鉄道ホビダス

2013年7月 1日アーカイブ

橋本翔太(兵庫県)
2013_07_01_hashimoto_shouta001.jpg
リニューアル工事を明け、神戸線を走る7000系7010F。
'13.7.1 阪急電鉄神戸本線 武庫之荘―西宮北口
 リニューアル工事を受け、6月の下旬に出場した7000系7010Fは、2013年(平成25年)7月1日(月)に営業復帰した。今回のリニューアルは、内装に関してはこれまでと同じ内容の改造が施され、ドア上には液晶モニター(LCD)による車内案内表示機も設置されている。尚、車体前面の改造は7000系では初めての顔が原型のまま車番の位置が変更され、印象が変化している。
薮田悠矢(東京都)
2013_06_30_yabuta_yuuta001.jpg
新宿線の有名撮影地を行く池袋線用の6000系。
'13.6.30 西武鉄道新宿線 小平―花小金井
 6月30日、西武池袋線専用の6000系6117編成が車内LCD取付工事のため小手指―所沢―上石神井―玉川上水の経路で回送された。今年度副都心線対応の6000系は5編成がLCD取り付け工事を行う予定。
武田雄太(北海道)
2013_06_30_takeda_yuuta001.jpg
古参車輛が勢揃い。
'13.6.30 函館市企業局交通部宝来・谷地頭線 谷地頭―青柳町
 函館市の路面電車開業100周年記念イベントの一環として6月30日(日)、通常営業運転開始前にモーニング電車大行進が開催された。使用車輛は530号、723号、39号(箱館ハイカラ号)、排4号(ササラ電車)で末広町、十字街、青柳町付近で車輌を留置。ササラ電車以外は乗車しての移動が可能で、早朝5~6時台にもかかわらず大勢の鉄道ファン、地元市民が撮影に訪れ普段静かな函館市西部市街地は賑わいを見せた。
扇 勇人(千葉県)
2013_06_30_ougi_yuuto001.jpg
いつもは走ることのない線路を行く北総車。
'13.6.30 京成電鉄本線 八幡―鬼越
 6月30日、北総鉄道7300形7308編成が宗吾参道車両基地へ入場した。今回の入場は、クーラー清掃のためと思われる。
大島哲也(富山県)
2013_06_30_oosima_tetsuya001.jpg
昼間の定期運用に入る〈スーパードライ号〉。
'13.6.30 富山地方鉄道 荒町―桜橋
 富山地方鉄道では、今年も〈ビア電アサヒスーパードライ号〉を7月1日より運行開始する。今年は、デ7015がビア電にラッピングされた。〈ビア電アサヒスーパードライ号〉は、富山駅前18時30分(土日祝は18時20分)に発車し富山駅前―大学前―南富山駅前―富山駅前を走行する。昼間は、定期便にも入るので、その姿を目にすることができる。
野中麗央(香川県)
2013_06_30_nanaka_reo001.jpg
月1から週2~3日に...観光列車としての役割が今始まった。
'13.6.30 高松琴平電気鉄道琴平線 円座―一宮 P:野中麗央
2013_06_30_yamada_yuu001.jpg ことでんレトロ電車運行。
'13.6.30 高松琴平電気鉄道琴平線 榎井―羽間 P:山田 優
 6月30日、琴電琴平→高松築港にてことでんレトロ車輌による特別運行が行われ、編成は高松築港側から20形23号+3000形300号で「うどん県時間旅行物語」とうどんが描かれたヘッドマークが掲げられた。23日にも月1の特別運行として走行したが、今回は香川県観光協会のプロジェクト「うどん県時間旅行物語」によるキッフオフイベントとして運行された。琴電琴平駅ではうどん県副知事で俳優の要潤さんが出発式に参加された。今回のプロジェクトによりことでんレトロ車輌は7月5日~12月1日のすべての土日祝に1往復運行が決定している。
丹羽拓也(兵庫県)
2013_06_30_niwa_takuya001.jpg
久々の原色重連。EF64 1014+1006。
'13.6.30 中央本線 武並―恵那
2013_06_30_niwa_takuya002.jpg 81レに充当されたEF64原色重連1014+1006。
'13.6.30 中央本線 木曽平沢―贄川
 ダイヤ改正後では初めて、又、今年の1月以来の半年ぶりのEF64原色重連EF64 1014+1006が充当された。6月28日(金)の5885レより充当され、30日(日)には81レに充当された。
柏木佑太(埼玉県)
2013_06_30_kasiwagi_yuuta001.jpg
ヘッドマークを掲出して埼京線を走行するE233系。
'13.6.30 埼京線 十条 P:柏木佑太
2013_06_30_nisizawa_tomoaki001.jpg 埼京線E233系7000番代第101編成。
'13.6.30 埼京線 北与野 P:西澤智章
 6月30日、埼京・川越線のE233系7000番代が営業運転を開始した。当日は、1008Kから運用に入り、ヘッドマークを掲出しての運転となった。始発駅となる大宮駅では出発式も行われた。順次205系を置き換え、今年度中にはすべての車輌がE233系となる模様。
石井大智(山梨県)
