鉄道ホビダス

2013年7月 3日アーカイブ

清水直樹(山梨県)
2013_07_02_shimizu_naoki001.jpg
EF64の牽引で長野へ向かう211系。
'13.7.2 中央本線 上野原
 211系タカC13編成が高崎→長野で配給された。牽引はEF64 1031。
佐野雄介(埼玉県)
2013_07_02_sano_yuusuke001.jpg
種別なし新木場も今後営業で期待。
'13.7.2 川越線 西大宮
 7月2日、新津車両製作所を出場したハエ108編成が配給され、その日のうちに所属先である川越車両センターへ試運転を兼ねて回送された。
大石直輝(兵庫県)
2013_07_02_ooishi_naoteru002.jpg
久しぶりの来阪。
'13.7.2 東海道本線 住吉―摂津本山
 7月2日(火)、2074列車(幡生操―大阪タ)に吹田機関区所属のEF66 24が充当された。
中司朔良(兵庫県)
2013_07_02_nakatsuka_akiyoshi001.jpg
リニューアルを終えた7010Fにもヘッドマークが掲出されている。
'13.7.2 阪急電鉄神戸本線 梅田
 7月1日から祇園祭が開催されるのに合わせて、毎年恒例の「祇園祭」ヘッドマークが7月1日(月)~7月17日(水)までの予定で京都・宝塚・神戸各本線の8列車、計24列車に掲出している。ヘッドマークのデザインは祭りの代名詞的存在である「鉾」に、五瓜に唐花紋、三つ巴の各紋を添えたデザインとなっている。
神崎 圭(神奈川県)
2013_07_02_kanzaki_kei001.jpg
昼間の東海道線に0番代貨物現る。
'13.7.2 東海道本線 新子安
 2日、東海道貨物線リフレッシュ工事に伴う影響で、貨物線を走行する一部列車が鶴見―小田原間を旅客線を使用しての迂回運転が実施された。また東海道本線では普段貨物列車が通らないため、その光景を撮影しようと多くのレイルファンが集まった。
橋本 淳(滋賀県)
2013_07_02_hasimoto_jun001.jpg
曇り空の姫路に到着。
'13.7.2 山陽本線 姫路
 7月2日、網干総合車両所所属の225系Y1編成4連が網干総合車両所―大久保間で性能試験を目的とする試運転が行われた。今回の試運転で行われた内容はATS(自動列車停止装置)の作動確認や制動試験などが主に行われていた。

【JR貨】DE200-7001甲種輸送

山田剛愛(京都府)
2013_07_02_yamada_goai001.jpg
七つ星クルーズの牽引機が姿を現す。
'13.7.2 山陽本線 兵庫 P:山田剛愛
2013_07_02_imose_mitsuhiro002.jpg 黒の薄いカバーが掛けられ出場したDF200-7000番代。
'13.7.2 山陽本線 鷹取 P:妹背光洋
2013_07_02_hamada_naruki001.jpg 播州路を西へ。
'13.7.2 山陽本線 姫路―英賀保 P:濱田成紀
2013_07_02_harada_keiji001.jpg 黒いベールに覆われた"ななつ星"牽引機。
'13.7.2 山陽本線 須磨―塩屋 P:原田敬司
 7月2日、川崎重工兵庫工場から落成したDF200-7001号機が甲種輸送された。この機関車はJR九州が10月から運転を開始する"クルーズトレイン七つ星in九州"に使用される機関車で、1泊2日もしくは3泊4日で九州を周遊する列車である。牽引は兵庫―神戸貨物ターミナル間が岡山機関区所属のDE10 1192、神戸貨物からは吹田機関区所属のEF210-159が担当した。また、伴車として吹田機関区所属のヨ8902が使用された。
濱田成紀(兵庫県)
2013_07_02_hamada_naruki002.jpg
リニューアルされた221系C1編成。
'13.7.2 山陽本線 姫路―英賀保
 幡生工場でリニューアル工事を受けた221系C1編成が運用を再開した。本線運用車ではB8編成に続き、2本目となる。
衛藤拓史(大分県)
2013_07_02_etou_takushi001.jpg
見応えある編成が迫ってくる。
'13.7.2 久大本線 湯平―南由布
 10月から運行予定の豪華寝台特急"ななつ星"の運転に備え7月2日(火)に事前確認列車が運転された。事前確認列車の編成は、DE10 1638+キハ47 8159+キハ47 74+キハ47 8076+キハ185-6+キハ186-3+キハ47 4509+DE10 1195だった。
古橋佑介(愛知県)
2013_06_30_huruhasi_yuusuke001.jpg
今回は"クルージングトレイン"編成で運転。
'13.6.30 米坂線 今泉―萩生
 6月29日(土)、30日(日)、快速〈さくらんぼトレイン〉が新潟―今泉間で運転された。使用車輌は秋田車両センター所属のキハ48系2輌"クルージングトレイン"編成で途中、坂町―今泉(米坂線内)では勾配対策の為、長岡車両センター所属のDE10 1700に牽引されるという珍しい運転形態となった。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2013年7月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.