鉄道ホビダス

2013年5月 8日アーカイブ

豊嶋達也(千葉県)
2013_05_04_toyosima_tatuya001.jpg
快速〈お座敷水郷号〉運転。
'13.5.4 成田線 椎柴―松岸
 5月3日と4日に新宿―千葉―成田―佐原―銚子間において、勝田車両センター所属"リゾートエクスプレスゆう"を使用した快速〈お座敷水郷号〉が、両日の上下列車とも満席で運転された。同編成が銚子まで入線するのは久しぶりであった。
星出昌宏(山口県)
2013_05_05_hoside_akihiro001.jpg
2輌編成で運転される〈こども鉄道員号〉。
'13.5.5 錦川鉄道錦川清流線 森ヶ原信号所
 5月5日、錦川鉄道では〈こども鉄道員号〉が、錦町―岩国間で1往復運転された。これは、同鉄道がこどもの日に小学生向け鉄道体験のイベントの一環として開催したもので、車内で子どもたちは、発車ブザー合図や車内放送などの車掌の業務を体験した。なお、同列車には"せせらぎ号"と"こもれび号"の2輌が充当され、ヘッドマークも取り付けられた。
椙田俊幸(東京都)
2013_05_03_shouda_tosiyuki001.jpg
スカ色115系6連が新緑の軍畑の鉄橋を渡る。
'13.5.3 青梅線 二俣尾―軍畑
 大宮―奥多摩間をスカ色115系6連(東トタ車M40編成)が、4月27日~29日、5月3日~6日の計7日間、1日一往復運転された。H・Mの取り付けは無く、行先表示は「快速」表示であった。
桜田 映(秋田県)
2013_05_05_sakurada_ei001.jpg
公開された旧小坂駅で動態保存されているDL。
'13.5.5 旧小坂鉄道 小坂
 2009年に廃止になった旧小坂鉄道で4月28日と5月5日の両日、旧小坂駅で動態保存されている車輌などの公開イベントが開催された。旧小坂駅では貨物輸送に使用されていたディーゼル機関車4輌やキ115形ラッセル車等の車輌が動態保存されており、鉄道廃止後これまでにも数回公開イベントが開催されている。同鉄道では旧小坂駅跡をレールパークとして整備する計画があり、今回は旧小坂駅の改修工事が完了したため、駅舎のお披露目と合わせて車輌の公開が実施された。今後6月にも車輌公開を行い、その際には現役時代同様に機関車3重連の総括運転のデモ走行を実施予定。また、10月にはレールパークをプレオープンし、ディーゼル機関車の運転体験なども計画している。
鈴木恒彦(長崎県)
2013_05_07_suzuki_tunehiko001.jpg
正覚寺下で折り返しの回送を待つ168号。
'13.5.7 長崎電気軌道 正覚寺下
 JTB九州長崎支店100周年を記念して、長崎電気軌道のレトロ電車168号の特別運行があった。長崎駅前―蛍茶屋間、築町―赤迫間、五島町―正覚寺下間、西浜町―蛍茶屋間、築町―赤迫間を営業運転し、この営業運転区間はJTBの好意により乗車運賃が無料となった。またヘッドマーク、側面の看板も掲示しての運行となった。
藤谷悠佑(滋賀県)
2013_05_07_hujitani_yuuki001.jpg
カーブの先から姿を現した443系。
'13.5.7 草津線 貴生川―三雲
 吹田総合車両所京都支所に所属する電気検測試験車の443系(クモヤ443-2+クモヤ442-2)による検測が、5月7日(火)に草津線草津―柘植間で行われた。草津線の検測は日中に1往復行われるのがパターンとなっており、熱心なファンがその姿をカメラに収めていた。
武田雄太(北海道)
2013_05_06_takeda_yuuta001.jpg
21世紀の札幌スタイル、鮮烈デビュー。
'13.5.6 札幌市交通局一条線 中央区役所前
 札幌市交通局(市電)の新低床車輌A1200形が5月5日(日・祝)より営業運転を開始した。1988年投入の8520形以来25年ぶりの新製車である新型車輌は斬新なスタイルもあって注目度は高く、沿線では多くの市民、ファンが新型車輌を撮影する姿が見られた。5月中は10時~15時台に定期便とは別ダイヤでの臨時便として運行される。
大島哲也(富山県)
2013_05_04_oosima_tetuya001.jpg
稲荷町で待機中の10025+10026+175。
'13.5.4 富山地方鉄道 稲荷町
 富山地方鉄道の3連は、モハ10025+モハ10026+クハ174があるが、2013年4月上旬からクハが174からクハ175に変更されている。理由はわからないが、現在はクハ174は休車になっている。10025+10026+175の組み合わせは、過去にも数回しか走っておらず、珍しい光景となっている。
馬場 剛(埼玉県)
2013_05_05_baba_tuyosi001.jpg
春晴れの中、有名撮影地をEF81 95牽引の訓練が通過する。
'13.5.5 東北本線 蓮田―東大宮
  2013年5月3日(金・祝)より、田端運転所所属のEF81と尾久車両センター所属の24系6輌を使用した乗務員訓練が尾久―黒磯間で実施されている。尚、この訓練は5月に入ってから(2013年5月6日現在)は3日(金・祝)~6日(月・振休)で行われており、牽引については3日(金・祝)と4日(土・祝)はEF81 98が、5日(日)と6日(月・振休)はEF81 95がそれぞれ担当した。

