鉄道ホビダス

2014年5月19日アーカイブ

河澄拓哉(栃木県)
2014_05_17_kawasumi_takuya001.jpg
一堂に並んだ新幹線。東日本ならではのレパートリー。
'14.5.17 新潟新幹線車両センター
2014_05_17_kawasumi_takuya002.jpg JR化後にデビューした形式で揃えられた機関車たち。
'14.5.17 東新潟機関区
 JR東日本とJR貨物は新潟デスティネーションキャンペーンの一環として、5月17日に新潟新幹線車両センターと東新潟機関区をそれぞれ一般公開した。展示された新幹線はE926形とE2系からE7系までのそれぞれの形式で、E2系はN編成が、E3系はR編成が展示された。同編成は廃車前提の疎開されており今後解体される模様で最後の花道となった。また機関車側はEF510の0番代と500番代、EH200が揃って展示され、このほかEF81とDE10においては体験乗車が実施され、両会場とも家族連れのファンで賑わっていた。両会場は敷地が隣り合わせなこともあり旅客会社と貨物会社の垣根を越えた連携イベントのため今後もぜひ実施して貰いたいところである。
鈴木岳人(埼玉県)
2014_05_17_ suzuki_taketo002.jpg
デキ103をはじめとする秩父鉄道が誇る電気機関車群。
'14.5.17 広瀬川原車両基地
2014_05_17_ suzuki_taketo004.jpg C58牽引による貨物列車の模擬運転。
'14.5.17 広瀬川原車両基地
 5月17日(土)に、広瀬川原車両基地において、「2014わくわく鉄道フェスタ」を開催した。当日は車両基地までの臨時列車が運行された。車輌展示ではデキ103をはじめとする秩父鉄道が誇る電気機関車群や、7500系などの多数の車輌が公開された。今年は特にC58による貨物列車の展示運転が行われ1970年代に逆戻りしたようだった。またステージイベントも充実しており、ローカル戦士センガタンをはじめとするヒーローショー等も行われ多数の入場者でにぎわった。
鵜飼輝之(愛知県)
2014_05_16_ukai_teruyuki001.jpg
国鉄色DE10による、鶴舞線N3000形甲種が実現。
'14.5.16 日本車輌豊川工場専用線(踏切より撮影)
 5月16日、日本車輌にて落成された名古屋市営地下鉄鶴舞線N3000形N3104編成が、豊川から笠寺まで甲種輸送された。N3000形は2011年度より毎年1編成ペースで増備されており、今回で4編成目となる。なお、牽引機は愛知機関区DE10 1517号機が充当された。
須藤佑介(東京都)
2014_05_16_sudou_yuusuke001.jpg
東北本線のお立ち台を行く。
'14.5.16 東北本線 東大宮―蓮田
 5月16日、24系6輌による乗務員訓練が尾久~黒磯~上野~尾久の行程で実施された。牽引機は田端運転所所属のEF81 133であった。
河澄拓哉(栃木県)
2014_05_15_kawasumi_takuya001.jpg
久々に日光路へ足を運ぶ185系〈踊り子〉色編成。
'14.5.15 日光線 鶴田―鹿沼
 毎年初夏の訪れとともに運転されている日光線修学旅行臨だが昨年まで活躍していた189系から主力編成が185系へ移行し、今年も学生たちを乗せて活躍している。そんな中で先月大宮工場にて斜めストライプの〈踊り子〉色に復元されたB7編成が5月15日に初めて日光線に入線した。同カラーの185系は過去に特急〈日光〉号として季節臨で使用されていたが近年は入線実績がなく、また混結色の併合運転としても初めて日光線に入るパターンとなるためファンにとっても目新しい話題となった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2014年5月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.