鉄道ホビダス

2013年3月 5日アーカイブ

【JR東】"直江津工臨"運転

長谷川航大(千葉県)
2013_03_05_hasegawa_kodai001.jpg
夕日を浴びて直江津へ向かう。
'13.3.5 信越本線 矢代田―田上
 3月4日に新小岩(信)→新津で輸送されたロングレール用チキが、3月5日に新津→直江津で長岡車両センターのEF81 151牽引によって輸送された。列車は直江津で折り返し、柿崎→米山にてレールが取り卸された模様。
川端浩晃(兵庫県)
2013_03_04_kawabata_hiroaki001.jpg
クモヤ145形に挟まれて回送。
'13.3.4 大阪環状線 大阪
 3月4日から5日にかけて、吹田総合車両所日根野支所所属の381系D632編成が検査を終え出場した。なお、クモヤ145-1003とクモヤ145-1006に挟まれるかたちで所属先へと回送された。
敷田和隆(埼玉県)
2013_03_05_shikida_kazutaka001.jpg
白昼の野田線を走る10030型。
'13.3.5 東武鉄道野田線 八木崎─豊春
 3月3日(日)より、東武鉄道野田線で10030型を使用した試運転が春日部―大宮間で数往復行なわれている。野田線は新型車輌60000系の投入も決まっており、今後の車輌の動きが注目される。
宮島昌之(石川県)
2013_03_05_miyajima_masayuki001.jpg
ポカポカ陽気の中、検測を行った443系。
'13.3.5 北陸本線 森本―東金沢
 3月4日(月)より、吹田総合車両所京都支所所属の443系が北陸エリアでの検測を始めた。
 4日(月)は向日町から北陸本線下りの米原―金沢間まで、5日(火)は金沢―直江津間を往復して検測を行なった。
森 康平(東京都)
2013_03_05_mori_kohei001.jpg DE10 1555に牽引され、新鶴見(信)へ。
'13.3.5 東海道貨物線 鶴見―新鶴見信号場

2013_03_05_mori_kohei002.jpg
八王子へ向けて発車。

'13.3.5 武蔵野貨物線 新鶴見信号場―梶ヶ谷貨物ターミナル
 副都心線対応改造のため総合車両製作所に入場していた東急5050系5153Fが出場、それに伴う甲種輸送が3月5日発で逗子―長津田間にて実施されている。1日目である3月5日は逗子から八王子までの輸送であった。牽引は新鶴見信号場までがDE10 1555〔新〕、その先はEF65 2075が牽引した。
 この出場に伴ない、東横線5050系全編成が副都心線対応改造を終えたことになる。

秋元史行(東京都)
2013_03_03_akimoto_fumiyuki001.jpg 囲み文字入りとなった「各停」。
'13.3.3 京王電鉄相模原線 橋本―多摩境

2013_03_03_akimoto_fumiyuki002.jpg
こちらは「各停 若葉台行」。

'13.3.3 京王電鉄相模原線 多摩境
 2月22日(金)に実施されたダイヤ改定からの新種別運行開始にあわせて、新種別表示対応となった京王9000系30番代初期車のLED表示器搭載編成では、「各停」表示が囲み文字の表示に変更された。

佐野 徹(京都府)
2013_03_05_sano_toru001.jpg
PRヘッドマークを掲出するデオ811-812。
'13.3.5 叡山電鉄叡山本線 一乗寺―修学院
 叡山電鉄では3月2日より2014年3月23日までの予定で"京阪電車きかんしゃトーマス号"PRトレインを運行している。PRヘッドマークはデオ811-812とデオ813-814編成に掲出されている。

(C)2013 Gullane(Thomas)Limited.
妹背光洋(大阪府)
2013_03_04_imose_mitsuhiro001.jpg
381系3連+クモヤで東海道本線を快走。
'13.3.4 東海道本線 高槻―島本
 吹田総合車両所日根野支所の381系増結編成であるHD632編成が3月4日に試運転を東海道本線で行なった。
 編成はクハ381-108+モハ381-36+モハ380-502+クモヤ145-1006であった。
井上遼一(大阪府)
2013_03_01_inoue_ryoichi001.jpg 大日から森之宮へ回送される30系ステンレス車。
'13.3.1 大阪市交通局谷町線 谷町四丁目

