鉄道ホビダス

【阪急】伊丹線 方向板車の現状

小原正裕(兵庫県)
2013_01_28_obara_masahiro001.jpg  
'13.1.28 阪急電鉄伊丹線 塚口

2013_01_28_obara_masahiro002.jpg
 

'13.1.28 阪急電鉄伊丹線 塚口
 阪急電鉄では9000系の増備により方向板を使用する3000系、3100系が減少しているが、先日検査出場した3077F4連が伊丹線の運用に復帰し、元気に活躍している。このほか伊丹線では3160F4連が現在も伊丹線で現役の方向板車輌となっている。なお、3054F4連の伊丹線での運用開始で方向板を使用していた3100系3157F4連は伊丹線の運用を離脱した模様である。現在現役のこの2本の方向板車輌も9000系の増備次第では今後の動向が注目される。


掲載記事に不備がございましたら、投稿フォームよりご連絡ください。
なお、記事の採否については一切お答えできませんので、ご了承くださいませ。
レイル・マガジン

2013年1月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

<--
-->

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.