鉄道ホビダス
  • TOP
  • RMニュース
  • 【のと鉄道】「花咲くいろは」ラッピング2輌による花見客輸送

【のと鉄道】「花咲くいろは」ラッピング2輌による花見客輸送

宮島昌之(石川県)
2014_04_13_miyajima_masayuki002.jpg
満開の桜トンネルをくぐる「花いろ」ラッピング逆向き2輌。
'14.4.13 のと鉄道七尾線 能登鹿島
 4月13日、のと鉄道七尾線で人気の「花咲くいろは」ラッピング車による逆向き2輌(穴水方よりNT202+NT201)が、日中の定期列車に立て続けで3往復運用に入った。これまで現地で確認できたのは132D~139Dまでの3往復で、のと鉄道発表の車輌運用予定には、日中の運用に2輌とも含まれていなかったが、同週末に沿線各駅に植えられている桜(ソメイヨシノ)の花がほぼ満開を迎えていて、能登鹿島駅など多くの見物客が訪れていることから、桜の花がイメージされている同ラッピング車2輌を、花見客輸送に抜擢したものと考えられる。同日にはNT213(「のとりあーな」ラッピング)使用の団体臨時列車も運転されるなど、沿線は賑わいを見せていた。

2014年4月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