鉄道ホビダス

2013年9月10日アーカイブ

橋本 淳(滋賀県)
2013_09_07_hashimoto_jun001.jpg
曇り空の英賀保に到着。
'13.9.7 山陽本線 英賀保
 9月7日、ホキ800形2輌(ホキ1843・ホキ1694)が、吹田総合車両所京都支所から下関総合車両所新山口支所まで配9385レのダイヤで配給輸送された。牽引は下関総合車両所所属のEF65 1124が全区間を担当した。
宮崎 龍(北海道)
2013_09_10_miyazaki_ryuu001.jpg
普段と異なる線路を行く。
'13.9.10 千歳線 白石
 9月7日(土)~9日(月)にかけて、キハ183系〈旭山動物園号〉編成を使用した団体臨時列車が運転された。7日は札幌―新得間、8日は釧路―旭川間、9日は帯広―札幌間で団体臨時列車として運転された。〈旭山動物園号〉は7月に新塗装になっており、新塗装になってからは初めての釧路方面の入線となった。
加藤弘樹(神奈川県)
2013_09_10_katou_hiroki001.jpg
毎年恒例のラッピング。
'13.9.10 京浜急行電鉄本線 金沢八景
 9月7日(土)より、京急2100形2173編成に「あきたこまち」をPRするラッピング及びHMが掲出されている。
米倉隼平(千葉県)
2013_09_09_yonekura_shuuhei001.jpg
EF65に牽かれる"なの花"、今後の活躍に期待。
'13.9.9 武蔵野線 東浦和―東川口
 9月9日(月)、流鉄5000形の3代目"なの花"(元西武鉄道新101系)が新秋津→馬橋間で甲種輸送された。牽引機は新秋津→越谷(タ)間が新鶴見機関区所属のEF65 2065号機、越谷(タ)→馬橋間が同所所属のDE10 1662号機がそれぞれ充当された。なお、流鉄線内は同じ5000形の"流星"が務めた。これで流鉄の車輌形式は5000形に統一された事になる。
高島 大(山梨県)
2013_09_09_takashima_dai001.jpg
秋晴れの中、黄金色の絨毯を行くH81編成。
'13.9.9 日光線 今市―日光
2013_09_09_takashima_dai002.jpg 栗橋駅では24系の黒磯訓練との離合も見られた。
'13.9.9 東北本線 栗橋
 9月9日(月)、小田原―日光間で修学旅行臨がH81編成を使用して運転された。同日にはEF64 1053を使用した黒磯訓練も実施されており、栗橋駅では離合も見られた。
佐野雄介(埼玉県)
2013_09_09_sano_yuusuke001.jpg
秋晴れのなか突き進む。
'13.9.9 川越線 日進―大宮
 9月9日、川越車両センター所属の209系多目的試験車"MUE-Train"が、南古谷―大崎―赤羽―大崎―南古谷で試運転を行った。
敷田和隆(埼玉県)
2013_09_09_sikita_kazutaka001.jpg
増備が続くE233系7000番代。
'13.9.9 高崎線 岡部―本庄 P:敷田和隆
2013_09_09_sakuma_nobuhiro003.jpg ハエ113編成の配給。
'13.9.9 東北本線 赤羽―尾久 P:佐久間信宏
 9月9日、新津車両製作所にて製造されたE233系7000番代ハエ113編成の配給輸送が行われた。牽引は全区間長岡車両センター所属のEF64 1032で行われた。また、EF64 1032がE233系7000番代の配給輸送に充当されるのは初となる。
衛藤拓史(大分県)
2013_09_09_etou_takushi001.jpg
小倉総合車​両センターに入区するED76 81号機。
'13.9.9 鹿児島本線 西小倉
 9月9日(火)、JR貨物門司機関区所属のED76 81号機が、同機関区所属のDE10 1746号機に牽引され、小倉総合車両センターに入場した。検査のための入場と思われる。
新羽雄樹(大阪府)
2013_09_08_sinba_masaki001.jpg
雨の中垂水駅通過する2077レ。
'13.9.8 山陽本線 垂水
  9月8日吹田機関区のEF66 52号機が広島に台検入場した。吹田から2077レで西岡山に行き、9月9日に8867レで広島に行った。牽引機はEF210-10号機が牽引した。
大石直輝(兵庫県)
2013_09_09_ooishi_naoteru001.jpg
最後の力走に向けて。
'13.9.9 大阪市交通局 谷町線 八尾車庫
2013_09_09_ooishi_naoteru002.jpg 2編成並ぶと圧巻の姿。
'13.9.9 大阪市交通局 谷町線 八尾車庫