2013_02_27_inoue_ryoichi001.jpg
最後の活躍をしていた頃の30系ステンレス車3093以下6連。

'13.2.27 大阪市交通局谷町線 東梅田
 大阪市交通局の谷町線用30系のうち、最後まで残っていたステンレス車の3093編成(八尾南方から3093-3393-3693-3793-3493-3593の6連)が、3月1日(金)に谷町線の大日検車場から中央線の森之宮検車場へ回送された。廃車が目的と思われる。これで大阪市営地下鉄30系のうち、ステンレス車は消滅することになる。
 今後も残る30系は、アルミ車3編成(3045編成・3047編成・3049編成)を残すのみとなり、これらの3編成についても2013年度中の廃車が計画されており、2013年度中に30系は全廃となる見込み。

【広島電鉄】広電廿日市駅の話題

中村悠久(広島県)
2013_03_03_nakamura_yukyu001.jpg 広電唯一の木造駅舎が解体。
'13.3.3 広島電鉄宮島線 広電廿日市

2013_03_03_nakamura_yukyu002.jpg
新ホームに止まる3900形。

'13.3.3 広島電鉄宮島線 広電廿日市
 広島電鉄宮島線の広電廿日市駅舎は3月2日の最終便をもって立入禁止となった。
2日深夜より同電鉄で唯一となる木造駅舎の解体作業が開始されている。あわせて高床ホームの撤去も行なわれる模様。
 翌3日からは新ホームの利用が開始された、ホームには試験運用中の新ローケーションシステムが設置されている。
 また出発信号機は宮島線で初めてのLED式が採用され、隣接する踏切や渡り線の移転も行なわれている。なお移設工事はまだ終了していないため、旧ホームを見ることが可能である。

豊田将弘(神奈川県)
2013_03_04_toyoda_masahiro001.jpg 待避中、上下線を列車が行き交う。
'13.3.4 京浜急行電鉄京急本線 京急富岡
 総合車両製作所で製造された京成3000形3027編成が同所を出場し、3月4日に宗吾車両基地まで自力回送された。
 3026編成に続き、本年度2回目の京成電鉄の車輌の回送となった。
田中康平(愛知県)
2013_03_03_tanaka_kohei001.jpg
撮影会終盤には、モ6701にもかつて使用された系統板が掲出された。
'13.3.3 名古屋鉄道 尾張旭検車区
 3月3日、名鉄瀬戸線で6600系の引退を記念したさよなら運転が行なわれた。
 運転経路は尾張旭→栄町→尾張瀬戸→尾張旭。6600系には2月2日から引退記念のラッピングが施されていたが、さよなら運転当日はそれとは別のラッピングが装飾された。
 なお、終着の尾張旭からは乗客を乗せたまま尾張旭検車区に入区。乗客の降車後、4輌編成を2輌ずつに連結解除し、2編成を並べた状態での撮影会が行なわれた。

