鉄道ホビダス

2013年12月17日アーカイブ

椙田俊幸(東京都)
2013_12_15_shouda_toshiyuki002.jpg
夕暮れ時のヒガハスを行くEF81 81+24系6輌。
'13.12.15 東北本線 蓮田―東大宮
 12月15日(日)、EF81+24系6輌を使用した乗務員訓練が運転された。牽引機はJR東日本田端運転所所属のEF81 81号機が担当した。
椙田俊幸(東京都)
2013_12_15_shouda_toshiyuki001.jpg
快晴の下、高麗川を目指すキヤE193系。
'13.12.15 八高線 小川町―明覚
 12月15日、秋田車両センター所属のキヤE193系3輌が八高線に入線し、高崎~高麗川間を試9220D~試9223Dとして1往復運転された。
佐野 徹(京都府)
2013_12_15_sano_tetsu001.jpg
デオ802-852にヘッドマークが掲出された。
'13.12.15 叡山電鉄 修学院車庫(公道より撮影)
 12月15日、叡山電鉄と近畿日本ツーリストは貸切婚活電車「京都鉄コン!エイデンでええねん!~Save 嵐山~」をデオ802-852を用いて出町柳~八瀬比叡山口間で運転した。台風で被害を受けた嵐山の復興への願いを込めた寄付も行われた。
北村拓巳(神奈川県)
2013_12_15_kitamura_takumi001.jpg
クリスマス仕様で運転されている、"みどりの山手線"。
'13.12.15 山手線 田町 P:北村拓巳
2013_12_17_takagi_kazuki001.jpg 冬らしくクリスマス仕様となった"みどりの山手線"。
'13.12.17 山手線 大崎 P:髙木和貴
 今年1月に登場したE231系トウ545編成"みどりの山手線"が、15日頃からクリスマス仕様で運転されている。
福田智志(埼玉県)
2013_12_15_hukuda_tomoshi001.jpg
11月下旬から側面に「ありがとう」のロゴマークが貼られている。写真はこの日で引退したR4編成。
'13.12.15 東北新幹線 大宮
 JR東日本秋田支社は、E3系R編成が2014年春で引退することを記念して、11月下旬から在籍するE3系R編成の側面に「ありがとう」のラッピングを貼り付けて運転している。在籍する編成のうちR4編成が12月15日の〈こまち32号〉を最後に営業運転から引退、これを記念して秋田駅で記念セレモニーを開催した。R4編成が引退したことにより、E3系R編成は残り8編成となった。
海老澤瑛一(埼玉県)
2013_12_15_ebisawa_eiichi001.jpg
首都圏に別れを告げ、通い慣れた中央本線を西へと進む。
'13.12.15 中央本線 上野原 P:海老澤瑛一
2013_12_15_hiroshima_kazuki001.jpg HMには「ありがとうマリ32編成」の文字も入っていた。
'13.12.15 総武本線 稲毛―津田沼 P:廣島一貴
2013_12_15_kubota_kennichi001.jpg 冬の日差しを浴びて長野に向かってラストラン。
'13.12.15 中央本線 大月―初狩 P:久保田健一
2013_12_15_suenaga_takayuki001.jpg 長野へ向けて最後の力走。
'13.12.15 中央本線 鳥沢―猿橋 P:末永貴之
2013_12_15_nakashiba_tomoki001.jpg 県境小仏峠に挑む183系M32編成。
'13.12.15 中央本線 高尾―相模湖 P:中柴智貴
 幕張車両センターに所属していた183系M32編成が引退することとなり、千葉支社主催によるさよなら列車が15日、幕張から長野へと運転された。列車の前後にはそれぞれ特製のマークが掲げられ、特に長野方のマークは〈あずさ〉のイラストマークをベースにしたものが付けられた。今月23日には同センターに所属しているもう1本の183系、M31編成のさよなら運転が実施される予定であり、房総地区で活躍してきた同系車輌の歴史に幕が降りる。
