鉄道ホビダス

2014年1月 6日アーカイブ

大下秀幸(山口県)
2014_01_01_ooshita_hideyuki001.jpg
昨年に続き「賀正」ヘッドマークが掲出された。
'14.1.1  山口線 宮野―仁保 P:大下秀幸
2014_01_03_kaneishi_hiroyuki001.jpg 昨年と同様のHMが掲出された。
'14.1.3  山口線 長門峡―渡川 P:兼石洋之
 1月1日から3日までの3日間、山口線恒例のSL〈津和野稲成〉号が新山口―地福間で片道のみ運転された。先月21日に運転された〈SLクリスマス〉号と同じく、C56 160がDD51 1043との重連で12系レトロ客車3輌を牽引。C56には昨年に続き赤色を基調とした「賀正」のヘッドマークが掲出された。

【西鉄】正月ダイヤ実施

藤岡佑樹(佐賀県)
2014_01_01_fujioka_yuuki001.jpg
可愛らしい「千梅ちゃん」が太宰府へ導く。
'14.1.1 西日本鉄道天神大牟田線 大橋
 西日本鉄道では毎年1月1日から3日にかけて土休日ダイヤをベースとした正月ダイヤを実施している。日中ダイヤでは福岡天神~太宰府を直通運転する臨時急行〈初詣号〉が5000形6輌編成により運行されており、ヘッドマークを掲出している。なお、2014年よりヘッドマークには太宰府市観光宣伝隊長「千梅ちゃん」がデザインされたものへ変更されている。
豊嶋達也(千葉県)
2014_01_01_ toyoshima_tatsuya001.jpg
久々に見られた日中の交換風景。
'14.1.1 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 笠上黒生
 銚子電気鉄道では2014年1月1日~3日まで多客対応の為、臨時列車を運行した。このうち、1月1日は午前4時過ぎから10時過ぎまで銚子~犬吠間で折り返し、増発で対応した。また、昨年11月21日より減便ダイヤが施行されたが1月1日~3日までは午前6時過ぎから午後4時過ぎまで笠上黒生駅での列車交換風景がみられた。
青木拓斗(東京都)
2014_01_01_aoki_takuto001.jpg
初詣に便利な列車〈迎光号〉。
'14.1.1 京王電鉄京王線 明大前 P:青木拓斗
2014_01_01_miyagawa_masaki001.jpg 都営線からの直通は「2014新春」ヘッドマークの10-220F。
'14.1.1 京王電鉄京王線 明大前 P:宮川政樹
 京王電鉄と東京都交通局では毎年恒例となっている高尾山の初詣などに便利な〈迎光号〉を運転した。昨年と運行形態は変わらず急行3本と特急1本の運転だった。今年は1本目の急行に10-220F、2本目の急行に9732F、3本目の特急に7726F、4本目の急行に8713Fが充当した。
天本 翼(神奈川県)
2013_12_31_amanmoto_tsubasa001.jpg
上野で出発を待つ。出発後、約2時間かけて水上へ。
'13.12.31 高崎線 上野
 12月29日から31日にかけて臨時特急〈水上91号〉が上野-水上間で運転された。運転最終日の12月31日は185系OM03編成6輌が使用され、オリジナルの愛称絵幕を掲出し、年内最後の高崎線・上越線を駆け抜けた。
臼井 楽(東京都)
2013_12_29_usui_gaku001.jpg
現役のキハ58系として今後の活躍に期待したい。
'13.12.29 山田線 盛岡
 2013年12月28日~31日、2014年1月3日~5日に盛岡~宮古で〈ふるさと宮古号〉が運転された。使用車両は例年通り盛岡車両センターのキハ58系"Kenji"であった。"Kenji"は緑色がベースの塗色で活躍していたが12月半ばに検査出場し、青色がベースの塗色に変更された。JRでは唯一現役のキハ58系で動向が注目されていたが、塗装変更に伴いこれからしばらくは活躍が期待できそうだ。
後藤篤史(千葉県)
2013_12_26_gotou_atsushi001.jpg
京成千葉線入線から7年たちました。
'13.12.26 新京成電鉄 三咲―二和向台
 新京成電鉄では、2013年12月10日から8000形8510編成に京成千葉線との直通運転7周年に合わせ「直通運転7周年記念」ヘッドマークを掲出している。
和田直人(神奈川県)
2013_12_30_wada_naoto001.jpg
午年のHMを付けた能勢電鉄1500系。
'13.12.30 能勢電鉄 日生中央―山下
  能勢電鉄では、阪急と同図案の2014年初詣ヘッドマークを掲出した。今年は秋に行われたデコルヘッドマークが実車に取り付けられている関係で、初詣HMは1500系1編成、1700系2編成のみとなっている。
中司朔良(兵庫県)
2013_12_27_nakatsuka_sakuyoshi001.jpg
「初詣」マーク掲出編成同士の離合。
'13.12.27 阪急電鉄宝塚本線 十三
 阪急電鉄では、年末年始恒例のヘッドマーク「初詣」を、3本線各5編成に掲出している。掲出は1月7日までの予定。年末年始は毎年「初詣」と「西国七福神めぐり」2種のヘッドマークが掲出されるが、本年はこの他「西山天王山開業」及び「宝塚歌劇100周年」計4種のヘッドマークが併存している。
藤原 健(大阪府)
2013_12_30_fujiwara_ken001.jpg
去年よりも見やすい位置に止まったDD51。
'13.12.30 関西本線 天王寺
 年末年始の時期に恒例となっている保安目的の単機列車の運行が12月29日から始まった。機関車はDD51 1183号機を使用。今回は経路が少し変えられて運行されている。宮原操を出発した後、一旦桜島線の安治川口に送り込まれる。そして大阪環状線に戻り天王寺に向かい、その後は例年通りの関西~おおさか東~城東貨物線の経由で保安列車が運行された模様である。
海老澤瑛一(埼玉県)
2013_12_30_ebisawa_eiichi001.jpg
西日を浴びて国鉄特急色が輝く。
'13.12.30 中央本線 高円寺 P:海老澤瑛一
 12月30日と31日の2日間、豊田車両センター所属の189系M51編成による臨時特急〈あずさ85号〉が運転された。当日は長野車両センター所属の189系N104編成による臨時特急〈あずさ87号〉も運転されたため、沿線には多くの鉄道ファンがカメラを構えていた。
近藤規夫(神奈川県)
2013_12_28_kondou_norio001.jpg
幕張車引退で最後の旧あずさ色となった。
'13.12.28 中央本線 日野―豊田
 〈ホリデー快速富士山1・2〉号は、11月30日より豊田車両センター所属で国鉄色の189系M52編成で運行されていたが、12月28日より従前の旧あずさ色を纏うM50編成が復帰した。同編成は、11月下旬から大宮車両センターに入場しており、12月25日に出場していた。モハ188・189-44ユニットが検査対象だった模様で、足回りが綺麗になっていた。
石原幸司(北海道)
2013_12_28_ishihara_kouji001.jpg
久しぶりのB更新重連が2082レを牽引。
'13.12.28 千歳線 植苗
 12月28日、札幌貨物ターミナル発苫小牧貨物行きの2082列車を鷲別機関区のDD51重連が代走した。所定はDF200牽引であるが、石北臨貨の年内運転が終了した為、DD51の鷲別機関区へ帰区を兼ねた代走と思われる。

