鉄道ホビダス

2013年11月 6日アーカイブ

【JR北】ジオトレイン運行

風間諒平(北海道)
2013_11_04_kazama_kyouhei001.jpg
大きなヘッドマークを掲げ川湯温泉まで回送されるジオトレイン。
'13.11.4 釧網本線 摩周―美留和
 11月4日、釧路―川湯温泉間でキハ54形を使用した団体列車「ジオトレイン号」が運行された。この列車は摩周・川湯近辺の名産物や観光地を巡る団体ツアーを目的としたもので、往路は釧路から摩周までを、復路は川湯温泉から釧路までを客扱いとして運行した。使用車輌は釧路運輸車両所所属のキハ54 519。

【JR西】413系B08編成続報

野崎浩司(富山県)
2013_11_04_nozaki_kouji003.jpg
握り棒、つり手などが黄色化された車内。
'13.11.4 北陸本線 直江津
2013_11_04_nozaki_kouji001.jpg WDT32台車 2013-9近畿車輛製。
'13.11.4 北陸本線 直江津
 転落防止幌の取付が報じられた413系B08編成であるが、他にも各部に手が入れられているようだ。まず、台車がWDT32、WTR69と称する物に交換されている。外観的には従来のDT32B、TR69Bと大きな違いは見られない。車内では床敷物の張替えのほか、ドア内側への注意表記、握り棒・つり手の黄色化などが目を引く。413系は、あいの風とやま鉄道への5編成の譲渡が報じられており、今後の動きに眼が離せない。

