鉄道ホビダス

2013年11月26日アーカイブ

樋上 玲(茨城県)
2013_11_23_toigami_rei001.jpg
重連で運行されたキハ205、キハ222。
'13.11.23 ひたちなか海浜鉄道湊線 阿字ヶ浦
 11月23日、ひたちなか海浜鉄道湊線で、旧型車輌のキハ205とキハ222による重連の運行が日中に行われた。キハ205には、「湊線100TH」と書かれたヘッドマークが掲出された。
進藤純一(千葉県)
2013_11_23_shindou_junichi001.jpg
岩井まで回送途中の〈サイクルトレイン南房総号〉。
'13.11.23 内房線 江見―太海
 11月23日にJR東日本千葉支社では、サイクリングイベント「Station Ride in 南房総」の開催に合わせて、209系C424編成幕張車を使用した団体専用臨時列車〈サイクルトレイン南房総号〉が、往路両国~和田浦間、復路岩井~両国間で運転された。また、同列車の先頭車両には特製ヘッドマークが装着されていた。
大森健史(東京都)
2013_11_23_oomori_takeshi001.jpg
紅葉の時期、目黒線では珍しい臨時列車が走った。
'13.11.23 東急電鉄目黒線 奥沢―田園調布
 11月23日(土)、東急目黒線にて「JTBアウェイツアー」に伴う臨時列車が走った。これは当日、浦和美園にある埼玉スタジアム2002にて行われる試合を観戦するツアーの一環として運転され、途中駅は無停車の上、参加者は元住吉検車区から乗車という大変珍しいものであった。なお、この臨時列車は片道のみで、"東急フェスタ記念号"の5080系5187編成が使用された。
宮島昌之(石川県)
2013_11_23_miyajima_masayuki003.jpg
走る舞台会場として使用されたNT204。(写真は送り込み回送時)
'13.11.23 のと鉄道七尾線 西岸―能登中島
 11月23日(土・祝)、のと鉄道七尾線で、走行中の列車や沿線の駅を舞台会場としたユニークな演劇「N鉄道で行こう!」の公演が行われた。これは、地元金沢市を拠点に県外へも活動を広げている「劇団ドリームチョップ」公演のサスペンス演劇で、途中の駅で停車する場面も見られた。車輌はNT204が使用され、能登中島―穴水間を往復した。また「N鉄道で行こう!」オリジナルヘッドマークも掲出された。
宮島昌之(石川県)
2013_11_23_miyajima_masayuki001.jpg
列車名は加賀と能登を繋ぐ「架け橋」と梯川の語呂合わせ。
'13.11.23 七尾線 千路―金丸
2013_11_23_miyajima_masayuki002.jpg "国宝長谷川等伯号"ラッピング(歴史を今に伝える同士)との交換も見られた。
'13.11.23 七尾線 金丸
 11月23日(土・祝)、石川県小松市で開催された「全国産業観光フォーラムinこまつ」に合わせ、同市のキャッチフレーズ「乗りもののまち こまつ」のPRとして、七尾線乗り入れの団体臨時列車〈かけはし〉号が、小松―和倉温泉間往復で運転された。使用されたのは457系A13編成で、かつて国鉄時代に見られた「パタパタ式」と、逆台形のヘッドマークが掲出された。同列車は、地元のレイル・ファン有志団体「"乗りもののまち こまつ"PR電車を走らせる会」が運行を企画し、小松市など協賛後援を受け実現したもので、地元報道によると車内では、かつて松任駅ホームでの立ち売りでも有名な名物甘味「あんころ餅」の販売や観光コーディネーターの沿線案内、児童を対象とした車掌体験が行われた。列車名の〈かけはし〉は、加賀と能登を繋ぐ列車「架け橋」と、小松市内を流れ北陸本線の明峰―小松間を通り抜け日本海に注ぐ、梯川(かけはしがわ)にちなんだものとみられる。なお、国鉄急行色の電車が七尾線に入線したのは、2011年8月に開催された七尾線電化開業20周年イベント「車両フェスタin七尾」の展示車輌として姿を見せた、475系A19編成以来とみられる。また主催者側のアナウンスによると、475系(457系)国鉄急行色が七尾―和倉温泉間に入線するのは今回が初めてとのこと。
南 輝明(神奈川県)
2013_11_23_minami_teruaki001.jpg
常磐線の歴史を彩った車輌たちが集う。
'13.11.23 常磐線 内原
 11月23日(土)、JR東日本常磐線内原電留線にて「みと鉄道ふれあいまつり」が開催された。本イベントは「ひたち号50周年」記念の一環として開催され、歴代の〈ひたち号〉の車輌となる485系、651系、E653系、 E657系と、EF510-510号機が展示された。運転台見学やレールスター及びミニSL乗車体験、常磐線沿線のご当地グルメや、鉄道グッズ等の販売なども行われ、多くの来場者で賑わった。
伊藤利雄(愛知県)
2013_11_23_itou_toshio001.jpg
舞木へ回送されるデキ300形。今後の動向が注目される。
'13.11.23 名古屋鉄道名古屋本線 金山
 11月23日、名鉄のデキ300形のうち305と306が大江から舞木検査場へ回送された。同形式は車齢80年を超えているため、今後の動向に注目したい。
石井大智(山梨県)
2013_11_23_ishii_taichi001.jpg
武蔵野線から中央線へ。
'13.11.23 中央本線 国立
 11月23日(土)、勝田車両センター所属のE653系K308編成を使用した、快速〈ぶらり高尾散策号〉が日立~高尾間で運転された。当日は天候にも恵まれ、定期運用では存在しないE653系の運転を一目見ようと、多数のレイルファンが詰めかけた。この列車は、27日(水)・30日(土)にも運転される予定となっている。
福岡完太(兵庫県)
2013_11_23_hukuoka_kanta001.jpg
3種類のあおぞらの並びも今回が最後。
'13.11.23 近畿日本鉄道 青山町車庫 P:福岡完太
2013_11_23_itou_ken001.jpg 遂にラストラン1週間前となった18400系が力走する。
'13.11.23 近畿日本鉄道大阪線 大和八木―耳成 P:伊藤 健
2013_11_23_kodama_ryou001.jpg ほかの団体列車と併結し走行するPK09。
'13.11.23 近畿日本鉄道橿原線 笠縫―新ノ口 P:児玉 涼
 近鉄18400系PK09編成が引退するのを記念して、「ありがとう18400系乗る撮る学ぶツアー」が開催された。京都~橿原神宮前~五位堂~青山町~名張~青山町の経路で運行され、参加者は青山町車庫で撮影会を行なった。
橋本 淳(滋賀県)
2013_11_23_hashimoto_jun003.jpg
大勢の観光客を乗せ、樽見を目指す。
'13.11.23 樽見鉄道樽見線 大垣
 11月23日(土)、樽見鉄道でハイモ330-701を使用した貸切列車〈柿カフェトレイン〉が大垣→樽見→織部の経路で運転された。ハイモ330-701には〈柿カフェトレイン〉と書かれたオリジナルヘッドマークが提出された。また、車内はカフェ風に改装され、乗客には特製柿スイーツとコーヒーが配られた。
レイル・マガジン

2013年11月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.