鉄道ホビダス

2014年8月19日アーカイブ

二ノ宮忠勝(東京都)
2014_08_16_ninomiya_tadakatsu001.jpg
集集線終点の車埕に向けてCK124蒸機が勾配区間を力行する。
'14.8.16 台湾鐵路管理局集集線 水里―車埕
 台湾鐵路管理局では、台湾・南投県の蒸気祭り「南投火車好多節」で動態保存している蒸気機関車を使用したイベント列車を2007年より運行している。8年目を迎える本年も7月13日・19日・26日・8月2日・16日・17日に台湾へ渡ったC12ことCK124蒸気機関車が、インド製旧型客車牽引したイベント列車が6日間運行された。訪問した8月16日・17日の編成は、車埕方よりCK124蒸気機関車+TP32200客車4輌+R40ディーゼル機関車で力強い走行が数多く見られた。
石川義貴(東京都)
2014_08_17_ishikawa_yoshitaka001.jpg
久々のEF65牽引での試運転。
'14.8.17 東北本線 東大宮―蓮田
 8月16・17日に、尾久~黒磯~上野~尾久間にて尾久車両センター所属の24系客車(6輌)を使用した試運転(通称「黒磯訓練」)が行われた。牽引機は田端運転所所属のEF65 1102号機が牽引をした。なおEF65での牽引は、昨年の10月・11月に行われて以来およそ9ヶ月ぶりの牽引となった。
加古卓也(愛知県)
2014_08_17_kako_takuya001.jpg
キハ40系5連が行く。
'14.8.17 紀勢本線 多気―相可 P:加古卓也
2014_08_17_hashimoto_atsushi001.jpg 晴天の紀勢本線を走行するツートン5連。
'14.8.17 紀勢本線 多気―相可 P:橋本 淳
 紀州の夏の風物詩である熊野花火大会開催に際し、8月17日にJR東海気動車による花火輸送臨時列車が運行された。中でも注目されたのは今年最後の抜擢とされるキハ40系であるが、5連の運用はローカル色のみで統一され編成美を見せてくれた。当日は曇り模様の中で時折晴れ間が出るというめまぐるしい天候であったが多くのファンが撮影に訪れていた。編成は新宮方からキハ48 3812+キハ48 6812+キハ40 6309+キハ40 3005+キハ48 6502。
山田 優(香川県)
2014_08_17_yamada_yuu001.jpg
ことでんオリジナル旧型3連120+300+500。
'14.8.17 高松琴平電気鉄道琴平線 羽間―榎井
 8月17日、高松琴平電気鉄道琴平線高松築港~琴電琴平間を一往復、ことでんオリジナルの旧型3連が走行した。編成は琴電琴平方から120号+300号+500号で、ヘッドマークも掲出された。
稲田耕三(兵庫県)
2014_08_16_inada_kouzou001.jpg
大阪から宮原まで回送される583系。
'14.8.16 東海道本線 大阪―塚本
 甲子園野球場で行われている全国高等学校野球選手権大会に出場する秋田県立角館高等学校の応援列車が運行された。本来は、8月14日に来阪予定であったが、雨のために2日順延され16日となった。
丹羽拓也(兵庫県)
2014_08_15_niwa_takuya001.jpg
EF64 1046+EF64 1010+タキ13輌の6883レ。
'14.8.15 中央本線 大桑―須原
 8月15日、中央西線にて6883レが運転された。毎年、12月から3月くらいまでの冬季限定の列車であるが、極まれにその期間以外に運転されることがあり、お盆期間の石油輸送の何らかの調整で運転されたのではないかと思われる。EF64 1046(広島更新機)とEF64 1010(大宮更新機)がタキ13輌を牽引した。
吉永昂弘(山口県)
2014_08_15_yosinaga_takahiro001.jpg
35周年記念ヘッドマークを掲げ山口線を疾走するC56。
'14.8.15 山口線 名草―地福
 C57 1号機の不具合発生によりDLでの代走が続いていたSL〈やまぐち〉号が、8月15日よりC56 160号機による牽引で新山口~地福間で運転を再開した。
 C56 160+DD51 1043+レトロ客車5輌編成で、機関車の先頭にはSL〈やまぐち〉号復活運転35周年記念の特製ヘッドマークが掲出された。復路は、山口線が地福駅折り返しとなっているため、DL〈やまぐち〉号としてDD51が先頭でC56と重連運転を行なっている。
 8月23日からは、山口線全線運転再開に伴い新山口~津和野間での通常運行に戻る予定となっている。
向山尚樹(長野県)
2014_08_15_kouyama_naoki002.jpg
恒例となったE233系の応援。今年も信濃路に登場した。
'14.8.15 中央本線 富士見―すずらんの里 P:向山尚樹
2014_08_15_takashima_dai001.jpg 編成は東京方がN29、長野方がN9編成となった。
'14.8.15 中央本線 富士見―すずらんの里 P:高島 大
 8月15日、「第66回 諏訪湖祭湖上花火大会」開催に伴い、中央本線では例年通り花火大会前後の時間帯において列車の増発や運用変更が行なわれた。豊田車両センター所属のE233系青464・青665編成が応援に駆けつけた。また今年3月改正以降、定期運用では中央本線への乗り入れが激減した長野総合車両センター所属の115系N編成も一部の列車に投入されたが、その中には湘南色のN9編成も含まれており、注目を集めた。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2014年8月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.