【JR東】"岩舟工臨"運転

雫石 葵(神奈川県)
2013_11_04_sizukuishi_aoi001.jpg
闇夜に煌く作業灯に照らされ、工事の行く末を見守る。
'13.11.4 両毛線 岩舟
 11月3日深夜から4日早朝にかけて、高崎操~小山~岩舟~高崎操間にて、EF60 19+チキ4車による定尺レール輸送の"岩舟工臨"が運転された。
宮島昌之(石川県)
2013_11_04_miyajima_masatyuki001.jpg
無事検査を終えたNT211。増結運用など連休中も大活躍。
'13.11.4 のと鉄道七尾線 能登中島―笠師保
 のと鉄道のラッピング車輌、NT211(永井豪キャラクターラッピング)が全般検査を済ませ、11月3日(日)より営業運転に復帰した。車輌不具合とみられる一時運転取り止めも重なり、今回2ヶ月半程にもおよぶ運行離脱で、車輌の状態が心配されていたが、足回りや床下機器なども綺麗に塗り替えられ、再び軽快な走りを見せた。なお、一連の「全般検査」ローテーション最後の車輌となる、オリジナル色のNT212についても、車体の検査標記から、早々に(遅くとも今年中に)検査入場するものとみられる。
天本 翼(神奈川県)
2013_11_03_amamoto_tsubasa001.jpg
オリジナルのHMを掲げ、1年ぶりに両毛線へ。
'13.11.3 両毛線 前橋 P:天本 翼
2013_11_03_saitou_daiki001.jpg 昨年までとは異なり下り方に連結しての運転となったC61 20。
'13.11.3 両毛線 駒形―伊勢崎 P:齋藤大暉
2013_11_03_hiroshima_kazuki002.jpg 〈ELいせさき〉には今や貴重なロクヨン0番代が充当。
'13.11.3 両毛線 駒形―伊勢崎 P:廣島一貴
 JR東日本高崎支社は11月3日(祝・日)に、快速〈SLいせさき〉〈ELいせさき〉を高崎―伊勢崎間で運転した。車輌は高崎車両センター高崎支所所属のC61 20+スハフ12 162+オハ12 366+オハ12 367+オハ12 368+スハフ12 161+EF64 38の7編成で運転された。ヘッドマークはオリジナルのデザインが施された物が掲出され、沿線では1年ぶりに両毛線を走るSLの姿をカメラで捉えるために多くのファンで賑わっていた。
和田直人(神奈川県)
2013_11_03_wada_naoto004.jpg
2枚看板となったデコるHM装着1552編成。
'13.11.3 能勢電鉄妙見線 川西能勢口
 能勢電鉄では、開業100周年記念イベントの一環として、9月より沿線の宝塚大学造形芸術学部のアートラインプロジェクトメンバーによるオリジナルHM制作「デコるヘッドマーク」を行っているが、11月3日に最終回が行われた。川西能勢口駅で1500形1502F編成を留置し、2号車と3号車の車内でHMを制作し、完成後に1552号車に取り付け、記念撮影が行われた。
渡邊一弘(大阪府)
2013_11_03_watanabe_kazuhiro001.jpg
シングルアームパンタ車がゆく。
'13.11.3 阪急電鉄伊丹線 塚口―稲野
 11月3日、阪急神戸線所属の8200系8201×2Rが伊丹線に入線した。普段は増結用として10連列車の運用以外は基本的に運転されないため、白昼の走行自体が基本的になかったが、今回は乗務員訓練と言う形で伊丹線に入線すると言う非常に珍しい光景が見られた。
大島哲也(富山県)
2013_11_03_ooshima_tetsuya002.jpg
クハ175・174・173が入場口付近に展示。
'13.11.3 富山地方鉄道 稲荷町車両基地
 11月3日に、富山地方鉄道稲荷町駅に隣接している稲荷町車両基地で「ちてつ電車フェスティバル2013」が開催された。8月に運用開始したダブルデッカーエキスプレスを使って稲荷町―南富山、稲荷町―越中荏原での体験乗車、10030形を使っての洗車機体験の洗車でGO、10025形での運転席体験などが開催された。また、物品コーナーでは、富山地鉄のブースに加え、京阪電鉄からもブースを出店していた。
大島哲也(富山県)
2013_11_03_ooshima_tetsuya001.jpg
運用開始した富山地鉄17480形。
'13.11.3 富山地方鉄道上滝線 大庄―月岡
 11月2日より富山地鉄17480形(旧東急8950系)が運用開始した。11月2日は、デビューイベントとして、臨時運行と撮影会が開催され、稲荷町→上滝線→岩峅寺→寺田→新魚津→電鉄富山で運行された。11月3日より、営業運転を開始しており、今は17481+17482の1編成のみ運用に入っている。富山地方鉄道のHPで同車の運用が公開されている。なお、同車はロングシート車で14710+10以来の導入となる。
石井大智(山梨県)
2013_11_03_ishii_taichi002.jpg
石和温泉駅に到着する。
'13.11.3 中央本線 石和温泉