【JR東】E351系S5編成試運転

向山尚樹(長野県)
2013_03_04_mukaiyama_naoki001.jpg
青空の下、基本編成のみで試運転。
'13.3.4 中央本線 普門寺(信)―茅野
 松本車両センター所属のE351系S5編成は、付属編成であるS25編成とともに2月7日より長野総合車両センターへ入場していたが、3月4日に出場し、篠ノ井線・中央本線においてS5編成単独での試運転を行なった。
 試運転は往路が長野―富士見間、復路が富士見―松本間で運転され、所属区所の松本運転所に戻った。
 なお付属編成のS25編成は先に2月27日に出場し、同一行程で試運転を行なった後所属区所へ戻っている。
川野義晴(兵庫県)
2013_03_04_kawano_yoshiharu001.jpg
特製ヘッドマークを掲げるEF210-169。
'13.3.4 東海道本線 岸辺
 3月16日のダイヤ改正で使用が開始される吹田貨物ターミナル駅の竣工・開業式が、ダイヤ改正より一足先の3月4日に行なわれた。
 記念の貨物列車にはEF210-169を先頭としてコキ107形4輌が使用され、EF210-169にはヘッドマークが取り付けられたほか、次位のコキ107には新型の48Aコンテナが積載された。
高橋祐太(愛知県)
2013_03_04_takahashi_yuta001.jpg
次々と数を減らしていく大垣車両区の117系。
'13.3.2 東海道本線 蒲郡―三河三谷
 3月4日、大垣車両区の117系S2、S3編成が西浜松まで回送された。同区の117系は313系の増備で次々と運用から離脱し、西浜松へと回送されている。
 現在、昨年末に西浜松へ回送されたS8・S16・S17・S18編成とあわせて6編成の117系と、119系のワンマン車が3編成、美濃太田運輸区に長年保存されていた車輌の一部が西浜松に留置されている。
 117系についてはイベント用以外定期運用から撤退と発表済みであり、国鉄色であるS11編成や西浜松に留置された車輌の今後が気になるところである。
齋藤大暉(千葉県)
2013_03_02_saito_daiki001.jpg
山型のヘッドマークを掲げて運転された急行"信州"。
'13.3.2 しなの鉄道 小諸―平原
 3月2日に篠ノ井―軽井沢間で湘南色の169系S52編成を使用した急行"信州"が運転された。列車の先頭には「ありがとう・さようなら169系 2013.4.29 ラストラン」と小さく書かれたヘッドマークを掲出しての運転となった。なお、軽井沢駅では同日に運転された485系使用の"思い出の白山"との撮影会も行なわれた。
宮島昌之(石川県)
2013_03_02_miyajima_masayuki005.jpg 車内に絢爛豪華な、ひな人形五段飾りが設置された。隣に座って記念撮影できるスペースも設けられていた。
'13.3.2 のと鉄道七尾線 七尾(NT213車内)

2013_03_02_miyajima_masayuki006.jpg
手作りの"ひなまつり"リースや、窓にも"ひなまつり"デコレーションが施された。

'13.3.2 のと鉄道七尾線 七尾(NT213車内)

2013_03_02_miyajima_masayuki007.jpg
"ひなまつり列車"に使用されたNT213(のとりあーなラッピング)。これまでもさまざまなイベント列車で大役をこなしている。

'13.3.2 のと鉄道七尾線 田鶴浜
  のと鉄道七尾線で3月2日(土)と3日(日)、車内に「ひな祭り」の飾り付けを施した"ひなまつり列車"が運転された。
 これは、七尾駅前の商業施設「パトリア」及び各商店で開催中、「第2回 770(ななお)のひな人形展」イベントにあわせて今回初めて運転されたもので、車内には豪華な五段飾りのひな人形が設置されたほか、地元の園児が折り紙で製作したひな飾り、布などで作られた手作りの親王飾り、"ひなまつり"リースなどが飾り付けられた。
 使用車輌はNT213(のとりあーなラッピング)で、両日とも日中の定期列車で3往復運転され、この列車を利用した小学生以下の子供には"ひなあられ"のプレゼントも行なわれた。
 なお「第2回 770(ななお)のひな人形展」イベントは3月10日(日)まで行なわれている。さらに3月24日(日)までの土曜・日曜および祝日(一部時間帯)には、同線の穴水―能登鹿島間にある乙ケ崎トンネル内で「ひなまつり」のイルミネーションが点灯され、車内から楽しめる催しも行なわれている。

小塚雅生(秋田県)
2013_03_03_koduka_masao001.jpg 雪降る鷹ノ巣駅に停車中の配給列車。
'13.3.3  奥羽本線 鷹ノ巣 P:小塚雅生

2013_03_04_nosaka_ryo001.jpg
オロネ24 4は、直江津からEF81 107に牽引されて宮原総合運転所へ。

'13.3.4 北陸本線 芦原温泉―丸岡  P:野坂 凌
 青森車両センター所属の24系客車の配給輸送がEF81 140牽引で行なわれた。今回の編成はオハネフ24 22+オハネフ25 129+オハネフ25 201+オハネ25 218+オロネ24 4の計5輌。このうちオロネ24 4は直江津からEF81 107の牽引で継承、残り4輌は長野総合車両センターへと輸送された。

