鉄道ホビダス

JR貨+南海】南海電鉄8000系甲種輸送

大谷真弘(静岡県)
2014_03_04_itou_taisyou001.jpg
今年度もまた南海に新車が導入される。
'14.3.4 横須賀線 鎌倉―逗子 P:伊藤大翔
2014_03_04_kitamura_takumi001.jpg EF65に牽引され、和歌山市を目指す南海8000系。
'14.3.4 横須賀線 新川崎 P:北村拓巳
2014_03_05_ootani_masahiro001.jpg 雨の中、南海電鉄8000系4輌×2本が甲種輸送された。
'14.3.5 東海道本線 菊川―掛川 P:大谷真弘
 3月4日から3月6日にかけて、総合車両製作所で新製された南海電鉄8000系4輌×2本(8010+8011編成)が逗子~和歌山市間で甲種輸送された。牽引機は、逗子~新鶴見(信)間が新鶴見機関区川崎派出のDE10 1556、新鶴見(信)~横浜羽沢間が新鶴見機関区EF65 2095、横浜羽沢からは新鶴見機関区EF65 2092がそれぞれ牽引した。なお、編成は機関車次位から8011、8861、8811、8111、8010、8810、8860、8110であった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2014年3月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.