鉄道ホビダス

2014年3月18日アーカイブ

和田直人(神奈川県)
2014_03_15_wada_naoto003.jpg
京阪3000系テレビカーデジタル動態保存。
'14.3.15 京阪くずはモール SANZEN-HIROBA
 3月12日に京阪樟葉駅前のくずはモールがグランドオープンし、 その中に京阪初のミュージアムゾーン「SANZEN-HIROBA」が開設された。その中に昨年3月に引退したテレビカー3505号車がデジタル保存されている。運転席前面に走行シーンを映し出し、走行している車輌に乗っている感覚を体験できる仕組みになっている。パネルやヘッドマークなども展示されており、京阪ファンには嬉しいミュージアム施設となっている。
松下範彦(兵庫県)
2014_03_16_matsushita_norihiko001.jpg
3000系から最新の1000系まで7形式が並ぶ姿は壮観。
'14.3.16  阪急電鉄 平井車庫
 3月16日小学生以下とその保護者を対象とした阪急宝塚線の事前申込みイベント、「1000系でECO(いこー!)平井車庫の旅2014」が開催された。イベント当選者は1000系1001編成に梅田駅から乗り込み、平井車庫へ向かい、数々のイベントが行われた。特筆するのは、宝塚線に所属する全ての形式が製造順に並べられ、撮影会が行われたことである。
和田直人(神奈川県)
2014_03_15_wada_naoto001.jpg
「おかげさまで環状運転50周年」のヘッドマークを掲出。
'14.3.15 大阪環状線 野田
  大阪環状線は1964年3月22日に大阪~福島間の複線化により環状運転が開始されて今年で50周年になる。それを記念してヘッドマークが掲出されている。現在、「ICOCA10周年」、「交通科学博物館閉館」とともに3種類のヘッドマークが大阪環状線内で見られ、ファンの注目を浴びている。
野田吉秀(北海道)
2014_03_15_noda_yoshihide001.jpg
掻く雪が無いにもかかわらずウィング開で進行。
'14.3.15 宗谷本線 勇知―兜沼
 昨年12月中旬より今シーズンの運行を開始した宗谷本線定期排雪列車"宗谷ラッセル"が今シーズン最後の運行を行った。今シーズンは昨年に比べ降雪量が少なく、特に北線北部では豪快に雪を掻く姿はあまり見られなかった。この日、稚内~幌延間までは4灯点灯に加え、撮影地ではウィングが開く場所もあり、ファンを喜ばせた。最終日はDE15 2521が担当した。
瀧澤 匠(栃木県)
2014_03_15_takizawa_takumi001.jpg
式典を終えて非電化区間の烏山へ出発進行。
'14.3.15 東北本線 宇都宮 P:瀧澤 匠
  2014_03_15_iwakata_kouichi001.jpg超満員のなか運行された一番列車。同形式への期待の高さがうかがい知れる。
'14.3.15 烏山線 烏山 P:岩片浩一
2014_03_16_kubota_kenichi001.jpg 丘陵地帯を最新タイプの電車、"ACCUM"が行く。
'14.3.15 烏山線 滝―小塙 P:久保田健一
 3月15日のダイヤ改正より栃木県の烏山線の非電化区間を走る蓄電池電車EV-E301系通称"ACCUM"(アキュム)が営業運転を開始した。初日となった15日には宇都宮駅8番線で出発式典が執り行われ、多くのファンや報道陣、来賓に祝福された。全国でも蓄電池電車の営業は初めてであり、栃木県の震災より厳しい現状を少しでも改善できる機会として、この"ACCUM"が栃木県の観光産業への貢献が期待されている。同日は烏山駅前通りでは運行開始を祝して「春の山あげ祭り」が開催された。
中井健人(埼玉県)
2014_03_15_takagashi_tooru001.jpg
通いなれた路線に最後の見納め。
'14.3.15 東北本線 浦和―赤羽 P:高橋 徹
2014_03_15_nakai_kento001.jpg 最後の定期列車が大勢のファンに迎えられながら上野駅へゆっくりと入線する。
'14.3.15 東北本線 上野 P:中井健人
2014_03_15_shikauchi_jyunkichi001.jpg 弘南鉄道ではラッセル車と〈あけぼの〉をクロスさせるイベントが行われた。
'14.3.15 奥羽本線 大鰐温泉―石川 P:鹿内淳吉
 上野~青森間を結ぶブルートレイン、寝台特急〈あけぼの〉号が3月15日のダイヤ改正に伴い3月14日の上野、青森発の列車をもって定期運転が終了し、43年余りの歴史に幕をおろした。なお今後は臨時列車としての運転が予定されている。
宮島昌之(石川県)
2014_03_15_miyajima_masayuki001.jpg
転落防止幌が印象的な3次車が営業運転を開始。
'14.3.15 北陸本線 野々市―松任
 昨年秋より追加増備が進められていた敦賀地域鉄道部所属の521系3次車(J編成)の各編成が、ダイヤ改正前日の14日より随時、北陸本線での普通列車運用に投入されている。中には3次車(先頭車間転落防止幌有り)と2次車(無し)の混結運転も確認された。
松岡宣彦(兵庫県)
2014_03_14_matsuoka_norihiko001.jpg
能勢電に咲く、早咲きの桜一輪。
'14.3.14 能勢電鉄妙見線 山下 P:松岡宣彦
2014_03_16_wada_naoto001.jpg 「春・あるばむ」のヘッドマークを付けた3100系3170F
'14.3.16 能勢電鉄妙見線 川西能勢口―絹延橋 P:和田直人
 3月13日ごろから能勢電鉄1751Fに「いながわ桜まつり」のヘッドマークが掲出されている。3月15日からの装飾電車のせでん春物語「春・あるばむ」とも相まって、今春も能勢電のヘッドマーク付き列車が賑わいを見せている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2014年3月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.