古橋佑介(愛知県)
2013_03_02_takahashi_toru001.jpg ツアー参加者限定の撮影会ではしなの鉄道169系と並ぶ。
'13.3.2  しなの鉄道しなの鉄道線 軽井沢 P:高橋 徹

2013_03_02_saito_daiki003.jpg列車の前後で異なるデザインのヘッドマークとなった"思い出の白山"。

'13.3.2  しなの鉄道しなの鉄道線 小諸―平原 P:齋藤大暉

2013_03_02_furuhashi_yusuke001.jpg
久々に〈白山〉が信越本線を走行。

'13.3.2 信越本線 古間―黒姫 P:古橋佑介
 3月2日(土)、しなの鉄道15周年記念イベントとして、日本旅行による「思い出の白山号の旅」が企画され軽井沢―金沢間で運転された。車輌は新潟車両センター所属485系6輌(K2編成)が使用され、ヘッドマークは軽井沢(金沢)方が絵幕、直江津方が字幕だった。また、軽井沢駅ではツアー参加者対象に169系国鉄急行色のS52編成と並んでの撮影会が開催された。

宮島昌之(石川県)
2013_03_02_miyajima_masayuki002.jpg 異例の"花咲くいろは"ラッピング車による運転となった(写真は使用車輌返却を兼ねる137D)。
'13.3.2 のと鉄道七尾線 田鶴浜

2013_03_02_miyajima_masayuki003.jpg
ダブルでヘッドマークを掲出。"花咲くいろは"のキャラクター達と、和倉温泉のゆるキャラ"わくたまくん"とのコラボが実現。

'13.3.2 のと鉄道七尾線 田鶴浜

2013_03_02_miyajima_masayuki004.jpg
"牡蠣グルメ&語り手列車"第2便の復路。まさかのラッピング車投入に聖地巡礼中のファンも驚いたのではないだろうか? 

'13.3.2 のと鉄道七尾線 田鶴浜―和倉温泉
 のと鉄道七尾線で好評運転中の臨時"牡蠣グルメ&語り手列車"だが、3月2日(土)はNT201(花咲くいろはラッピング)で運転された。
 同臨時列車でNT201(花咲くいろはラッピング)が使用されたのは今回が初めてとみられ、穴水方(往路向き)の運転助士席側に追加でオリジナルヘッドマークを掲出、2枚看板での運転となった。
 既報の通り、137Dは同臨時列車に使用した車輌の返却を兼ねていて、同社サイトに掲載の3月分の運行予定の内容からラッピング車使用の可能性はあったものの、特に公の予告は無かったことから、この日臨時列車を利用した聖地巡礼のアニメファンだけでなく、観光や牡蠣料理を味わいに利用した乗客にはサプライズとなったのではないだろうか?
 なお臨時"牡蠣グルメ&語り手列車"は、引き続き3月24日(日)までの土曜・日曜及び祝日に運転される予定だが、期間中に再びNT201(花咲くいろはラッピング)が使用されることは、まず無いようだ。

(C) 「2012 花いろ旅館組合」

○関連記事
【のと鉄道】臨時"牡蠣グルメ&語り手列車"運転

天本 翼(神奈川県)
2013_03_03_amamoto_tsubasa002.jpg 冬バージョンのヘッドマークが掲出された。
'13.3.3 信越本線 横川

2013_03_03_amamoto_tsubasa001.jpg
〈SLレトロ碓氷〉も新しいデザインのヘッドマークが掲出されている。

'13.3.3 信越本線 横川
 3月3日に信越本線高崎―横川間で〈DLレトロ碓氷〉〈SLレトロ碓氷〉が運転された。
 編成は高崎方からC61 20+オハニ36 11+オハ47 2246+オハ47 2261+スハフ42 2234+DD51 842。今回はレトロ客車(旧型客車)による運転ということもあり、沿線は多くの撮影者で賑わっていた。