 11月3日(日)、甲府~新宿間で豊田車両センター所属の183・189系M52編成を使用した、特急〈かいじ180号〉が運転された。絵幕を提出し、日没後の中央本線を快走した。この運転に際し、豊田~甲府間で送り込み回送列車も運転された。
佐野 徹(京都府)
2013_11_03_sano_tetsu001.jpg
"あすか"編成が展示された。
'13.11.3 網干総合車両所
2013_11_03_sano_tetsu003.jpg 加古川線クモハ103 3557の吊り上げ実演。
'13.11.3 網干総合車両所
2013_11_03_sano_tetsu004.jpg 車両所のアントも公開された。
'13.11.3 網干総合車両所
 11月3日、網干総合車両所にて「ふれあいフェア2013」一般公開が行われ、車輌吊り上げ移動、車輌洗浄体験、アントによる車輌移動実演、お座敷列車"あすか"の展示・車内公開等が行われた。
桑原 誠(愛知県)
2013_11_03_kuwabara_makoto001.jpg
雨の中、笠寺で出発を待つEF66 24牽引5781レ。
'13.11.3 東海道本線 笠寺
 11月3~4日の美濃赤坂石灰運用(5781レ~5780レ)をEF66 24が牽引した。石灰石貨物(通称赤ホキ)の牽引は初である。なお、ゼロロクが「赤ホキ」に充当されるのは、7月19日の36号機以来である。
久保田健一(神奈川県)
2013_11_03_kubota_keiichi001.jpg
いつものキハ110に変わって、国鉄首都圏色のキハ40系が地そば祭りに華を添える。
'13.11.3 飯山線 下条―越後岩沢
 飯山線では季節ごとにイベント列車が運転され、最近では沿線の産直の食材を利用した走る農家レストラン号の運転が注目を集める中、11月2日と3日に十日町市内で開催の秋の収穫そば祭りに合わせて、新潟~長岡~十日町で直通の〈快速十日町地そば祭り号〉が運転された。両日共に新津運輸区に所属し国鉄時代を彷彿させる人気の首都圏色のキハ40系3連が使用された。
末吉博秋(大阪府)
2013_11_02_suekichi_hiroaki001.jpg
千代田工場へ向かう12002F"サザン・プレミアム"。
'13.11.2 南海電気高野線 金剛―滝谷
 11月2日に「南海電車まつり」が開催され、会場の千代田工場直通列車に12000系"サザン・プレミアム"が臨時運転された。
井上遼一(大阪府)
2013_11_03_inoue_ryouichi001.jpg
〈洛楽〉と、〈中之島線開業5周年記念〉との2枚看板付きの、8000系8002編成。
'13.11.3 京阪電気鉄道京阪本線 寝屋川市
 京阪では、11月2日(土)~12月1日(日)までの土・日・祝日に、8000系を使用した、京橋→七条間ノンストップの秋の臨時快速特急〈洛楽〉が、淀屋橋→出町柳間の片道に2本運転されている。なお、運用初日の1番列車と運用2日目の2番列車には、8000系8002編成が充当されて、〈洛楽〉と〈中之島線開業5周年記念〉の2枚看板という貴重な姿が、2日間連続で見られた。
福田智志(埼玉県)
2013_11_02_hukuda_tomoshi001.jpg
10月から新型車輌の試運転が始まった。
'13.11.2 ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線 有明テニスの森
2013_11_02_hukuda_tomoshi002.jpg お披露目会は豊洲駅で開催、車内見学ができた。
'13.11.2 ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線 豊洲
 ゆりかもめは、11月2日に新型車輌のお披露目会を豊洲駅で開催した。一般向けのお披露目は初めてであり、豊洲駅1番線に停車し、車内見学をすることができた。なお新型車輌は10月から日中の試運転が始まっており、営業運転に向けた準備が進んでいる。新型車輌は2014年1月から営業運転を開始する予定である。
田中輝幸(大阪府)
2013_11_02_tanaka_teruyuki001.jpg
6300系特急〈こんごう号〉。
'13.11.2 南海電気鉄道千代田工場 P:田中輝幸
2013_11_02_doi_hiroyuki004.jpg ラピートの運転台見学に大勢の人が集まった。
'13.11.2 南海電気鉄道千代田工場 P:土居博幸
 11月2日、「南海電車まつり」が南海千代田工場で開催された。ラピートの車内見学や車体吊り下げ実演などが行われた。
中井川英明(埼玉県)
2013_11_02_nakaigawa_hideaki002.jpg
東大宮操車場を出発する〈ホリデー快速鎌倉〉。
'13.11.2 東北本線 東大宮操車場
 11月2日に大宮総合車両センター所属OM102編成を使用した〈ホリデー快速鎌倉〉が運転された。ヘッドマークは「臨時」となっていた。