2013_06_30_ishii_taichi001.jpg
これで河口湖に行くのは最後。
'13.6.30 中央本線 上野原 P:石井大智
2013_06_30_yonekura_shuuhei001.jpg 最後の〈ホリデー快速河口湖2号〉が何事もないように走って行く。
'13.6.30 中央本線 東小金井 P:米倉隼平
 6月30日(日)、大宮(2012年7月1日から小山)―河口湖間を走る、〈ホリデー快速河口湖3・6号〉の運転がこの日の運転を最後に終了した。これは富士山の世界遺産登録に伴う、2013年7月6日から〈ホリデー快速富士山3・4号〉と列車名を変更して運転するため。〈ホリデー快速河口湖号〉運転時との変更点は、6号の小山行が4号になり、車両が大宮車両センター(前・田町車両センター)所属183・189系H61編成6輌から、幕張車両センター所属の183系6輌に変更される。この〈ホリデー快速河口湖3・6号〉の運転を最後に、183・189系H61編成は廃車となる予定。一方、〈ホリデー快速河口湖1・2号〉は車輌等の変更はなく、列車名が〈ホリデー快速富士山1・2号〉になり、ヘッドマークも新しいものが提出される。
福田智志(埼玉県)
2013_06_30_hukuda_tomosi001.jpg
〈ホリデー快速河口湖号〉の運転終了を記念した撮影会を開催。
'13.6.30 富士急行河口湖線 河口湖
2013_06_30_hukuda_tomoshi002.jpg 富士急の車輌も展示、富士急の全車輌に富士山の世界遺産登録記念のHMが付いている。
'13.6.30 富士急行河口湖線 河口湖
 富士急行は、6月30日に「ありがとうホリデー快速河口湖号車両撮影会」を河口湖駅構内で開催した。撮影会は2回に分けて行なわれ、2回目では団体列車〈お座敷列車プラレールトーマス号〉に使用されたお座敷列車"華"が登場した。河口湖駅では〈ホリデー快速河口湖号〉の運転終了を記念したグッズが発売された。当日はあいにくの曇り空となったものの、多くのファンたちが集まっていた。7月から〈ホリデー快速河口湖号〉は〈ホリデー快速富士山号〉に列車名を改める。
堀口敦行(東京都)
2013_06_30_horiguchi_akiyuki001.jpg
着々と数を増やす。
'13.6.30 東武鉄道東上本線 下板橋
 6月27日(木)より、転属工事を終えた東武30000系31608F+31408Fの10輌が東上本線(池袋―小川町間)での営業運転を開始した。森林公園検修区所属の30000系はこれで7本目となり、南栗橋車両管区春日部支所所属の30000系(地上専用車)と所有本数が逆転した。
廣島一貴(東京都)
2013_06_30_hirosima_kazuki002.jpg
C61が46年ぶりに仙台エリアを快走。
'13.6.30 東北本線 陸前山王―国府多賀城
2013_06_30_hirosima_kazuki001.jpg 往路は出場仕立ての757号機が先頭に立った。
'13.6.30 東北本線 陸前山王―岩切
 6月29、30日、仙台・宮城ディスティネーションキャンペーンのフィナーレを飾るイベントとして仙台―小牛田間にて〈EL・SL仙台宮城DC号〉と〈SL仙台宮城DC号〉が運転された。上りはED75 757+旧客5輌+C61 20で、下りはC61 20+旧客5輌で運転された。C61が東北本線の仙台地区入線は46年ぶりとなった。HMは一般公募で採用されたものが掲出された。デザインは2日とも違うものが付けられた。
矢野 恭(福岡県)
2013_06_29_yano_kyou001.jpg
ヘッドマーク付き列車同士の交換。
'13.6.29 平成筑豊鉄道田川線 豊津
 6月29日(土)、30日(日)に、平成筑豊鉄道直方駅・田川伊田駅・赤駅を中心に、伊田線開業120周年を記念した駅ナカパビリオンの第3弾が開催された。今回のコンセプトは「スイーツ」で北九州・筑豊地区からスイーツの名店が出店し、沢山の買い物客で賑わった。また、当日は一乗車100円列車の運行や、ヘッドマーク付き列車の運行を行うなど、沿線住民やレールファンにも嬉しいイベントも開催された。
山中英一(山形県)
2013_06_29_yamanaka_eiichi001.jpg
スロフ12 102以下を牽引して庄内地方を走る。
'13.6.29 羽越本線 羽前水沢―羽前大山
 平成26年開催の山形デスティネーションキャンペーン(DC)を前に、山形県内では6月25日からプレDCを開催中で、それに合わせて各種のイベント列車が運行されている。6月29日と30日には、羽越本線村上―酒田間で〈SLうまさぎっしり庄内号〉が運転された。(29日は下り、30日は上りのみの運行)使用されたのはC57 180以下の"SLばんえつ物語号"編成であった。今年はグリーン車のスロフ12 102が組み込まれてから初めて羽越本線を走ることもあって大勢の愛好家が撮影に訪れていた。
宮島昌之(石川県)
2013_06_29_miyajima_masayuki002.jpg
NT201("花咲くいろは"ラッピング)を貸切。一般利用に配慮してか、前面表示器は「臨時」を掲示。