 8月26日(月)より30系引退記念のヘッドマークが掲出されてきたが、9月6日(金)より新たにデザインされたヘッドマークが付けられている。なお、掲出車輌は3045Fと3049Fの2編成10輌に取り付けられており、前後で異なるデザインとなっている。また、今月9月14日(土)には"30系谷町急行"として八尾車庫から大日検車場を1往復する臨時列車も予定されている。残り2編成となった30系車輌の今後の動向が気になる。
山中英一(山形県)
2013_09_07_yamanaka_eiichi001.jpg
間もなく収穫の始まる水田を前に走行。
'13.9.7 左沢線 羽前高松―柴橋
 2014年開催の「山形デステネーションキャンペーン」を前に、9月7日・8日の両日、JR左沢線で〈SL山形日和。号〉が運転された。使用された車輌はC11 325に旧型客車3輌であった。運転に先立ち3日から5日には試運転が行われた。3日と4日は概ね晴天であったが、5日及び7日の午前は曇天、7日の午後と8日は雨天とあいにくの天候となったにもかかわらず、県外からも含めて大勢の愛好家が撮影に訪れていた。
臼井 敦(愛知県)
2013_09_05_usui_atsushi001.jpg
モトに挟まれ標準軌仮台車を履き、桑名を目指すラビットカー。
'13.9.5 近畿日本鉄道名古屋線 霞ヶ浦―近鉄富田
 9月5日、養老鉄道所属600系ラビットカー復刻色606編成の2輌が、近鉄塩浜検修車庫での全般検査を終え標準軌仮台車に履き替え、電動貨車モト90形モト94・96に挟まれ、近鉄名古屋線内を東方台車振り替え場まで輸送された。注目の塗装は、再びラビットカー復刻色での出場あった。なお本編成は狭軌本台車に履き替え後、6日に試運転を行い8日午後より運用に復帰された。
宮島昌之(石川県)
2013_09_09_miyajima_masayuki001.jpg
綺麗にお色直しされた、オユ10 2565。
'13.9.9 のと鉄道七尾線 能登中島
2013_09_09_miyajima_masayuki002.jpg 修繕の前、防水シートに覆われていた屋根上の冷房装置が、再び姿を現した。
'13.9.9 のと鉄道七尾線 能登中島
2013_06_29_miyajima_masayuki001.jpg オユ10 2565の隣に停留していた排雪兼用モーターカー。穴水運輸区入場に使用した牽引機とみられる。
'13.6.29 のと鉄道七尾線 能登中島
 車体外装の修繕のため、のと鉄道穴水駅隣にある穴水運輸区の検修庫に入場していた、鉄道郵便車オユ10 2565(静態保存)が無事作業を終え、9月6日(金)朝までに能登中島駅構内に戻された。貫通扉の幌は取り外されたが、腐食による外装の凸凹は目立たなくなり、屋根を含めた外装のほか足回りや床下機器などが綺麗に塗り直された。穴水運輸区の入出場に伴う輸送の様子は直接確認できていないが、本線を走行し移動させたものとみられ、入場輸送は6月29日(土)~7月2日(火)の間の、いずれかの深夜帯に排雪兼用モーターカーが牽引、また返却は地元新聞報道によると「気動車に先導」と記されていた事から、異例にもNT200形が牽引して、9月5日(木)~6日(金)の深夜帯に能登中島駅に戻された模様。オユ10 2565が本線を走行したのは、(旧)能登線の廃線に伴い、2004年11月に(旧)甲駅から現在の能登中島駅に移されて以来となる。同車輌は現在、有志団体「ふるさと鉄道保存協会・鉄道郵便ワーキンググループ」が所有管理していて、これまでも地道な手作業で車体の補修を適度進めていたが、屋外での展示が長年続いたために、外装には錆や塗装の剥がれ、所々に穴が開くなど傷みが目立っていた。地元報道によると、のと鉄道が北陸新幹線金沢開業を見据えた「能登の観光資源」の見所のひとつとして、日本に2輌しか現存しないオユ10形を活用することとなり、今回本格的な修繕が行われたとのこと。作業は段階的に進められ、昨年冬から今年の春にかけては、既報の通り能登中島駅での展示を続けながら、事前に「側扉」や「貫通扉」の補修塗装が実施されている。今後は保存環境改善のため、雨ざらしを避けるべく屋根を設置する検討を行うとのこと。なお、これまで一般向けの車内公開は、のと鉄道を利用しての団体ツアーや、「ふるさと鉄道保存協会・鉄道郵便ワーキンググループ」主催で年2回開催されている、「鉄道郵便車フェスティバル」など機会が限られていたが、9月9日(月)からは平日限定ながら随時車内が公開されることになった。(見学の旨を駅職員に申し出ることで可。無料で午前9時~午後3時まで。)

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2013年9月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.