鉄道ホビダス

2013年5月20日アーカイブ

小島英明(神奈川県)
2013_05_18_kojima_hideaki001.jpg
後藤工場タイプのデフを取り付け貨車を従えるC58 363。
'13.5.18 秩父鉄道 広瀬川原車両基地 P:小島英明
2013_05_18_hukuda_tomosi002.jpg 1000形全3編成が並ぶのはこれで最後となった。
'13.5.18 秩父鉄道 広瀬川原車両基地 P:福田智志
2013_05_18_suzuki_taketo007.jpg 4色の電機機関車が並べられた。
'13.5.18 秩父鉄道 広瀬川原車両基地 P:鈴木岳人
  5月18日(土)、秩父鉄道広瀬川原車両基地において、第9回わくわく鉄道フェスタが開催され、C58 363や電気機関車、1000系電車などの車輌展示のほか、SL運転台見学、鉄道グッズの販売、各種イベントが行われた。C58 363は後藤工場で1957年に改造されたC58 385号機用の切取り式デフを再現した後藤工場タイプのデフが取り付けられて展示され、2013年度で引退予定の1000系電車3編成(1001号、1003号、1010号)の並びと合わせて注目を集めていた。なお、C58 363はこのままの姿で5月19日(日)から6月30日(日)までに計13回"SLパレオエクスプレス"を牽引する予定となっている。
新羽雄樹(大阪府)
2013_05_19_sinba_masaki001.jpg
大阪駅4番線に117系が停車中。
'13.5.19 東海道本線 大阪
 5月19日京都総合車両所の117系6輌が安土まで運転した。団体扱いのルートは大阪から安土まで、回送扱いで米原まで運転した。117系が安土まで団体で使用するのは珍しい。
山中英一(山形県)
2013_05_19_yamanaka_eiichi001.jpg
参拝者で賑わう立石寺を背景に走行する国鉄色の485系。
'13.5.18 仙山線 面白山高原―山寺 P:山中英一
2013_05_18_hukai_yuuta001.jpg
新緑の仙山線を行く485系。
'13.5.18 仙山線 山寺―高瀬 P:深井雄太
 山寺の名前で知られる立石寺では、根本中堂御本尊薬師如来の50年に一度の御開帳が行われており、多くの参拝者で賑わいを見せている。5月18・19の両日は、仙山線の仙台―山形間で〈新緑山寺御開帳号〉が運転された。使用されたのは仙台車両センターの485系国鉄色A1+A2編成であった。なお、御開帳は5月31日まで行われる。
酒井健一郎(静岡県)
2013_05_19_sakai_keiichirou001.jpg
映画祭「シズオカ X カンヌウィーク 2013」にあわせてPRマークを取り付けた編成。
'13.5.19 静岡鉄道静岡清水線 音羽町―日吉町
 静岡鉄道では18日から26日まで静岡市内、清水市内で開かれている映画祭「シズオカ X カンヌウィーク 2013」にあわせてPRマークを取り付けた編成を運転している。これは静岡市とカンヌ市が姉妹都市で、カンヌ映画祭にあわせて開催されるイベントであり、地元企業である静岡鉄道がイベントPRに一役買っている。
大島哲也(富山県)
2013_05_19_oosima_tetsuya001.jpg
久しぶりに電鉄黒部まで入線した10025+10026+174。
'13.5.19 富山地方鉄道 電鉄黒部―電鉄石田
 富山地方鉄道のモハ10025+モハ10026+クハ174の編成が、1か月半ぶりに再編成され、富山地方鉄道主催のミステリー列車として走った。富山―立山―電鉄魚津―新魚津―西魚津―新魚津―西魚津―電鉄魚津―電鉄黒部―新魚津―電鉄黒部―稲荷町だった。特に、立山線の有峰口―立山と地鉄本線の滑川―電鉄黒部の入線は久しぶりであった。クハ174も、4月上旬より休車から1か月半ぶりに走行した。
石川 敦(栃木県)
2013_05_19_isikawa_atusi001.jpg
修学旅行生を乗せ、神奈川を目指す。
'13.5.19 東北本線 雀宮―石橋
 5月19日、183・189系H102編成を使用した集約臨が戸塚―日光、日光―大船間で運転された。前面表示器は、往路、復路ともに"修学旅行"だった。