【JR西】N700A陸送される

田原明博(福岡県)
2013_11_02_tahara_akihiro001.jpg
出発前に入念な点検が行われるN700A。
'13.11.2 福岡県福岡市
 11月2日、JR西日本新幹線N700Aの陸送が行われた。既にJR東海からN700Aがデビューしているが、JR西日本は初めてとなる。編成番号は、かつて300系が付けていたF1編成になる。また西日本用のN700系で既にN4編成からK4編成に改造されたN700系も活躍している。
大谷真弘(静岡県)
2013_11_02_ootani_mahiro001.jpg
珍しい211系G編成×3編成で運転する。
'13.11.2 東海道本線 菊川―掛川
 11月2日(土)、日中大変珍しい編成の211系電車が東海道線で運転された。静岡発三島行722M、折返し三島発浜松行733M、浜松発興津行762M、興津発静岡行151Mの上下4本で所定GG×2編成の4輌で運用しているものが、GG7+GG3+GG6編成の6輌で運転された。ダイヤ改正後、初の運用と思われる。
山中英一(山形県)
2013_11_02_yamanaka_eiichi001.jpg
鳥海山を背景に快晴の羽越本線を走る〈ぐるっと鳥海号〉。
'13.11.2 羽越本線 余目―北余目
 11月2日と3日に、奥羽本線~陸羽西線~羽越本線経由で秋田発着の快速〈ぐるっと鳥海号〉が運転された。
高橋孝一(群馬県)
2013_11_02_takahashi_kouichi001.jpg
新造車7000形とジャッキアップ中の500形。
'13.11.2 上信電鉄本社車両区
 11月2日、上信電鉄「鉄道感謝フェア2013」が、本社および車両区で開催された。デキの乗車撮影会、モーターカー乗車体験、ミニトレイン運転、鉄道5社グッズ販売など、ファンだけでなくファミリーも楽しめる内容であった。特に今回は、新造車7000形2連のお披露目・見学があり、来場者の関心を集めた。なお注目のラッピング塗装は、これから施すことになっている。
進藤純一(千葉県)
2013_11_02_sindou_junichi001.jpg
館山駅に停車中の〈快速リゾートあわトレイン〉。
'13.11.2 内房線 館山
 11月2日から4日までの3日間、485系"ニューなのはな"幕張車を使用した〈快速リゾートあわトレイン〉が浜金谷~安房鴨川間を1往復運転した。同列車は館山~安房鴨川間を走る観光列車として平成23年より運転を開始し、安房鴨川~安房小湊間の延長運転を行ったことはあるが、浜金谷~館山間の延長運転は今回が初めてとなった。
佐野 洋(大阪府)
2013_11_02_sano_hiroshi001.jpg
沢山の「イコちゃん」が描かれた201系。
'13.11.2 大阪環状線 大正 P:佐野 洋
2013_11_02_imose_mitsuhiro002.jpg 201系の車体横には様々なイコちゃんがラッピングされていてICOCA10周年を盛り上げている。
'13.11.2 大阪環状線 大阪城公園 P:妹背光洋
 11月1日より「ICOCA 10周年」を記念してラッピング列車の運転が始まった。吹田総合車両所森ノ宮支所所属の201系LB3(Tc63)編成にラッピングが施されている。車輌には様々なポーズをとった「カモノハシのイコちゃん」が描かれており、先頭車輌には特製のヘッドマークも装着されている。
斉藤 稔(埼玉県)
2013_11_02_saitosu_minori001.jpg
熊谷駅1番線に留置し使われた体験列車。
'13.11.2 高崎線 熊谷
 JR東日本高崎支社では「高崎線開業130周年記念」の一環として、11月2日(土)に「親子でわくわく鉄道体験in熊谷駅」が開催された。イベントは、事前に応募された親子が午前・午後の部に分かれて、実際の車輌を使い「車掌放送体験」や「運転台で記念撮影」を行ったほか、車内で「線路のヒミツコーナー」「鉄道クイズコーナー」などを職員らが紹介した。このイベントに際し車輌は、高崎車両センター所属のE233系3000番代L16編成(10輌)が熊谷駅1番線に停車し使用された。また1号車・10号車の各前面には、「高崎線130th」ヘッドマークも提出された。
