鉄道ホビダス

【JR西】北陸新幹線W7系第1編成金沢港に陸揚げ

宮島昌之(石川県)
2014_04_11_miyajima_masasyuki001.jpg
貨物船から姿を見せたW7系グランクラス車。
'14.4.11 石川県金沢市(敷地外公道より撮影)
2014_04_11_miyajima_masayuki002.jpg 多くの関係者や報道陣が見守る中、作業が行われた。
'14.4.11 石川県金沢市(敷地外公道より撮影)
 来年春の金沢開業が迫る北陸新幹線で使用されるJR西日本の新型車輌W7系の第1編成が完成し、所属基地の白山総合車両所へ向け海路により輸送が行われ、4月10日に最寄港となる金沢港に接岸、翌11日朝より陸揚げ作業が始まった。最初に12号車(グランクラス)の車輌が2台の大型クレーン車で吊り上げられ、待機していた大型トレーラーに載せられた。同港では、来賓や地元園児が出席のもと「W7系第1編成金沢港入港歓迎式典」が執り行われ、新幹線車輌のお披露目と石川県初上陸を祝った。今回輸送されたのは7号車~12号車と思われる6輌で、同7日に製造元の川崎重工(神戸)より搬出作業が行われ、艀に積み込まれた。その後、神戸港にて貨物船3隻に2輌づつ積み替えられ、瀬戸内海から関門海峡を通り日本海を北上、金沢港に接岸した。今後随時陸揚げが行われ、深夜陸送にて白山総合車両所まで運ばれるものと思われる。

2014年4月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