鉄道ホビダス

2014年3月28日アーカイブ

船寺良紀(大阪府)
2014_03_28_hunadera_ryouki001.jpg
改番機までもが帰らぬ旅へ。
'14.3.28 北方貨物線 吹田信号場―宮原操車場
 3月27日富山発の配6550レから28日吹田発の2077列車次位無動で、富山機関区のEF81 633号機が広島車両所へ回送された。廃車のためと思われる。当機は昨年末にEF510-511号機と入れ替わりで運用を離れており、1か月ほど東新潟にて訓練に使用されたのち、今回の回送となった。EF81改番機の廃車は当機が初となる見込みで、今後の動きが注目される。
小川慈人(兵庫県)
2014_03_27_ogawa_shigeto002.jpg
夕暮れ迫る加古川駅を東へ向かう配給列車。
'14.3.27 山陽本線 加古川
 3月27日、亀山鉄道部所属のキハ120 16が網干総合車両所で検査を終え、EF65 1128に牽引され所属先へ回送された。
久保田健一(神奈川県)
2014_03_27_kubota_kenichi001.jpg
EF64 1030に牽引され、新津車両製作所製のE233系が行く。
'14.3.27 上越線 渋川―八木原
 すでに発表にあるように、平成6年秋から首都圏地区を中心として209系やE217系、E231系、E233系のほか近年は私鉄車輌など約4000輌超の新造を手がけてきたJR東日本新津車両製作所であるが、会社組織の変更により4月1日からは、グループ会社のJ-TRECに新造の業務を譲渡する予定となっている。新津車両製作所としての最終落成車となると思われる横浜線向けのE233系6000番代のH007編成(クハE233-6007以下8輌)が信越線内での公式試運転を経て、3月27日に所属先の鎌倉車両センターに向け配給輸送された。
関連記事:【JR東】横浜線用E233系H006編成配給列車運転
青木拓斗(東京都)
2014_03_27_aoki_takuto001.jpg
雨の降る中、営業運転に向けて最終確認。
'14.3.27 京王電鉄相模原線 京王堀之内
 3月27日、大規模改修をし更新された京王8000系8703Fが若葉台工場を出場し試運転を行った。主な更新内容は10輌貫通化に伴う一部車番変更、ドア交換、座席モケットの変更である。なお、制御機器の更新は行われていない模様だ。
鈴木綾一(東京都)
2014_03_25_suzuki_ryouichi001.jpg
重連ながら非総括のため両機のパンタは4つとも上がっている。
'14.3.27 南武線 西府
 今改正から愛知区のEF641000番代と高崎区のEH200との重連で話題となっている83レだが、3月27日には国鉄色のEF64 1014が先頭にたった。
大野貴行(埼玉県)
2014_03_25_oono_takayuki002.jpg 久々の本線走行は長野への旅路となってしまった。
'14.3.25 京葉線 南船橋
2014_03_25_oono_takayuki001.jpg 長らく動きのなかったE331系がついに長野へ旅立った。
'14.3.25 中央本線 国立
  3月25日、京葉車両センター所属E331系AK1編成の配給輸送が、新習志野~長野総合車両センター間で実施された。同編成は2011年1月16日の営業運転を最後に運用を離脱、以降は所属区構内に留まり再び営業運転に就くことはことは無かった。なお、牽引機は全区間で長岡車両センター所属EF64 1031が充当された。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2014年3月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.