扇 勇人(千葉県)
2013_11_02_oogi_yuuto001.jpg
営業運転時には出すことのない表示で展示される両編成。
'13.11.2 東葉高速鉄道 八千代緑が丘車両基地
 11月2日、東葉高速鉄道八千代緑が丘車両基地にて、第5回「東葉家族車両基地まつり」が開催された。展示車輌は、東葉高速鉄道2000系2104Fと東京メトロ東西線05系05-114F。会場では、子供制服体験やクイズラリーなどもあり、小雨の中、親子連れでにぎわっていた。
宮島昌之(石川県)
2013_11_02_miyajima_masayuki001.jpg
作品そのものを活かした新"忍者ハットリくん列車"、只今参上。(写真の向きは氷見線基準で山側)
'13.11.2 氷見線 越中国分―雨晴
2013_11_02_miyajima_masayuki002.jpg 初日はキハ40 2136とペアで"忍者ハットリくん列車"2連運転。(写真の向きは氷見線基準で海側)
'13.11.2 氷見線・城端線 高岡
 氷見線および城端線で運行されているラッピング車輌の"忍者ハットリくん列車"に、4輌目となる新しい車輌がお目見えし、11月2日(土)より運行を開始した。ラッピングされたのは、金沢総合車両所松任本所で全般検査を受け出場したキハ40 2090で、外装は白とレインボー(虹)カラーを基色に、手裏剣やハットリくんの「くるくるほっぺ」をモノグラム風に配置しているほか、生き生きと躍動的なキャラクター達が描かれている。今回は漫画(アニメ)作品の世界観をありのまま表現していて、これまで青が基色で沿線4市の観光資源紹介が主であった他の3輌とは、一線を画す車輌となった。また、車内も座席や天井などにキャラクター達のイラストが配置されている。今回のラッピングについては、これまでと同様、各沿線の自治体や商工会議所などでつくる「城端・氷見線活性化推進協議会」を中心に準備を進め、富山県氷見市出身の著名な漫画家、藤子不二雄(A)氏の協力を得て実現したものとみられ、同日の昼にはJR高岡駅で、沿線4市ほか来賓が出席して「出発式」が執り行われ、氷見線の537Dで初運行した。なお、地元報道によると同車輌は今後2017年(平成29年)頃まで運行予定。
松本純一郎(大阪府)
2013_11_02_matsumoto_junichirou001.jpg
車輌写真撮影会の様子。
'13.11.2 五位堂検修車庫
 近鉄は、第20回「鉄道の日」記念イベントとして、「きんてつ鉄道まつり2013」を開催。「近鉄電車第1号車」・保線作業車輌・電気作業車輌の展示、車輌写真撮影会、40tクレーンの実演、床下ピットの探検、運転士・車掌の体験、鉄道模型走行会、鉄道グッズ・駅弁の販売などを実施。また、小学生以下限定で、駅名ビンゴ大会、電車と綱引きを実施された。
松本 彩(神奈川県)
2013_11_02_matsumoto_aya001.jpg
展示車輌は所属車輌のほか"East i‐E"の姿も。
'13.11.2 鎌倉車両センター
 事前公募制による鎌倉車両センター公開が行われた。対象は家族連れのため、子供が楽しめるブースが多数準備されていたが、所属車輌のほか"East i‐E"も展示されていた。
加藤弘樹(神奈川県)
2013_11_02_katou_hiroki001.jpg
久しぶりの横須賀線入線となった。
'13.11.2 横須賀線 東逗子―田浦
 11月2~4日にかけて、215系を使用した〈ビュー鎌倉号〉が運転された。運転区間は、往路が伊東→大船→横須賀、復路が大船→伊東だった。2日の編成はNL4編成が使用された。
レイル・マガジン

2013年11月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.