鉄道ホビダス

2013年3月26日アーカイブ

外川 拓(神奈川県)
2013_03_26_togawa_taku001.jpg
埼京線・川越線向けのE233系7000番代が登場。
'13.3.26 信越本線 古津―矢代田
 新津車両製作所で製造が進められている埼京線・川越線(大宮―川越)用のE233系だが、その1本目、川越車両センター101編成となる10輌編成が落成し、3月26日に信越本線新津―羽生田間で4往復の公式試運転を実施した。なお同線用のE233系は7000番代となっている。
名古屋 諒(新潟県)
2013_03_26_nagoya_akira001.jpg
新潟駅に入線した長野総合車両センター115系N27編成。
'13.3.26 信越本線 新潟
 長野総合車両センター所属の115系N27編成が、3月26日に新潟地区に回送された。信越線を下った同編成は、新津から羽越・白新線を経由た後に新潟へ入線。新潟車両センター所属の115系と同じ向きに方転された。
 編成は新潟駅基準で次の通り。

←吉田 クモハ115-1083+モハ114-1189+クハ115-1230 新発田・長岡→

 今後の新潟地区の車輌に何らかの動きがあると思われる。

【JR九】キハ67 10が改番

山添大輔(大分県)
2013_03_22_yamazoe_daisuke001.jpg
キハ67 110に改番のうえ、長崎に向かう。
'13.3.22 鹿児島本線 南福岡
 3月22日、長崎車両センター所属のキハ67 10がキハ67 110に改番され小倉総合車両センターを出場、長崎まで試運転が行なわれた。なお、すでに相方のキハ66は110に改番されている。
堀口敦行(東京都)
2013_03_26_horiguchi_atsuyuki001.jpg
今回の東北方面への旧客配給輸送も直流区間はEF65 501が牽引。
'13.3.26 東北本線 赤羽―尾久
 3月26日、高崎車両センター高崎支所所属の旧型客車3輌(スハフ42+オハ47+スハフ32)が高崎―尾久間で輸送された。
 これは、4月6~7日に陸羽東線で運転される〈SLゆけむりDC号〉に使用されるためのもので、27~28日にかけて尾久―小牛田間(小山から真岡鐵道のC11 325を連結)で配給輸送される予定。また、26日の高崎―尾久間では高崎車両センター高崎支所所属のEF65 501が牽引した。
手島歩夢(埼玉県)
2013_03_26_tejima_ayumu001.jpg
検査のために大宮総合車セへ向かう。
'13.3.26 武蔵野線 南浦和
 3月26日、京葉車両センター所属の205系8輌(M7)編成が検査のため大宮総合車両センターへ入場した。
 回送区間は新習志野―西船橋―武蔵浦和―別所(信)―与野―大宮だった。
加藤弘樹(神奈川県)
2013_03_26_kato_hiroki001.jpg 約1ヶ月後にはこの地下を通る。
'13.3.26 高島線 桜木町―東高島

2013_03_26_kato_hiroki002.jpg
金色が輝く4110F。

'13.3.26 高島線 桜木町―東高島
 3月26日(火)、総合車両製作所で新製された東急5050系4000番代4110F"Shibuya Hikarie号"が逗子―八王子間で甲種輸送された。逗子―新鶴見(信)間はDE10 1565〔新〕、新鶴見(信)―八王子間はEF65 2093が牽引した。なお八王子―長津田間は27~28日に甲種輸送される予定。

