鉄道ホビダス

2014年4月16日アーカイブ

河澄拓哉(栃木県)
2014_04_15_kawasumi_takuya001.jpg
上越路の名所を駆け抜け新潟を目指すE7系。
'14.4.15 上越新幹線 高崎―上毛高原
 北陸新幹線用に開発され、〈あさま〉での営業運転をこなす話題の最新鋭車輌E7系だが4月15日から16日にかけて上越新幹線の新潟第一運転所まで初入線した。今回は設備確認のための試験入線となり当日はF5編成が使用された。今後新潟新幹線車両センターにおいてもE7系の各種メンテナンスが行えるよう対応するために実施されたものと思われる。
古橋佑介(千葉県)
2014_04_15_furuhashi_yuusuke001.jpg
気持ちの良い青空の下訓練が実施される。
'14.4.15 磐越西線 喜多方―山都
 4月15日、磐越西線新津~会津若松間にて12系〈SLばんえつ物語〉用客車7輌を使用した試運転が実施された。牽引機は長岡車両センター所属のDE10 1700であった。この試運転は乗務員訓練が目的と思われ、今月8~10日にも実施されている。
藤巻貴洋(静岡県)
2014_04_16_fujimaki_takahiro001.jpg
輸送される京浜急行1000形。
'14.4.16 東海道本線 新蒲原―富士川
 4月15日から16日にかけて、川崎重工業で製造された京浜急行1000形6輌の甲種輸送が兵庫~逗子間で行われた。吹田貨物ターミナルからはEF65 2101が牽引に充当された。
鵜飼輝之(愛知県)
2014_04_15_ugai_teruyuki001.jpg
本線復帰後、早々に注目運用入りした32号機。
'14.4.15 東海道本線 稲沢―清洲
 4月15日、吹田機関区EF66 32号機がホキによる石灰石輸送便5780レの牽引に充当された。同機がこの運用に当たるのは今月の本線復帰後、初めてのことと思わる。またEF66 32号機が4月より本線復帰したことにより、一時は稼働機が2輌まで減っていたEF66 0番代も、現在は9輌まで増えたことになる。
中井 努(三重県)
2014_04_14_nakai_tsutomu001.jpg
松阪駅停車中の原色DD牽引のヨ+シキ800C。
'14.4.14 紀勢本線 松阪
 シキ800C+ヨ8000が、川崎貨物~多気間で回送された。4月14日の稲沢~多気間の牽引機は原色のDD51 899であった。シキは、翌朝多気からD351の牽引でダイヘンまで回送されている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2014年4月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.