鉄道ホビダス

2013年7月 5日アーカイブ

手島歩夢(埼玉県)
2013_07_04_tejima_ayumu001.jpg
09運用で運用入りしたハエ107編成。
'13.7.4 埼京線 浮間舟渡
 4日、川越車両センター所属のE233系7000番代の第7編成(ハエ107編成)が埼京線での運用を508K列車(指扇5:25発新宿行)より開始した。09運用は一旦、川越車両センターに入区するが、その後再出区も行う運用であり、一旦入区後である1508K列車(指扇15:49発新宿行)にも運用された。なお、HM取り付け編成であるハエ101編成は4日に関しては予備車だった。
中司朔良(兵庫県)
2013_07_04_nakatsuka_akira001.jpg
通勤特急運用に入る9000系9007F。
'13.7.4 阪急電鉄神戸本線 梅田
 宝塚本線の平井車庫に所属する9000系の9007Fが7月3日(水)より神戸本線にて運用されている。これは神戸本線の車輌に不足が生じたための貸出措置と思われる。これで宝塚本線所属の9000系が神戸本線にて運用されるのは9001F、9003Fに続いて3編成目となる。
宮島昌之(石川県)
2013_07_04_miyajima_masayuki001.jpg
普段の表情に戻った521系G06編成。(写真は金沢折り返しの346M)
'13.7.4 北陸本線 西金沢
 金沢総合車両所所属の521系G06編成(クモハ521-11+クハ520-11)の運転台側左右に、今年1月頃より取り付けられていた転落防止用とみられる幌(柵)が取り外されているのを、2013年7月4日(木)の635Mで確認した。521系では1月以降新たに同様の設備を取り付けた編成は無く、G06編成だけが異彩を放つ存在だったが、関西圏の223系W10編成で同等の設備が撤去されたと話題になったことから、521系G06編成の動向が注目されていた。
河原翔一(神奈川県)
2013_07_04_kawahara_shouichi002.jpg
桃太郎に代わり、朝の東海道を上る。
'13.7.4 東海道貨物線 東戸塚―横浜羽沢
 4日の3074レ(A254)にEF65 2121が充当された。同列車は新鶴見機関区のEF210が所定であり、前日の3075レ(A253)からの代走である。また、同機は2日の3075レ、3日の3074レも代走しており、連日東海道を行き来した。なお、2日、3日の3075レはリフレッシュ工事のため旅客線に迂回して運転されている。
神崎 圭(神奈川県)
2013_07_04_kanzaki_kei001.jpg
EF65に牽引され大宮を目指す。
'13.7.4 東海道貨物線 新鶴見信号場
 4日、新鶴見機関区所属のDE11 2004が大宮総合車両センターへ検査の為、入場した。牽引機は同所所属のEF65 2040であった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2013年7月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.