鉄道ホビダス

2014年9月16日アーカイブ

小西泰平(大阪府)
2014_09_14_konishi_taihei001.jpg
雲ひとつない快晴の中、重連率いる豪華列車が鉄橋を駆けた。
'14.9.14 紀勢本線 紀伊田原―古座
 9月13日から14日にかけて、〈トワイライトエクスプレス〉が紀勢本線で運転された。これは、同年9月から12月にかけて行われる「和歌山デスティネーションキャンペーン」のオープニング特別企画として、日本旅行とJR西日本ジパング倶楽部が共同で企画した「トワイライトエクスプレス型車両で行く南紀・熊野」のツアーに伴うものである。往路は、大阪13日16:18発→京都→琵琶湖線経由→敦賀→湖西線経由→京都→天王寺→新宮14日朝着で夜行列車として運転され、復路は紀伊勝浦10:57発→和歌山16:22着で、紀勢線「ランチクルーズ列車」として運転された。車輌は「トワイライトエクスプレス」の第2編成が使用され、6、7、8号車が欠車の客車7輌(電源車含む)で、牽引機は大阪~敦賀~京都がEF81 43、その他の区間はDD51 1109+DD51 1193の重連であった。当日の天気が良かったことや〈トワイライトエクスプレス〉が紀勢本線に入線するという珍しさから、沿線、各駅は多くのファンで賑わった。なお、同様の企画は10月、11月にも合計4回予定されている。
佃 明弘(奈良県)
2014_09_14_tsukuda_akihiro001.jpg
元キハ38 1001を先頭にした5輌編成。
'14.9.14 ヤンゴン中央駅付近
 JR東日本から譲渡されていた元キハ38形の改造が完了し、8月16日よりエアコン特別列車として運転開始となった。冷房だけでなく、自動ドアも使用されている。撮影にあたっては、関係各所の撮影許可を取得し、現地係員同行のもと安全に行っている。
酒井健一郎(静岡県)
2014_09_13_ooishi_naoki001.jpg
ヘッドマークを掲げて西宮に退避する81列車。
'14.9.13 東海道本線 西宮 P:大石直輝
  2014_09_15_sakai_kenichirou002.jpg
今年は2機のEF66にヘッドマークが取り付けられた。
'14.9.15 東海道本線 金谷―菊川 P:酒井健一郎
 2014_09_15_higuchi_shimya001.jpg 早朝の倶利伽羅峠をヘッドマークを付けて疾走するEF81 453。
'14.9.15 北陸本線 倶利伽羅 P:樋口慎也
 毎年恒例となっている、広島車両所公開をPRするヘッドマークが一部の機関車に掲出されている。今年は吹田機関区所属のEF66 21、EF66 52と、富山機関区所属のEF81 451、広島車両所のEF67 101の計4輌に取り付けられている。なお、今年の「第21回JR貨物フェスティバル」広島車両所公開は10月25日に開催が予定されている。
鵜飼輝之(愛知県)
2014_09_13_uakai_teruyuki001.jpg
旧国鉄気動車標準色風のキハ40・48系にヘッドマークが掲出された。
'14.9.13 高山本線 坂祝―鵜沼
 9月13日、さわやかウォーキング開催に合わせて、高山本線において、旧国鉄気動車標準色風キハ40・48系3輌による臨時列車が運転された。この臨時列車には、高山本線全線開通80周年を記念したヘッドマークデザインコンテストの最優秀賞受賞作品をデザインしたヘッドマークが初めて掲出された。
伊藤 健(奈良県)
2014_09_13_itou_ken001.jpg
昔懐かしの塗装が2014年に登場。
'14.9.13 近畿日本鉄道大阪線 耳成―大和八木
 9月13日、近畿日本鉄道大阪線の高安車庫に所属する5200系VX05編成を使用した"近鉄エリアキャンペーン記念列車"の有料試乗車会・撮影会ツアーが開催され、このツアーにともない大阪上本町~青山町間の往復で運転された。同編成は車体塗装がかつての2250系と同様のものに再塗装され、10日に五位堂研修車庫を出場していた。
見学 智(大阪府)
2014_09_13_kengaku_satoshi001.jpg
きれいな車体と足回りが夕陽に染まるHK602編成。
'14.9.13 阪和線 熊取―日根野
 吹田総合車両所に検査入場していた、日根野支所の103系HK6012編成が出場し、9月12日のA22運用から営業運用に復帰した。同編成は車体・足回りともきれいに塗装され、目を惹く存在となっている。
福田智志(埼玉県)
2014_09_13_fukuda_satoshi002.jpg
大井町線での5080系の走行は珍しい光景となった。
'14.9.13 東急電鉄大井町線 緑が丘
2014_09_13_fukuda_satoshi001.jpg 等々力競技場に展示された東急の鉄道工事車輌。
'14.9.13 神奈川県川崎市 等々力競技場
 9月13日に「川崎の車窓から ~東急グループフェスタ~」がサッカーJリーグのチーム「川崎フロンターレ」の本拠地である等々力競技場の場外イベントスペースで開催された。このイベントの開催は昨年に続いて2回目となった。内容は、東急電鉄と川崎フロンターレがコラボレーションしたデザインの記念1日乗車券の発売、鉄道の工事車輌の展示、東急電鉄のキャラクター「のるるん」と川崎フロンターレのキャラクター「ふろん太」の記念撮影会、廃車となった東急バスの解体ショーなど鉄道ファンもサッカーファンも楽しめる内容となった。 また、今回のイベントの開催にあわせ、長津田車庫~元住吉車庫まで田園都市線~大井町線~目黒線経由の特別列車も運転された。この特別列車は川崎フロンターレの後援会会員限定の貸切列車として運転され、使用車輌は目黒線所属の東急5080系が使用された。特に田園都市線と大井町線は普段5080系の運用がないため、珍しいシーンとなった。なお、前面にはヘッドマークが掲出された。
春風直樹(兵庫県)
2014_09_13_harukaze_naoki001.jpg
大きなヘッドマークを掲げ新大阪へ。
'14.9.13 山陽本線 御着―ひめじ別所
 9月13日、網干総合車両所所属の223系V39編成を使用した団体臨時列車"桃太郎ミステリー列車"が新倉敷~新大阪間で運転された。運転に際し、特製のヘッドマークが運転室助士席側に掲げられた。なお、復路は翌14日に運転された。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2014年9月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.