崎山喜一朗(東京都)
2013_05_18_sakiyama_kiichirou001.jpg
「第80回日本ダービー」のラッピングがされた1000系1701F。
'13.5.18 京王電鉄井の頭線 高井戸
  5月18日(土)、1000系1701Fに「第80回日本ダービー」のラッピングが貼られているのを確認した。なお、井の頭線の車輌でこのようなラッピングがされるのは極めて珍しいことである。
水野 誠(岐阜県)
2013_05_18_mizuno_makoto001.jpg
高山駅での出発前のひととき、奥にはキハ48国鉄色編成も。
'13.5.18 高山本線 高山
 「飛騨鉄の会」主催のキハ40 6309を使った団体列車「新緑の中を走るキハに乗る会」が、高山―杉原―高山間で運行された。快晴に恵まれ心地よい風が吹く中、高山線沿線の愛好者を中心に遠くは、横浜、大阪からの参加者も含め45名の車内は大賑わいだった。飛騨北部では田植えの時期と重なり、珍しい単行列車に田植えの手を休め、手を振る姿も見られた。
原田敬司(兵庫県)
2013_05_18_harada_keiji001.jpg
「カンセンジャー」ラッピング500系V8編成。
'13.5.18 山陽新幹線 新大阪―新神戸
 山陽新幹線公式キャラクターである「カンセンジャー」をラッピングした500系8輌編成を使用した「500系新幹線に乗ってカンセンジャーと車両基地を見に行こう!」が、5月18日新大阪―博多総合車両所間を団体列車が直通運転された。
吉田賢司(埼玉県)
2013_05_17_yosida_kenji001.jpg
原色のまま七光台へ向かう11632F。
'13.5.17 東武鉄道野田線 春日部―藤の牛島
 5月17日に、10030型の11632Fが七光台へ回送された。電連が撤去されていたので、転属と思われる。塗装変更等はせずにそのまま回送されたので、日中試運転では走らなかった春日部以東で原色のままの走行を見ることができた。
福田智志(埼玉県)
2013_05_17_hukuda_tomoshi001.jpg
東京スカイツリータウン開業1周年を記念して運転開始。
'13.5.17 東武鉄道亀戸線 曳舟
 東武鉄道は、東京スカイツリータウンの開業1周年を記念して、5月5日から東武亀戸線で特別ラッピング電車「下町トレイン」の運転を開始した。東武亀戸線で活躍する8000系の前面にヘッドマーク、側面に東武亀戸線全5駅と伊勢崎線の浅草、東向島、北千住の3駅のそれぞれの名所を浮世絵で表現したラッピングが貼られている。車内床面には東京スカイツリー周辺の下町の街並みが描かれており、つり革は下町の名所を当てるクイズ形式のデザインとなっている。また車内アナウンスの一部が東京スカイツリーのキャラクター「ソラカラちゃん」の声で放送されている。「下町トレイン」は8月31日まで運行する予定であり、亀戸線の他、車輌運用の都合上大師線で運転することもある。
衛藤拓史(大分県)
2013_05_17_etou_takushi001.jpg
日豊本線を北上するマヤ34 2009。
'13.5.17 日豊本線 大分
  5月17日(金)、熊本車両センター所属のマヤ34 2009が、日豊本線を検測した。牽引は同所属のDE10 1195だった。今後も北部九州地区を中心に検測する予定。
向井匡弥(大阪府)
2013_05_15_mukai_kyouya001.jpg
普段は出さない「普通 和泉砂川」表示を出して走行。
'13.5.15 阪和線 東佐野―熊取
 5月15日、吹田総合車両所日根野支社所属の103系6連または205系6連が充当されるA23運用とA32運用を、夕方出区時から運用終了までの間にかけての、A23運用を223系HE418編成、A32運用を223系HE435編成が代走した。なお、当初充当されるはずであった223系・225系A146運用、A138運用は欠車のまま4輌編成で充当された。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2013年5月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.