【JR貨】8056列車にEF66 27充当

原田敬司(兵庫県)
2013_12_28_harada_keiji001.jpg
氷点下の朝。寒風をついて走り抜けていきました。
'13.12.28 東海道本線 立花―尼崎
 12月28日、A980仕業8056列車(幡生操~名古屋タ)に吹田機関区所属のEF66 27が充当された。23日よりA980仕業とA981仕業運用に繰り返し就いて、東海道本線~山陽本線臨時高速貨物牽引を担当している。
有澤慧人(神奈川県)
2013_12_27_arisawa_keito001.jpg
都会の大カーブを曲がり、いざ大宮へ。
'13.12.27 山手貨物線 大塚―巣鴨
 12月27日、鎌倉車両センター所属の205系H2編成が大船~品川~大宮車両センターの経路で入場のため回送された。
川端浩晃(兵庫県)
2013_12_26_kawabata_hiroaki001.jpg
深夜の大阪環状線に現れたクモヤサンド。
'13.12.26 大阪環状線 京橋
 12月26日から27日にかけて、吹田総合車両所日根野支所所属の113系HG202編成が検査を終え出場した。なお、クモヤ145-1001とクモヤ145-1003に挟まれるかたちで所属先へ回送された。
橋本 淳(滋賀県)
2013_12_23_hashimoto_jyun001.jpg
橋梁を走行するクモヤ443系。
'13.12.23 草津線 三雲―貴生川
 12月23日、吹田総合車両所京都支所に所属するクモヤ443系が向日町操車場~草津~柘植~草津~梅小路~敦賀~向日町操車場の経路で電気検測を実施した。クモヤ443系が草津線を走行するのは5月7日以来である。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2014年1月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.