鉄道ホビダス

2013年11月11日アーカイブ

【JR貨】EF66 24、8074列車を牽引

安達昌弘(埼玉県)
2013_11_09_adachi_akihiro001.jpg
運用継承の変更で海上コンテナ輸送列車に入ったEF66 24。
'13.11.9 東北本線 東鷲宮―栗橋
 JR貨物吹田機関区所属のEF66 24が11月9日、海上コンテナ輸送列車の8074列車に黒磯~東京タ間で先頭に立った。通常は、新鶴見区EF210→同EF65PFの牽引で、新鶴見信にて機関車交換が行われるが、黒磯にて運用継承が変更となったEF66 24が代走してそのまま終着駅・東京タへ向かったもの。途中、宇都宮タにて貨車の増結があり、大型海上コンテナを載せた24輌なる長大編成をゼロロクが牽引する貴重なシーンが展開された。
大谷真弘(静岡県)
2013_11_08_ootani_mahiro001.jpg
甲種輸送の東京メトロ1000系をEF64 1033が牽引する。
'13.11.8 東海道本線 菊川―掛川
 11月8日(金)、東京地下鉄1000系6輌(第8編成)が日本車輌製造豊川製作所で新製され、豊川から川崎貨物(千鳥町)まで甲種輸送された。豊川から西浜松まで愛知機関区DE10 1723が、西浜松から川崎貨物までは愛知機関区EF64 1033がそれぞれ牽引した。東海道線をEF64形が甲種輸送するのは、大変めずらしい。なお、最後尾には、ヨ8925が連結されていた。
宮島昌之(石川県)
2013_11_08_miyajima_masayuki001.jpg
営業運転に向けた準備のため松任本所に入場する新製521系。
'13.11.8 北陸本線 松任
2013_11_08_miyajima_masayuki002.jpg 回送の途中、新製521系と現在活躍中の521系が並ぶ光景もみられた。
'13.11.8 北陸本線 松任
 既報の通り北陸エリアの普通列車で活躍する521系が更に増備されることとなり、最初となる6輌(金沢方より第36編成から第38編成)が大阪の近畿車輌にて製造され、11月6日(水)に出場、徳庵―金沢(折り返し)―向日町まで自走による公式試運転が行われた。その後、11月8日(金)に向日町―金沢(折り返し)―松任まで回送され、金沢総合車両所松任本所に入場した。同所で、営業運転に向けての準備作業などが行われるものとみられる。なお、521系の増備は今回数えて第4次の追加となるが、JR西日本公式ホームページ掲載の公開資料、技術情報誌「技術の泉」によると、車輌構造面では今回が「第3次車」の扱いとなる模様。前回第3次(2010年度)の追加車輌の特徴であった、車内天井付近設置のモニターカメラもしくはセンサーの設備や、運転台のモニターテレビは、後に第2次(2009年度)追加車輌にも設置されているのが確認できており、その他の違いは乗務員扉のノブ付近の形状が異なるだけとみられることから、これら双方合わせて「第2次車」として区別しているものと考えられる。
三邊幸平(茨城県)
2013_11_08_minabe_kouhei001.jpg
雄大な山並みを背にパーイチが行く。
'13.11.8 常磐線 友部―内原
 11月8日、EF81 140(長岡車)+24系6輌を使用したハンドル訓練列車が上野―いわき間で運転された。
松本 彩(神奈川県)
2013_11_08_matsumoto_aya001.jpg
深夜の成城学園前駅に姿を見せた20002F。
'13.11.8 小田急電鉄小田原線 成城学園前
 富士急への譲渡が発表されていたRSE20002Fが、喜多見検車区から海老名検車区へ回送された。
見学 智(大阪府)
2013_11_08_kengaku_satoshi001.jpg
日の出前の長滝を行く、6連に戻ったHK603編成。
'13.11.8 阪和線 新家―長滝
 7月21日に4連化され運用に就いていたHK603(元HJ401改)編成が、11月5日に元の2・3号車を組込み6連に戻され、8日のA29運用・回532H~532Hから運用に復帰した。同編成は、4連運用組の所要不足に対応し4連化されたものの、お盆明け~10月初旬までは日根野支所内で予備車となり、所内での乗務員講習・教習等に使用され、営業運用に供される機会が少なくなり去就が危ぶまれる時期もあったが、ここ1ヵ月は順当に運用に就き、4連ながら生え抜きクハとほぼ原型の姿を誇示していた。この6連復帰により登場時の姿を彷彿させられ、今後の活躍も期待される。
橋 尚輝(和歌山県)
2013_11_08_hashi_naoki001.jpg
新鮮な3+3編成。
'13.11.8 阪和線 六十谷―紀伊
 11月8日、吹田総合車両所日根野支所所属の287系HC634編成とHC633編成を使用した団体臨時列車が箕島~天王寺間で1往復運転された。〈くろしお〉用287系を使用した団体臨時列車と付属編成同士を併結した6輌での営業運転は、初めてのことと思われる。

【JR貨】HD300-11、試運転

安達昌弘(埼玉県)
2013_11_08_adachi_masahiro001.jpg
EF65 2081の機次位無動で足慣らしするHD300-11。
'13.11.8 東海道貨物線 鶴見―横浜羽沢
 JR貨物新鶴見機関区のHD300-11が、落成後の試運転を新鶴見~相模貨物間で行われ、本務機EF65 2081の次位無動で実施された。現在12号機も配属され、勢力を拡大しつつあるHD300。また、JR東日本からDE10形3輌を譲渡しているので、経年が著しいDE10の置換えが進むものと思われる。
レイル・マガジン

2013年11月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.