鉄道ホビダス

2014年4月 3日アーカイブ

高島 大(山梨県)
2014_04_02_takashima_dai001.jpg
満開の桜に負けない色鮮やかなEF81 95と"ゆうマニ"。
'14.4.2 東北本線 赤羽―浦和
 4月2日、マニ50 2186が秋田へ配給輸送された。701系の輸送に伴う回送と思われる。牽引機はEF81 95であった。
石井大智(山梨県)
2014_04_02_ishii_daichi001.jpg
夜の大月駅で発車を待つ。
'14.4.2 中央本線 大月
 長野総合車両センターに所属する6輌固定のC編成の中で、C1編成が横須賀色(通称"山スカ")に塗色変更された。3月25日に長野~黒姫間で試運転を実施し、翌26日の篠ノ井線1236Mより運用を開始している。6輌固定の横須賀色の編成は、豊田車両センターに所属していた115系M40編成があったものの、うち3輌が廃車されてしまったため、このC1編成が唯一の6輌固定編成となる。また、JRマークが無くなり、車内の号車札が昔使用していたものが差し込まれるなど、国鉄時代を思わせる編成となっている。
鵜飼輝之(愛知県)
2014_04_01_ugai_teruyuki001.jpg
昨夏以来となる、EF66 27号機の牽引が実現した。
'14.4.1 東海道本線 枇杷島―清洲
 4月1日から2日にかけて、EF66 27号機が石灰石輸送貨物(5783~5782~5781~5780)を牽引した。全国的にも希少となっている石灰石輸送貨物であるが、今春のダイヤ改正後も定期便は吹田機関区EF66の運用と変更はなく、これからもEF66 0番代が赤ホキを牽引する姿を見ることができそうだ。なお、この運用をEF66 27号機が牽引するのは昨夏以来と思われる。
加藤弘樹(神奈川県)
2014_03_30_katou_hiroki001.jpg
30日新宿発にはT18編成が充当された。
'14.3.30 山手貨物線 新宿
 3月20日から運転された、新宿~新潟間の快速〈ムーンライトえちご〉号が31日発車分を持って運転を終了した。なお、4月4日からの列車名は〈えちご春の夜空号〉となっているため、夏以降の運転計画やヘッドマークデザインが注目される。
高島 大(山梨県)
2014_03_26_takashima_dai001.jpg
今シーズンの仕事も終えて古巣への帰り。
'14.3.26 信越本線 青海川―鯨波
 3月26日、今シーズンの冬季体制の終了に伴い直江津に常駐していたDD14 327とDD14 332が所属の長岡車両センターに自力回送された。2015年春には北陸新幹線開業に伴う信越本線のえちごトキめき鉄道としなの鉄道への引き継ぎが行われる予定となっており、同車の今後の動きが注目される。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2014年4月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.