鉄道ホビダス

2014年4月 1日アーカイブ

藤原 健(大阪府)
2014_03_31_fujiwara_ken001.jpg
向日町操付近以外を走るシーンは最近では珍しくなった。
'14.3.31 東海道本線 長岡京―山崎
 3月31日の早朝、吹田総合車両所京都支所所属の配給車であるクモル145系2輌編成(クモル145-1015+クル144-5)が吹田総合車両所に入場した。去年の11月に出場したばかりの車輌であるが再び検査のための入場と思われる。
大島哲也(富山県)
2014_03_30_ooshima_tetsuya001.jpg
"ダブルデッカーエキスプレス"と並ぶクハ174。
'14.3.30 富山地方鉄道 稲荷町車両基地
 富山地方鉄道では、3月31日をもって廃車となるクハ174の撮影会「174号雄姿撮影会」が開催された。会場の稲荷町車両基地では、"アルプスエキスプレス"や"ダブルデッカーエキスプレス"のとの並びやクハ174に各種ヘッドマークを付けての撮影会、クハ174とモハ10026の連結・切離シーン等の撮影会が行われた。
三谷洋介(京都府)
2014_03_30_mitani_yousyuke001.jpg
悪天候の中でのデビューとなった。
'14.3.30 阪急電鉄京都本線 西向日―長岡天神
 3月30日、阪急1300系が営業運転を開始した。梅田方・河原町方両端に共通のヘッドマークが掲出され、梅田14時30分発の特急河原町行きから運用に入った。1300系の導入により、今後2300系の去就が注目される。
井上遼一(大阪府)
2014_03_30_inoue_ryouichi001.jpg
雨の中2枚の副標を掲出して走る8000系〈洛楽〉。
'14.3.30 京阪電気鉄道京阪本線 寝屋川市
 京阪電気鉄道では、春の行楽シーズンにあわせ臨時快速特急〈洛楽〉が、3月21日~5月6日までの土・祝・休日に淀屋橋~出町柳間で運転されている。今春から上り(出町柳行き)の運転本数が2本から3本に増加したほか、新たに下り(淀屋橋行き)が2本運転されている。なお、5月6日までの予定で特急用車輌8000系全編成に樟葉モールのリニューアルオープンをPRするヘッドマークが掲出されていることから、今春の〈洛楽〉については全列車が2枚の副標を掲出して走る姿を見ることができる。
福田智志(埼玉県)
2014_03_30_fukuda_satoshi002.jpg 更新された前面とセイジクリームの組み合わせは初めて。
'14.3.30 東武鉄道越生線 川角
  2014_03_30_fukuda_satoshi003.jpg 車内のシートも当時の茶色のシートにリバイバルされた。
'14.3.30 東武鉄道越生線 越生
 東武鉄道は、東上線の開業100周年を記念して、8000系の81111Fをセイジクリームにリバイバルして3月29日から営業運転を開始した。この塗装の8000系が復活するのは約30年ぶりのことであり、また更新された前面との組み合わせは今回初めて実現した。外観のみならず車内においても当時の茶色のシートが復刻されており、前面の形状が異なるものの懐かしい姿が再現されている。81111Fは前面に東上線100周年記念ヘッドマークを掲出して運転、主に東上線の小川町~寄居間と越生線の坂戸~越生間で運転される。
上田 稔(茨城県)
2014_03_29_ueda_minoru001.jpg
記念ヘッドマーク付きでC12 66が先頭に立つ。
'14.3.29 真岡鐵道真岡線 多田羅―市塙
 真岡鐵道では、この度SL運行20周年を迎えたのを記念して3月29日にSL重連運転が実施された。重連運転区間は下り下館~茂木間、上り茂木~真岡間で、真岡~下館間はDLとのプッシュプル運転となった。特製ヘッドマークが掲出され、重連の先頭は下りC12 66、上りC11 325がそれぞれ務めた。
石川義貴(東京都)
2014_03_29_ishikawa_yoshitaka001.jpg
初入線となる南武線を行く"きらきらうえつ"。
'14.3.29 南武線 尻手
 3月29日、団体臨時列車〈ジョイフルトレイン「きらきらうえつ」で行く春の伊豆と江間いちご狩り号〉が立川~熱海間で運転された。なお、"きらきらうえつ"が関東地区にやってきたのは2009年に運転された〈きらきらヨコハマ号〉以来5年ぶりとなり、南武線・南武支線と東海道線の小田原~熱海間は今回が初入線となる。
西 陽介(神奈川県)
2014_03_29_nishi_yousuke001.jpg
最後の運転会はブレーキにくせのある第1編成が使用された。
'14.3.29 横浜シーサイドライン シーサイドライン車両基地
 3月1から29日の土曜・祝日の6日間、シーサイドライン車両基地にて1000型の第1編成を使用したサヨナラ運転会が開催された。1000型車輌は次回のサヨナラ企画を最後に引退する予定となっている。
佐藤啓太郎(神奈川県)
2014_03_29_satou_keitarou001.jpg
荒川を渡る8111F"たびじ"。
'14.3.29 東武鉄道伊勢崎線 小菅
 3月29日、鉄道友の会東京支部創立50周年記念行事の一環として8111Fを用いた団体列車が運転された。往路は北千住~北春日部間で運転され、午前中は北春日部車両基地で同編成の写真撮影会が行われた。復路は北春日部から記念式典会場である東武博物館の最寄駅である東向島まで客扱いを行った。なお往復とも種別表示幕は白抜きで「団体専用」、行先表示幕は"たびじ"とされていた。
崎山喜一朗(東京都)
2014_03_29_sakityama_kiichirou001.jpg
並べなれた1773Fと1757F。
'14.3.29 京王電鉄 富士見ヶ丘車両基地
2014_03_29_sakiyama_kiichirou002.jpg 車体つり上げに使われたクハ1756。
'14.3.29 京王電鉄 富士見ヶ丘車両基地
 3月29日、京王電鉄で「富士見ヶ丘車両基地一日開放」が開催された。このイベントでは、1000系1729Fレインボーカラーを使った洗車体験乗車や車体つり上げ、運転室見学、物品販売などが行われた。なお、この「富士見ヶ丘車両基地一日開放」は2年ぶりの開催となった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2014年4月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.