鉄道ホビダス

【能勢電鉄】「のせでん 冬の銀河便」運行

赤樫翔太(大阪府)
2013_12_14_akagashi_shouta001.jpg
イルミネーションに飾られた山下駅に停車する1550×2。
'13.12.14 能勢電鉄妙見線 山下 P:赤樫翔太
2013_12_14_wada_naoto003.jpg 特製HMを付けた復刻塗装車「冬の銀河便」。
'13.12.14 能勢電鉄妙見線 山下―笹部 P:和田直人
 能勢電鉄では、12月7日(土)より、妙見線(山下~妙見口間)で、「のせでん 冬の銀河便」の運行をしている。この列車は、沿線の山下駅・笹部駅~光風台駅・妙見口駅に設置されたイルミネーション実施に伴い運転されており、特に笹部駅~光風台駅間では、車内灯の消灯(白熱灯のみ点灯)を実施することで、沿線のイルミネーションと車内の暖かな光を楽しむことができる。使用車輌は、1550×2及び1560×2であり、共に100周年記念で実施されたリバイバル塗装車である。運転は17:30~23:30であるが、平日は18:20~21:15の間は通常の運転となり、車内灯の消灯は実施されない。沿線のイルミネーションは17:30~24:00まで実施される予定である。詳細は駅のパンフレットなどに記載されている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2013年12月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.