、新津運輸区所属の国鉄急行色キハ47・48形を使用した〈懐かしの国鉄色DC号〉が運転された。新幹線開業により一部3セク化される信越本線では、多くの記念列車が運転され、国鉄色のキハ47、48形も記憶に留めるように駆け抜けていった。
福井大輝(大阪府)
20150304162443-aff39b957fd47ecf20d6ff3390daf920f508e8d8.jpg
雨の浜大津を行く709+710号"HO-KAGO TEA TIME TRAIN"。
'15.3.1 京阪電気鉄道京津線 浜大津―上栄町
 "けいおん! 5周年あにばーさりーラッピング"の施された709+710号"HO-KAGO TEA TIME TRAIN"による団体列車が運行された。経路は坂本→石山寺→浜大津→四宮車庫→浜大津→石山寺の順で、四宮車庫内では撮影会も行われた。なお、同編成の団体列車はラッピングが施されてから2回目である。さらに、同編成は3月31日でラッピング期間が終了する予定であることから、ラッピング期間の延長がない限り今回の団体列車がラッピング期間内では最後となる模様である。
福田智志(埼玉県)
20150304160944-58a58fc468744cc8c676a1305f4a405ebe5f9560.jpg
300形の第8編成に「花燃ゆ」のラッピングが貼られている。
'15.3.2 東急電鉄世田谷線 若林―西太子堂
 東急電鉄は、2月27日から世田谷線で大河ドラマ「花燃ゆ」のラッピング電車の運転を開始した。これは、沿線に吉田松陰を祀っている松陰神社があることから運転を開始したもので、300形308編成の側面にラッピングが貼り付けられている。ラッピングのカラーはピンク色となっており、「花燃ゆ」のラッピング電車は5月30日まで運転する予定となっている。
横田篤史(滋賀県)
20150304160632-a82d4e23a7c5f2bae990ce5f8e932541daf2d0cc.jpg
湖北路に貴婦人が4年ぶりに駆け抜ける。
'15.3.1 北陸本線 坂田
 3月1日、〈SL北びわこ号〉は所定のC56 160に代わってC57 1の牽引で運転された。C57 1が〈SL北びわこ号〉を牽引するのは4年ぶりのことで、悪天候にもかかわらず沿線の多くのレイル・ファンがカメラを向けていた。
大谷真弘(静岡県)
20150304155939-743077fdd71a2613ffefcfa252b75fc6be56a7de.jpg
211系と211系の中間に313系が連結された。
'15.3.1 東海道本線 菊川―掛川
 3月1日、静岡市で「2015 静岡マラソン」が開催され、臨時列車4本、定期列車に増結された列車2本、その他、行先延長があった。定期列車では、下り興津発浜松行729Mと上り浜松発熱海行430Mが所定5輌編成のところ、211系6輌+313系2輌の8輌(LL19+W1+SS11編成)で運転された。211系と211系の中間に313系が連結され、普段では見られない編成となった。
丹羽拓也(兵庫県)
20150304155328-7ec100c0e6ad0c309089e8018ea284f5109e4bf4.jpg
EF64 1012+EF64 1046+タキ12輌で組成された5875レ。
'15.2.28 中央本線 武並―恵那
 2月28日、中央西線にてEF64 1012(国鉄原色機)とEF64 1046(広島更新色機)による重連運用が、5875レおよび5880レにて運転された。国鉄原色機同士および広島更新色機同士の重連運用は極めて確率が低いが、今回の重連運用も、めったにお目にかかれない組み合わせであった。
加藤弘樹(神奈川県)
20150304154839-17965cfcdd266aac74d5dd4ace61e1a087812c2e.jpg
3月のダイヤ改正に向けた増発用と思われる。
'15.2.27 武蔵野線 北府中
 2月25日より、京葉車両センター所属の205系M51編成が営業運転を開始した。2月3日に大宮総合車両センターを出場した同編成は、中原電車区から転属し、ナハ5編成からモハ2ユニット、ナハ6編成からは両先頭車とモハ1ユニットの各4輌ずつから組成され、東京方からクハ205-101+モハ205-270+モハ204-270+モハ205-271+モハ204-271+モハ205-272+モハ204-272+クハ204-101となっている。なお、モータはVVVF化されずに界磁添加励磁制御のままとなっており、武蔵野線205系では初となるシングルアームパンタグラフを搭載している。
加藤弘樹(神奈川県)
20150304154533-3eb98c3f454eca35ad9b0584993cb9d1f26122f1.jpg
157系を模した国鉄特急色も見納めか。
'15.2.27 東北本線 土呂
 2月27日、185系200番代OM08編成が東大宮操~大宮間で回送され、大宮総合車両センターへと入場した。同編成は3月21、22日の〈はちおうじ踊り子号〉にて営業運転を終了しており、その際に「さようなら国鉄特急色」と書かれたサボが掲出されたため、今後の動向が注目される。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2015年3月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.