鉄道ホビダス

2013年3月15日アーカイブ

船山太一(神奈川県)
2013_03_15_funayama_taichi001.jpg 記念マークは「5th」と大きく書かれている。
'13.3.15 小田急電鉄小田原線 鶴巻温泉―東海大学前

2013_03_15_funayama_taichi002.jpg
就役5周年記念ヘッドマークは貫通型先頭車にも掲出。ブルーリボン賞受賞記念のマークとあわせて掲出。

'13.3.15 小田急電鉄小田原線 厚木
 小田急電鉄ロマンスカー・MSE(60000形)が就役5周年を迎えることを記念して、3月15日より全編成に就役5周年記念のヘッドマークが掲出されている。この記念ヘッドマーク掲出は1年間実施される予定で、また記念企画第1弾として実施していると本社から発表されており、今後も記念企画やイベントが行われる見込みである。

宮島昌之(石川県)
2013_03_15_miyajima_masayuki001.jpg
予想外の単色化となった413系B03編成。
'13.3.15 北陸本線 津幡―森本
 検査のため金沢総合車両所松任本所に入場していた413系B03編成が「青色」に塗り替えられ、2013年3月15日(金)に出場、試運転を行なった。
 同車体の以前の検査標記から、今回は重要部検査(全検サイクル約7年と想定して今回が2回目)を受けたものとみられ、北陸色を保っての出場がと思われたが、何故か単色化されての出場となった。
 同編成は、先月2月上旬の時点で本線や金沢総合車両所運用検修センター構内で姿が見えなくなっていたことから、検査であれば3月の頭頃までには出場し、本線に姿を見せると思われたが、その後も日々姿を見せておらず動向が注目されていた。
 出場がここまで伸びた理由についてだが、おそらく『Rail Magazine』2013年4月号(通巻355号)の「NEWS PACK 2013年1月」に掲載の記事にもあるとおり、2013年1月27日(日)に発生した北陸本線での下り最終の普通列車と軽トラックによる事故で、該当する仕業の受け持ちが413系だったことから、おそらくこのB03編成が当該車輌であると考えられ、また丁度重要部検査の検査期日が近かったことから、修理と検査を同時に行なったものと考えられる。  一方、塗装はこれまで475系(457系)や413系の検査では、1輌でも全般検査対象が含まれる場合を除いて、重要部検査の時点では「北陸色」を保っていたものだけに今回予想外の出来事となった。  過去の動向や、最近では既報の通り、今年1月に重要部検査にて出場した同B02編成は「北陸色」を保ったまま出場しただけに、今回の単色化は事故により車体外装の損傷が激しかったことから塗り替えられたとも考えられる。また、今後半年の間にB11編成、B05編成が同じく重要部検査で入場する予定であることから、双方の塗装の結果次第では、今回は単なる事故の影響なのか、それともJR七尾線の415系800番代同様に急ピッチで単色化が進むのかが注目される。
 今回の出来事は、北陸新幹線金沢開業後の第3セクターへの譲渡やJR七尾線の代走編成に引き続き413系が使用されるのか、それぞれ占う上で重要なヒントになるかもしれない。
森 康平(東京都)
2013_03_15_mori_kohei001.jpg 目黒線を走る9010F、朝はA30ゥで走っていた。
'13.3.15 東急電鉄目黒線 田園調布―奥沢

2013_03_15_mori_kohei002.jpg
9005Fは、9010Fと同じく朝運用終了後に運用を離脱した。

'13.3.15 東急電鉄目黒線 田園調布―奥沢

2013_03_15_mori_kohei003.jpg
最終日に運用がなかったのはとても残念。

'13.3.15 東急電鉄目黒線 田園調布―奥沢
 東急電鉄東横線で運用をしていた9000系9001F・9005F・9010Fが、3月15日に順次、長津田検車区・長津田車両工場へと疎開回送された。回送順は9010F、9005F、9001Fであった。
 当日、9010FはA30ゥ、9005FはA27ゥにて運用され、運用終了後に運用離脱、回送となったものと思われる。9001Fについては、前日のブレーキ不具合により運用を離脱していた。
 この3編成は今後、長津田車両工場にて大井町線用に転属改造を受けるものと思われる。