和田直人(神奈川県)
2013_12_14_wada_naoto002.jpg
一風変わったHMを付けたのせでん冬物語"つなぐ"。
'13.12.14 能勢電鉄 日生中央―山下
 のせでんでは、12月14日から「人と人のつながり」をテーマに、ありがとうの気持ちをしたためたメッセージカードを飾った装飾電車"つなぐ"が運行を始めた。使用車輌は3170編成が装飾電車"夏物語"以来、2季ぶりに運用に就いている。
田中輝幸(大阪府)
2013_12_14_usui_raku001.jpg
少し走って小休止。
'13.12.14 東京都中野区
 12月11~14日にかけて、01系第32編成が中野検車区から搬出された。01系の搬出はこれで9編成目となるが、前回搬出された01系トップナンバー編成は中間車3輌のみ搬出されているため、残された3輌の動向が注目される。
田中輝幸(大阪府)
2013_12_14_tanaka_teruyuki001.jpg
"京とれいん"を使用した臨時快速嵐山行き。
'13.12.14 阪急電鉄京都本線 梅田 P:田中輝幸
2013_12_14_wada_naoto001.jpg 久しぶりに嵐山行きとなった"京とれいん"。
'13.12.14 阪急電鉄京都本線 茨木市 P:和田直人
 12月14日、「京都・嵐山花灯路2013」開催に伴い、"京とれいん"を使用した臨時快速を運転した。往路は梅田駅17時31分発、復路は嵐山駅20時51分発で、〈京都・嵐山花灯路〉のヘッドマークを取付け、3・4号車の車内には行灯を設置して花灯路気分を演出した。嵐山駅では3号車と4号車を開放し、3号車では阪急のグッズ販売を実施した。
玉谷勇吉(兵庫県)
2013_12_14_tamaya_yuukichi001.jpg
今回から副標も提出するようになった〈ルミナリエ急行〉。
'13.12.14 阪神電鉄本線 今津
  阪神電車では毎年「神戸ルミナリエ」開催時に臨時列車を運転しているが、今年も12月7・8・14・15の4日間に三宮発梅田行き臨時急行4本(阪神車)・三宮発尼崎行きと奈良行きの臨時快速急行2本(近鉄車)が各日運転された。なお阪神車については今年から乗務員室助手席側にルミナリエ仕様の副標が掲出された。
進藤純一(千葉県)
2013_12_14_sindou_junichi001.jpg
最後の目的地、木更津に向い途中の〈のんでみっぺぇ南房総号〉。
'13.12.14 内房線 大貫―佐貫町
 JR東日本千葉支社では、12月7日、14日の2週にかけて千葉の地酒を楽しむための日帰り旅行が企画された。1週目は成田、佐原など北総地区をまわる〈のんでみっぺぇ北総号〉が、2週目は大原、木更津など南総地区をまわる〈のんでみっぺぇ南房総号〉がそれぞれ運転され、両日とも幕張車両センター所属の485系"ニューなのはな"が担当した。

【JR西】"岡山工臨"運転

小川慈人(兵庫県)
2013_12_14_ogawa_jihito001.jpg
西宮駅の待避線に進入する工9381レ。
'13.12.14 東海道本線 西宮
 12月14日、網干総合車両所宮原支所所属DD51 1192を使用した"岡山工臨"(列車番号工9381レ)が運転された。久々のDD51牽引のロングレール積載工臨ともあり、沿線は撮影者で賑わった。
宮島昌之(石川県)
2013_12_14_miyajima_masayuki001.jpg
座り心地も体感できる「グランクラス」モデルブース。写真は「除幕式」の様子。
'13.12.14 北陸本線 金沢