'13.6.29 のと鉄道七尾線 能登中島 ※有志団体代表の許可を得て撮影
 のと鉄道七尾線でNT201("花咲くいろは"ラッピング)を使用した、「着ぐるみコスプレ撮影」のための貸切列車が、穴水―七尾間で往復運転された。これは、着ぐるみコスプレ関連で交流のある有志一同が企画実施した、能登半島各地での野外撮影ロケの一環として貸切運転したもので、車内や途中駅ではカメラマンとコスプレイヤーによる写真撮影が行われた。そのうち往路の七尾駅到着の際には、改札前のJR1番線(上り本線)に入線、ホームではコスプレイヤーが揃っての記念撮影も行われ、たまたま駅を利用していた利用客(子供や学生、年配の方まで)が、カメラを向ける光景も見られた。さらに貸切列車ながら、一般利用客にも往復無料で開放されていた。
船山太一(神奈川県)
2013_06_29_hunayama_taichi001.jpg
この時期には貴重な夕焼けに照らされて、一行は新宿へ。
'13.6.29 小田急電鉄江ノ島線 善行―六会日大前 P:船山太一
2013_06_29_matsumoto_kenzo001.jpg 藤沢駅で並んだLSEとEXE。
'13.6.29 小田急電鉄江ノ島線 藤沢 P:松本犬造
 6月29日、小田急ロマンスカー7000形LSE車(7004編成)を使用した特別団体専用列車が新宿―片瀬江ノ島間で運転された。これは近畿日本ツーリストが企画したツアー「THE鉄コン!in江の島」に伴うもので、昨年12月1日以来2度目の開催となった。
原田和樹(千葉県)
2013_06_29_harada_kazuki001.jpg
始発駅となる木更津を目指す。
'13.6.29 内房線 姉ヶ崎―長浦
 6月29日、30日に、団体臨時列車として、〈リレーさざなみ号〉(木更津―勝浦間)、〈リレーわかしお号〉(勝浦―木更津間)が運転された。使用された列車はJR東日本大宮総合車両センター所属の国鉄色183系OM103編成6輌で、下り方には特製の〈リレーさざなみ号・リレーわかしお号〉が掲出され、後面ヘッドマークには「団体」と掲出された。
後藤篤史(千葉県)
2013_06_29_gotou_atsusi001.jpg
走り慣れた常磐路から新天地北陸路へ。
'13.6.29 常磐線 佐貫―牛久 P:後藤篤史
2013_06_29_kobayasi_yosiaki001.jpg 置き換え車輌第1陣の回送。
'13.6.29 信越本線 押切―見附 P:小林良彰
 E653系1000番代U-101編成(元E653系K301編成)がリニューアルして郡山総合車両センターを出場し、6月27日、28日と勝田―神立間で試運転を行い、6月29日に新しい転属先となる新潟車両センターへ回送された。
谷本勇太(滋賀県)
2013_06_28_tanimoto_yuuta002.jpg
送り込まれる117系T2編成。
'13.6.28 東海道本線 近江八幡
 28日、吹田総合運転所京都支所所属の117系T2編成を使用した団体列車が彦根―田村間で1往復運転された。
須藤佑介(東京都)
2013_06_28_sudou_yuusuke001.jpg
107系が帰らぬ旅路へ。
'13.6.28 東北本線 新白岡―白岡
2013_06_28_sudou_yuusuke002.jpg むなしく去っていった107系。。
'13.6.28 東北本線 新白岡―白岡
 6月28日、小山車両センター所属107系ヤマN3+N5+N6+N7編成が小金井―長野間で配給輸送された。牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1030。
原田敬司(兵庫県)
2013_06_28_harada_keiji001.jpg
遅延ダイヤ。赤川鉄橋を行く「ゼロロクニーナ」。
'13.6.28 城東貨物線 吹田(タ)―鴫野
 始発駅越谷(タ)を定刻に出発して終着駅百済(タ)を目指したEF66 27号機牽引1067レは東海道本線近江長岡―醒ヶ井駅間で発生した輸送障害のため7時間を越える列車遅延となった。国鉄色で原型を残す27号機牽引ということで赤川鉄橋には多くのレイルファンが早朝より集っていた。
柏木佑太(埼玉県)
2013_06_23_kasiwagi_yuuta001.jpg
オール4扉車となり運用に就くハエ18編成。
'13.6.23 埼京線 与野本町
 6月中旬、川越車両センター所属205系ハエ18編成の組成が、6扉車を抜き、10輌すべての車輌が4扉車の組成に変更された。同編成に組み込まれていたサハ204-901の空調装置が故障した模様で、同編成に組み込まれていたサハ204-901、サハ204-48が抜き取られ、ハエ27編成に組み込まれていたサハ205-172、173を組み込み現在の組成となっている。組成は川越方からクハ+モハ+モハ+サハ+モハ+モハ+サハ+モハ+モハ+クハとなっている。
レイル・マガジン

2013年7月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.