【JR東】E653系返却回送

須藤佑介(東京都)
2013_05_06_sudou_yuusuke001.jpg
E653が新潟から帰ってきた!
'13.5.6 高崎線 宮原
 平成25年5月6日(月)、E653系の返却回送が上沼垂→上野→勝田で行われた。
加藤孝英(埼玉県)
2013_05_05_katou_takahide001.jpg
イベント会場には上田のご当地ヒーローウェイダーも現れた。
'13.5.5 上田電鉄別所線 下之郷
 上田電鉄は5月5日に丸窓まつりを開催した。会場では車輌展示、グッズ販売、じゃんけん大会などが行われた。また、イベント開催に伴い下之郷―上田間で午前と午後にイベント特製HMを掲出した7200系〈まるまどりーむ号〉による臨時列車が各1往復運転され、午前の列車では上田市のご当地ヒーロー六文戦士ウェイダーが乗車した。午後の列車では別所線存続支援キャラクター北条まどかのイメージガールを務められている林恵理さんによる名刺配布、春原貞良上田駅長によるハーモニカの演奏に合わせた歌唱が行われ車内は盛況であった。
石井大智(山梨県)
2013_05_05_isii_taiti001.jpg
早朝の新津駅に到着。
'13.5.5 信越本線 新津
 2013年4月26日(金)~5月6日(月・祝)の11日間、新宿・新潟駅発車で新潟車両センター所属の485系6輌を使用した、快速〈ムーンライトえちご〉が新宿―新潟間で運転された。前後には専用のヘッドマークが掲出された。
宮島昌之(石川県)
2013_05_05_miyajima_masayuki001.jpg
観光列車には欠かせない"のとりあーなラッピング"も連結された。
'13.5.5  のと鉄道七尾線 笠師保―能登中島
 2013年5月4日(土・祝)と5日(日)の両日、のと鉄道七尾線で臨時快速〈能登の里山里海号〉が、穴水―七尾間で運転された。これはゴールデンウイークに合わせ、のと鉄道が企画募集していた、「臨時快速列車に乗るGW能登の旅」と題する旅行プラン(各日2コース)に参加した利用客の帰宅の足(復路)として特別に臨時運転したもので、北陸新幹線金沢開業を見据えた二次交通アクセス強化に関しての試験運行も兼ねている。そのうち5日(日)運転の使用車輌は穴水方より、NT213(のとりあーなラッピング) + NT204の2連で、世界農業遺産「能登の里山里海」公式ロゴマークを使用したオリジナルヘッドマークが掲出された。同列車終着の七尾駅より先、金沢方面へは、JR七尾線で同日運転された臨時快速〈でか山 花嫁のれん号〉(415系800番代C10編成・国宝長谷川等伯ラッピング、ヘッドマーク無し)の復路に連絡するダイヤが組まれた。このプランでは、集合場所までの往路として普通列車129D利用となっているが、そのうち5日(日)には、増結運用により穴水方から、NT202("花咲くいろは HOME SWEET HOME"ラッピング) + NT201("花咲くいろは"ラッピング) と、"花咲くいろは"の新旧ラッピング2連(基色は青空~桜~青空)で運転された。5月3日(金・祝)にも別の普通列車で、増結により同様の新旧ラッピング2連の運転が行われたが、2輌体制になって以後、この連結順で運転されたのは、このゴールデンウイークが初めてとみられ、さらに両日共に事前告知が無かったことから、特にツアー参加者や聖地巡礼で沿線を訪れたファンには、サプライズな出来事となった。なお、のと鉄道では現在、NT212の車内に「こいのぼり」の装飾が施されていて、普通列車で随時運転されている。

掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2013年5月   

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.