鉄道ホビダス

2013年3月22日アーカイブ

武田雄太(北海道)
2013_03_17_takeda_yuta001.jpg
懐かしのツートンカラーに復元された723号。
'13.3.17 函館市企業局交通部湯の川線 駒場車庫前
 全面広告車輌として運用されていた723号が、平成25年1月の重要部検査を機に旧塗装へ復元された。塗り分けは812号と同様であるが、腰板部分に白抜きで車輌番号が表記されるなど細部が異なっている。
鈴木拓美(東京都)
2013_03_22_suzuki_takumi001.jpg
約70年ぶりの野田線用の新車が秩父鉄道内をデキに牽引されて走る。
'13.3.22 秩父鉄道秩父本線 ひろせ野鳥の森―石原
 3月19日に日立製作所笠戸製作所を出場し、熊谷貨物ターミナルまで輸送された東武鉄道の60000系61602編成が、3月22日には秩父鉄道の熊谷貨物ターミナル→武川→羽生の経路で回送された。秩父鉄道内では武川駅での方向転換を考慮して、武川方に秩父鉄道のデキ503が、羽生方に同じく秩父鉄道のデキ507がそれぞれ連結された。
野中麗央(香川県)
2013_03_22_nonaka_reo001.jpg
16m車輌とはいえ、ラッピング内容等は同じ。
'13.3.22 高松琴平電気鉄道志度線 今橋―松島二丁目
 志度線で活躍している600形623編成だが、同編成に"セブン-イレブンラッピング"が施されている。
 数日前に琴平線1200形1201編成、長尾線1200形1255編成にも施されていることを伝えたが、これにより各路線1編成ずつ"セブン-イレブンラッピング"が施されていることとなる。

【阪急】阪急の話題

中司朔良(兵庫県)
2013_03_22_nakatsukasa_sakura001.jpg 「さくら」のヘッドマークを掲げる5100系5104F。
'13.3.22 阪急電鉄宝塚本線 雲雀丘花屋敷―川西能勢口

2013_03_22_nakatsukasa_sakura002.jpg
普通運用後、平井車庫へ入庫した9000系9009F。

'13.3.22 阪急電鉄宝塚本線 川西能勢口―雲雀丘花屋敷

2013_03_22_nakatsukasa_sakura003.jpg
宝塚本線では最古参の3000系3062F。

'13.3.22 阪急電鉄宝塚本線 山本―雲雀丘花屋敷
 ●「さくら」ヘッドマーク掲出開始
 阪急電鉄では桜のシーズンを迎え、毎年恒例の「さくら」ヘッドマークを3月21日(木)~4月12日(金)までの予定で京都・宝塚・神戸各本線の6列車、計18列車に掲出している。ヘッドマークのデザインは昨年と同じものとなっている。

●宝塚線9000系9009F運用開始
 阪急電鉄の9000系第10編成目となる9009Fが、3月19日(火)より宝塚線での運用を開始した。前日の3月18日(月)に正雀から平井車庫へと回送されている。
 なお宝塚線の9000系は5編成目となり、同線で活躍する8輌編成の3000系の動向が注目される。

●宝塚本線に残る排障器付の3000系
 宝塚本線の3000系は4連・6連の3000系とは違い、排障器(スカート)付の3000系であり、現在は3062F、3064F、3066Fの3編成が残るのみとなっている。かつて同本線を走っていた3050Fは6連化されて今津北線、3060Fと3074Fは4連化されて箕面線でそれぞれ活躍中である。
 排障器付の3編成については近い将来、編成の短縮と排障器撤去が行なわれて各支線へ転用すると思われる。そうなると、本線から8連の3000系が消滅して支線の4連と6連が残るのみとなる。

熊崎耕介(愛知県)
2013_03_21_kumasaki_kosuke001.jpg
国鉄色S11編成を先頭に、走り慣れた路線を力走。
'13.3.21 東海道本線 刈谷
 3月21日、JR東海大垣車両区所属の117系S11編成とS12編成の回送が大垣―浜松間で行なわれた。S11編成は国鉄色に復元された編成で、その去就が注目されたが、残念ながら廃車となる模様。これで大垣車両区に残る117系は"トレイン117"に改造されたS9編成のみとなり、一般車は同区から消滅した。
瀧之脇雅人(兵庫県)
2013_03_16_takinowaki_masato001.jpg ダイヤ改正初日は〈きのさき6号〉に入ったFE65編成。
'13.3.16 山陰本線 胡麻―鍼灸大学前

2013_03_17_takinowaki_masato001.jpg
三つ目から振り子に変われど、国鉄色は健在。

'13.3.17 山陰本線 上夜久野―下夜久野


3月16日(土)のダイヤ改正を前にして、国鉄色を纏った福知山電車区381系FE65編成が定期運用を開始した。
 このFE65編成と別途4連のFE41編成の加入に伴い、6連のFE61~66編成6本と4連のFE41編成1本が出揃ったことで、同電車区183系B編成の置き換えが完了した。
 改正後の381系FE編成は、改正前までの2仕業に旧183系B編成の4仕業を加えた合計6仕業に勢力を拡大し、定期特急〈こうのとり〉〈きのさき〉〈はしだて〉として運転されている。

2013年3月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