宮田拓磨(東京都)
2013_03_26_miyata_takuma001.jpg
常磐路を行く115系M40編成。
'13.3.26 常磐線 南柏―北小金
 3月26日、八王子運輸区の乗務員訓練が豊田―国立―新秋津―南流山―北小金―取手(中央本線・武蔵野線・常磐線経由)で実施された。使用車輌は豊田車両センター所属の115系M40編成6輌だった。
 115系が常磐線に入線することは珍しく、沿線は多くのファンでにぎわった。なお、方向幕は往復とも回送の状態で運転されている。
中司朔良(兵庫県)
2013_03_26_nakatsukasa_sakura001.jpg
神戸本線の特急運用に入る9000系9003F。
'13.3.26 阪急電鉄神戸本線 梅田
 宝塚本線の平井車庫に所属する9000系の9003Fが3月21日(木)より神戸本線にて運用されている。これは神戸本線の7000系7010Fと7020Fがアルナ車両に入場中であることと、5000系5008Fが正雀へ回送されたのに伴ない、神戸本線の車輌に不足が生じたための貸出措置と思われる。
小林亮政(和歌山県)
2013_03_24_kobayashi_yoshimasa001.jpg
軽井沢へ向かう169系急行〈信州2号〉。
'13.3.24 しなの鉄道しなの鉄道線 千曲―屋代
 3月24日、しなの鉄道線で169系アコモ編成(国鉄色)による急行〈信州〉号が運転された。前面には急行〈信州〉号のヘッドマークが掲出され、篠ノ井―軽井沢間を2往復運転した。なお、軽井沢駅では同編成と115系しなの鉄道色による撮影会も実施され、多くのファンでにぎわった。
 169系による急行〈信州〉号は、4月6日、7日にも運転される予定である。
加藤孝英(埼玉県)
2013_03_23_kato_takahide001.jpg
撮影会では4種類の特製ヘッドマークが交互に掲出された。
'13.3.23 しなの鉄道本社
 しなの鉄道は、4月29日に引退を予定している169系のさようならイベントの一貫として、小諸市を舞台としたオリジナルアニメ作品「あの夏で待ってる」とコラボしたイベントを3月23日に開催した。
 イベント会場となったしなの鉄道本社において新作グッズの販売、国鉄急行色を纏った169系S52編成と昨年8月4日より「あの夏で待ってる」ラッピングを施されて活躍中の115系S2編成との共演撮影会がなどが行なわれた。また、169系S52編成は臨時急行列車〈あの夏で待ってる〉号として上田―軽井沢間で1往復運転された。

(C)I*Chi*Ka/なつまち製作委員会
能見聡太(広島県)
2013_03_24_nouken_sota001.jpg
大胆なデザインとなった"カープ応援ラッピングトレイン"。
'13.3.24 山陽本線 広島
 3月24日から10月中旬頃までの期間を予定した"カープ応援ラッピングトレイン"の運行開始に伴うお披露目式が、3月24日に挙行された。
 車輌は下関総合車両所広島支所所属の115系L-13編成が使用され、運用線区は山陽本線(三石―下関間)、呉線、可部線の予定となっている。
 当日は日曜日ということもあり、多くのファンや家族連れで賑わった。なお、同車は展示終了後、一旦入区の後に昼頃から営業運転を開始している。
大川哲也(福岡県)
2013_03_24_okawa_tetsuya001.jpg
立野駅付近の桜並木を行く新塗色のAR304。
'13.3.24 甘木鉄道甘木線 立野―大原信号場
 甘木鉄道AR304が、今年1月の全検明けより緑色をベースとする塗色に変更のうえ運行されている。塗り分け・ロゴ等は、国鉄色風に変更されたAR303に準じたものとなっている。
谷本勇太(滋賀県)
2013_03_25_tanimoto_yuta002.jpg HIDライトになって出場したK21編成。
'13.3.25 東海道本線 岸辺

2013_03_26_tanimoto_yuta001.jpg
2本目となるリニューアル車が本線走行。

'13.3.26 東海道本線 島本
 吹田総合車両所京都支所に所属する221系K21編成に対するリニューアルが工事が行なわれ、3月25日に構内試運転を行ない、翌26日に本線試運転を行なった。221系のリニューアルはK12編成に次いで2本目。

石井大智(山梨県)
2013_03_24_ishii_daichi001.jpg 小山からやってきたH61編成。
'13.3.24 富士急行大月線 都留文科大学前―十日市場

2013_03_24_ishii_daichi002.jpg
日没後の富士急行線を快速運転。

'13.3.24 富士急行大月線 禾生―田野倉
 JR東日本では、3月23日(土)から〈ホリデー快速河口湖3・6号〉の運転を開始した。
 24日の運転では、3月16日のダイヤ改正で田町車両センターから転属した大宮総合車両センター所属の183・189系H61編成6輌が使用された。
 同列車は昨年と同様小山発着となったほか、昨年と時刻が変更されており、復路の富士急行線内も快速運転となっている。

川野義晴(兵庫県)
2013_03_25_kawano_yoshiharu001.jpg 綺麗な姿で出場した。
'13.3.25 山陽本線 土山

2013_03_25_kawano_yoshiharu002.jpg
検査標記も凛々しく。

'13.3.25 山陽本線 土山
 網干総合車両所にて検査を行なっていた、網干総合車両所宮原支所所属のオヤ31 31が3月25日に網干総合車両所を出場し、所属先へと輸送された。オヤ31は車体が綺麗になっており、全般検査を受けたものと思われる。なお牽引はEF65 1132が担当した。

2013年3月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