 開業迫る北陸新幹線の新型車輌(E7系、W7系)に設けられる、「グランクラス」の車内の一部を再現した体験型モデルブースが、2013年12月14日(土)より金沢駅東口の「もてなしドーム」広場に期間限定でお目見えした。ブース内では、客室の一部(デッキや壁、窓など)を再現し、シートは縦に2席設けられ、普段は展示物として外から見学できるほか、ブースの中に入って実際にシートに座り、リクライニングするなど座り心地を体感できる「体験イベント」も予定されている。公開初日の14日(土)は、石川県知事や金沢市長を来賓に招いての「除幕式」が執り行われたほか、報道プレス向けの取材撮影を経て、午後から「体験イベント」が行われ、子供を含む多くの家族連れが長蛇の列を作り、実際にシートに座って最上級のくつろぎを体感していた。なお、モデルブースは来年2014年1月13日(月)まで設けられ、「体験イベント」は今後12月21日(土)と来年の1月4日(土)及び13日(月)に行われる予定になっている。
松山政昭(神奈川県)
2013_12_14_matsuyama_masaaki001.jpg
鶴見川橋梁を渡るケヨM9編成。
'13.12.14 品鶴線 新鶴見信号場―鶴見
 武蔵野線の車輌が武蔵野線と品鶴線(貨物線)での試運転を続けている。12月14日は京葉車両センター所属の205系電車のM9編成を使用して試運転が実施された。
加藤弘樹(神奈川県)
2013_12_14_katou_hiroki001.jpg
LEDのイラストはクリスマスツリーとリースが交互に表示される。
'13.12.14 江ノ島電鉄 七里ヶ浜―稲村ヶ崎
 江ノ島電鉄1500形1501号が更新工事を終え、12月14日より運用復帰した。更新後の主な変更点としては、方向幕のLED化(前面イラスト入フルカラー・側面3色従来型)・シングルアームパンタグラフ換装・SIV換装・車内LCD取付・シートモケット交換である。塗色もサンライン色から標準色へ塗り替えられた。また試運転は12日深夜に行われている。
福田智志(埼玉県)
2013_12_14_hukuda_satoshi001.jpg
往路は〈特急しもだて〉のヘッドマークを付けて運転。
'13.12.14 関東鉄道常総線 黒子 P:福田智志
2013_12_14_hukuda_satoshi002.jpg 復路は〈急行つくばね〉のヘッドマーク、実際に使用されていた木製のヘッドマークである。
'13.12.14 関東鉄道常総線 騰波ノ江 P:福田智志
2013_12_14_hukuda_satoshi003.jpg 参加者限定の撮影会、DD502とキハ100形とキハ310形が並んだ。
'13.12.14 関東鉄道常総線 水海道車両基地 P:福田智志
2013_12_14_ooba_makoto001.jpg 〈つくばね〉ヘッドマークを装着し誇らしい姿を魅せた。
'13.12.14 関東鉄道常総線 騰波ノ江―大宝 P:大場 真
2013_12_14_ooba_makoto002.jpg 撮影タイムは譲り合いながら和やかに行われた。
'13.12.14 関東鉄道常総線 水海道車両基地 P:大場 真
2013_12_14_ooba_makoto003.jpg 冬の夕陽のなか、最後にサプライズで守谷まで快速運転された。
'13.12.14 関東鉄道常総線 水海道―小絹 P:大場 真
 関東鉄道は、常総線の開業100周年を記念して12月14日に「常総線100周年記念乗車会・撮影会」を開催した。乗車会の使用車輌はキハ310リバイバルカラーとキハ101の3輌編成で運転、往路の取手~下館間は〈特急しもだて号〉のヘッドマーク、復路の下館~水海道間は〈急行つくばね号〉のヘッドマークを付けて運転した。水海道到着後、水海道車輌基地まで直通、参加者限定の撮影会が開催された。関東鉄道常総線は開業100周年を迎え、今年は様々なイベントが開催されたが、特に今回の乗車会と撮影会は大変好評であり、発売開始からわずか数日で完売するほどの人気だった。
橋本 淳(滋賀県)
2013_12_14_hashimoto_jun001.jpg
曇り空の曽根を通過。
'13.12.14 東海道本線 曽根 P:橋本 淳
2013_12_14_ooishi_naoki002.jpg 退避中の8866列車。
'13.12.14 山陽本線 西明石―明石 P:大石直輝
