鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【JR貨】中央西線迂回貨物列車が重連牽引で運転

【JR貨】中央西線迂回貨物列車が重連牽引で運転

石井大智(山梨県)
2014_08_03_ishii_daichi001.jpg
久々の重連で長野を目指す。
'14.8.3 中央本線 上野原―四方津
 7月9日に中央本線(中央西線)の南木曽―十二兼間が不通となり、7月12日より、普段中央西線を経由する貨物列車の中央東線での迂回運転が実施されている。今まではEF64が単機で新鶴見信号場~南松本・北長野間でコキを牽引していたが、8月3日の8093レよりEF64重連牽引となった。初日の8093レは愛知機関区所属のEF64 1012+EF64 1024の重連でコキ13輌を牽引した。中央東線のEF64重連牽引の貨物列車は、2012年3月14日まで唯一重連牽引で運転されていた89レ以来と思われる。
関連記事:【JR貨】中央西線貨物列車の迂回運転開始

2014年8月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