川野義晴(兵庫県)
2013_03_03_kawano_yoshiharu002.jpg
久しぶりの吹田へ。
'13.3.3 東海道本線 島本
 静岡貨物ターミナルで訓練機として使用され、稲沢まで回送されていたEF66 21が、3月3日の8865列車~配1975列車の機関車次位無動にて吹田機関区まで回送された。配1975列車ではEF64 1014(原色)に牽引された。
大橋誉弘(神奈川県)
2013_03_02_ohashi_takahiro001.jpg
着々と直通に向けた準備が進んでいるのがわかる。
'13.3.2 東急電鉄東横線 自由が丘
 東京メトロ副都心線との相互直通運転を間近に控え、東急電鉄東横線の駅にある次列車案内表示器に、これまでの表示に加え「8両」という車輌数の表示が追加された。またこれにより駅の接近放送も「8輌でまいります」と車輌数の案内が追加されている。
見学 智(大阪府)
2013_03_02_kengaku_satoshi001.jpg 弥生の柔かな日を受けて日置川橋梁を行く"なつかしのくろしお"。
'13.3.2 紀勢本線 紀伊日置―周参見 P:見学 智

2013_03_03_hashi_naoki001.jpg
新大阪へ向かう"なつかしのくろしお"。

'13.3.2 紀勢本線 周参見―紀伊日置 P:橋 尚輝
 3月2・3日に国鉄色381系を使用した"なつかしのくろしお"が新大阪―新宮間で運転された。
 使用編成は昨年福知山に転属した、現日根野支所の通称アコモ編成であった元HB607編成(現福知山運転所FE66編成)が充当された。
 行程は往路の3月2日が新大阪―新宮間、復路の3月3日が新宮―新大阪間で、これにあわせて両日とも新宮駅で新宮鉄道100周年記念のイベントが、また隣接する新宮運転区では一般公開も実施され同列車の運転を盛り上げていた。
 また紀北の一部で雨が降ったものの南紀では晴天に恵まれ、沿線各所では美しく塗装された国鉄色381系を多くのファンが撮影していた。

扇 勇人(千葉県)
2013_03_02_ougi_yuto001.jpg
総武本線内を走る"リゾートやまどり"。
'13.3.2 総武本線 船橋―東船橋
 2月23日から3月3日までの土休日、両国→(外房線経由)→勝浦→(内房線経由)→両国で臨時特急〈勝浦ビックひな祭り号〉が運転された。車輌は高崎車両センター所属の485系"リゾートやまどり"が使用された。
宇野玲雄(福岡県)
2013_03_01_uno_reo001.jpg
坂を上って来る3001号車。
'13.3.3 筑豊電気鉄道筑豊電気鉄道線 穴生

2013_03_01_uno_reo002.jpg
3002号車も早速運用に入った。

'13.3.3 筑豊電気鉄道筑豊電気鉄道線 穴生
 3月1日(金)、筑豊電気鉄道黒崎車両工場に入場していた3000形電車3001号車(緑塗装)、3002号車(水色塗装)が「コムシティ」のオープン記念のラッピングをして出場した。また同日には黒崎駅前で出発式も行なわれた。
 これは4月2日(火)にオープンする「黒崎コムシティ」のオープンに伴いラッピングされたもので、ラッピングは11月30日(土)までの予定。

大谷真弘(兵庫県)
2013_03_02_otani_masahiro001.jpg EF65 2069の牽引で東海道本線を行く。
'13.3.3 東海道本線 菊川―掛川 P:大谷真弘

2013_03_03_harada_takashi001.jpg
北方貨物線を走る特大貨物輸送用シキ611B1。吹田(信)からはDE10 1503〔岡〕が牽引。

'13.3.3 東海道本線 塚本(信)―尼崎 P:原田敬司
 2月28日(木)から3月3日(日)にかけて、特大貨物輸送用のシキ611B1(小山駅常備)が宇都宮貨物ターミナルから赤穂線西浜まで回送された。東海道本線内、吹田(信)まではEF65 2069が牽引し、機関車次位にヨ8404が連結されていた。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2013年3月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.