鉄道ホビダス

2014年3月 6日アーカイブ

手島歩夢(埼玉県)
2014_03_06_tejima_ayumu002.jpg
チキ8輌を牽引しやってきた。
'14.3.6 武蔵野線 東川口―東浦和
 3/6、高崎車両センター高崎支所所属のEF64 38が牽引する工臨が新小岩信号場~八王子間で運転された。荷はチキ8輌であった。
須藤佑介(東京都)
2014_03_06_sudou_yuusuke002.jpg
新小岩へと帰る。
'14.3.6 武蔵野線 南流山
 3月6日、宇都宮工臨返空が宇都宮~新小岩信号場間で運転された。牽引機は田端運転所所属のEF65 1103であった。
手島歩夢(埼玉県)
2014_03_06_tejima_ayumu001.jpg
晴天下、有名撮影地を通過する配給列車。
'14.3.6 武蔵野線 東川口―東浦和
 3月5日~6日にかけて、青森車両センター所属485系A1編成が、検査のため郡山総合車両センターへ入場した。配給列車の牽引は同所所属のEF81 136で、配給経路は青森~秋田~新津~長岡~高崎~大宮~田端操~南流山~大宮~宇都宮~郡山であった。
春風直樹(兵庫県)
2014_03_06_harukaze_naoki001.jpg
久々に本線を走行する21号機。
'14.3.6 山陽本線 姫路―御着
 3月4日、吹田機関区に所属するEF66 21が57列車にて運用復帰を果たした。昨年に台車検査を受け、広島車両所を出場していたがしばらくの間岡山機関区や吹田機関区にて留置されていた。3月6日には吹田機関区EF210の代走として5070列車を牽引した。
宮島昌之(石川県)
2014_03_05_miyajima_masayuki001.jpg
駅側線に雪を積み上げ、設けた積雪区間を走行。
'14.3.5 北陸本線 石動(現場作業員に許可を得て撮影)
 3月5日、導入発表まもないJR西日本の新型除雪車輌キヤ143形、キヤ143-1を使用した排雪試運転が、北陸本線の石動駅構内で行われた。上りホーム3番線横の側線に雪を積み上げ、その上を走行さるもので、ラッセル翼の動作確認など、実働に合わせた試運転を行ったものとみられる。構内の雪は全て溶け無いため、この雪は前日までに山岳部より運び込まれたものと思われる。なお、この試運転に伴い同駅の3番線は一時閉鎖扱いとした模様で、同駅で特急退避の予定だった上り普通列車のダイヤの変更も行われた。 
関連記事:JR貨JR西】キヤ143形甲種輸送される
     (最新鉄道情報)新型ラッセル車輌の投入について
大谷真弘(静岡県)
2014_03_04_itou_taisyou001.jpg
今年度もまた南海に新車が導入される。
'14.3.4 横須賀線 鎌倉―逗子 P:伊藤大翔
2014_03_04_kitamura_takumi001.jpg EF65に牽引され、和歌山市を目指す南海8000系。
'14.3.4 横須賀線 新川崎 P:北村拓巳
2014_03_05_ootani_masahiro001.jpg 雨の中、南海電鉄8000系4輌×2本が甲種輸送された。
'14.3.5 東海道本線 菊川―掛川 P:大谷真弘
 3月4日から3月6日にかけて、総合車両製作所で新製された南海電鉄8000系4輌×2本(8010+8011編成)が逗子~和歌山市間で甲種輸送された。牽引機は、逗子~新鶴見(信)間が新鶴見機関区川崎派出のDE10 1556、新鶴見(信)~横浜羽沢間が新鶴見機関区EF65 2095、横浜羽沢からは新鶴見機関区EF65 2092がそれぞれ牽引した。なお、編成は機関車次位から8011、8861、8811、8111、8010、8810、8860、8110であった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2014年3月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.