中川健成(大阪府)
2013_03_15_nakagawa_kensei001.jpg 廃止となった通勤快急"おりひめ"の最終列車。
'13.3.15 京阪電気鉄道交野線 私市―河内森

2013_03_15_nakagawa_kensei002.jpg
通勤快急"おりひめ"最終日の私市駅。

'13.3.15 京阪電気鉄道交野線 私市
 京阪電気鉄道阪では3月16日にダイヤ改正を実施するが、改正後は交野線~本線~中之島線の直通列車が廃止となる。そのため3月15日をもって、私市発中之島行きの通勤快急"おりひめ"が運行終了となった。

野中麗央(香川県)
2013_03_15_nonaka_reo001.jpg
ラッピング部分や内容は同型1255編成と同様。
'13.3.15 高松琴平電気鉄道琴平線 瓦町―片原町
 2月下旬より、長尾線1200形1255編成に"セブン-イレブン ラッピング"が施されていたことを伝えたが、新たに琴平線1200形1201編成にも"セブン-イレブン ラッピング"が施された。1201編成は元は"ことちゃんこんぴら号"だったが、半年前からラッピングが外されていた。

【名鉄】名鉄6600系 陸送

荒川 陽太郎(愛知県)
2013_03_15_arakawa_yotaro001.jpg
方向幕やライト類も外され、寂しい姿での陸送。
'13.3.15 愛知県尾張旭市内
 2012年3月から4000系へと置き換えが進められている名鉄瀬戸線で、最後まで残っていた6600系2編成が廃車となり、2013年3月14日と15日未明に、尾張旭検車区から金属リサイクル工場へと陸送により搬出された。
 6600系は瀬戸線栄町乗り入れと1500V昇圧に伴い1978年にデビュー、35年にわたり瀬戸線だけを走り続けてきた。
 陸送時には、大きな特徴であった大型スカートは外され、往年とは印象の異なった姿での輸送となった。
平山柊一(千葉県)
2013_03_14_hirayama_syuichi001.jpg
今年も「ほくそう春まつり」の季節がやってきた。
'13.3.14 京成電鉄押上線 八広
 4月21日に開催される「ほくそう春まつり」をPRするため、一部編成にヘッドマークが掲出された。3月14日現在で掲出を確認している編成は、北総鉄道7500形7501編成、千葉ニュータウン鉄道9000形9018編成であった。
谷本勇太(滋賀県)
2013_03_14_tanimoto_yuta001.jpg
強風の影響で迂回運転となった485系3000番代。
'13.3.14 東海道本線 南草津
 3月12日に来阪していたJR東日本新潟車両センター所属の485系3000番代R27編成が、3月14日に団体臨時列車として大阪―新潟間で運転された。当日は湖西線内強風の影響で、東海道本線米原経由で運転された。

【JR貨】ホキ2000形甲種輸送

田中康平(愛知県)
2013_03_14_tanaka_kohei001.jpg
東海道線を下る"赤ホキ"の新車。
'13.3.14 東海道本線 共和―大府
 3月14日(木)、日本車輌からホキ2000形6輌が甲種輸送された。車輌番号はホキ2000-10~ホキ2000-15で、昨年までに出場しホキ9500形に混じりながら既に運用に就いているホキ2000-1~ホキ2000-9に続くかたちとなっていた。なお、日本車輌~笠寺間の牽引機はDE10 1727、控車はヨ8925だった。
木村公紀(滋賀県)
2013_03_14_kimura_kiminori001.jpg
夕方の八日市線快速運用。15日限りでこの光景も見納め。
'13.3.14 近江鉄道八日市線 近江八幡
 近江鉄道はJRのダイヤ改正にあわせて3月16日にダイヤ改正を実施する。
 今回のダイヤ改正では一部の列車の時間変更や一部区間においての減便がされるが、中でも特筆すべきことは快速運用が消滅するということである。
 快速は八日市線は平日のみの運行で1998年に運転が開始され、本線では米原駅での新幹線連絡のため2003年に運転を開始した。その後、本線の快速運用は休日にも行なわれるようになったが、遂に今回のダイヤ改正で消滅する。
レイル・マガジン

2013年3月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.