 12月14日(土)、愛知機関区に所属するEF64 1049(広島更新色)が8866列車(西岡山→吹田貨物)~8864列車(吹田貨物→稲沢)の次位無動力で所属先の愛知機関区に回送された。牽引は愛知機関区に所属するEF64 1036(大宮更新色)が全区間を担当した。EF64 1049(広島更新色)は先日まで伯備線の貨物運用に充当され活躍していたが、EF64 1012(国鉄色)と差し替えで12月7日(土)から伯備線の貨物運用を離脱していた。なお編成はEF64 1036+EF64 1049+コキ104-1800+コキ52661+コキ104-95+チキ5515+チキ5607+チキ5519だった。また、EF64の大宮更新色と広島更新色の重連が日中の山陽本線、東海道本線を走行したため、駅や沿線には多くのファンが集まった。
原田敬司(兵庫県)
2013_12_14_harada_keiji001.jpg
吹雪の中、小長谷トンネルへ向けて猛ダッシュする。
'13.12.14 磐越西線 東下条―五十島 P:原田敬司
2013_12_14_harada_keiji002.jpg 豪雪で運転抑止中の〈SLクリスマストレイン〉号。
'13.12.14 磐越西線 野沢 P:原田敬司
2013_12_15_harada_keiji001.jpg 力強いブラスト音を響かせて力強い走りを見せてくれました。
'13.12.15 磐越西線 東下条―五十島 P:原田敬司
2013_12_15_harada_keiji002.jpg 降りしきる雪の中、静寂の駅に響く2機の警笛と1機の汽笛。
'13.12.15 磐越西線 三川―五十島 P:原田敬司
2013_12_14_saitou_daiki001.jpg ちょっと早いがホワイトクリスマスとなった〈SLクリスマストレイン〉。
'13.12.14 磐越西線 東新津―新関 P:齋藤大暉
 12月14日、15日は〈SLばんえつ物語〉号編成を使用した快速〈SLクリスマストレイン〉が運転された。蒸気列車での運行は2年ぶりで、C57 180+オヤ12 1+ばんえつ物語客車6輌という編成となった。沿線ではクリスマスシーズンに合わせた様々なイベントが企画されていたが、今年一番の寒波による豪雪となったため、14日は野沢駅で運転打ち切りとなった。翌日の運転は津川駅までの運転に変更され、津川~会津若松間は運休となった。一足早いクリスマスをSLで楽しもうと多くの方が予定されていたと思うと少し残念ではあるが、沿線は多くのレイルファンが集まっていた。なお、津川から新津までの引き上げはDE10 1700+1680重連牽引となって思わぬサプライズとなった。
赤樫翔太(大阪府)
2013_12_14_akagashi_shouta001.jpg
イルミネーションに飾られた山下駅に停車する1550×2。
'13.12.14 能勢電鉄妙見線 山下 P:赤樫翔太
2013_12_14_wada_naoto003.jpg 特製HMを付けた復刻塗装車「冬の銀河便」。
'13.12.14 能勢電鉄妙見線 山下―笹部 P:和田直人
 能勢電鉄では、12月7日(土)より、妙見線(山下~妙見口間)で、「のせでん 冬の銀河便」の運行をしている。この列車は、沿線の山下駅・笹部駅~光風台駅・妙見口駅に設置されたイルミネーション実施に伴い運転されており、特に笹部駅~光風台駅間では、車内灯の消灯(白熱灯のみ点灯)を実施することで、沿線のイルミネーションと車内の暖かな光を楽しむことができる。使用車輌は、1550×2及び1560×2であり、共に100周年記念で実施されたリバイバル塗装車である。運転は17:30~23:30であるが、平日は18:20~21:15の間は通常の運転となり、車内灯の消灯は実施されない。沿線のイルミネーションは17:30~24:00まで実施される予定である。詳細は駅のパンフレットなどに記載されている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2013年12月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.